タイタニック 映画。 1分1億円!映画『タイタニック』の制作費が高額すぎた

映画『タイタニック』のあらすじと感想まとめ!感動シーンとラストシーンも紹介!

⚒ 2020年4月12日閲覧。

14
解説 「ターミネーター」「トゥルー・ライズ」のジェームズ・キャメロン監督が、当時史上最大規模の製作費2億ドルを投じて豪華客船タイタニック号沈没の悲劇を描き、全米興行収入歴代1位(のちにキャメロン監督自身が「アバター」で記録を更新)、アカデミー賞で作品賞ほか史上最多タイの11部門受賞という偉業を成し遂げた超大作「タイタニック」(1997)を、最新の技術で全編3D化。 平衡感覚を奪われた過酷なスタント 船が氷山に衝突し浸水していく中盤以降の撮影には、最大90度(垂直)まで角度を調整できる、25メートル四方の甲板のセットが使われた。

1分1億円!映画『タイタニック』の制作費が高額すぎた

😒 船長、造船会社の社長、設計士など、実在の人物も多数登場し、当時の顔写真を参考にキャストの外見まで似せる徹底ぶり! ラブストーリーから一転、タイタニック号が氷山に衝突してからは、あっという間に船上はパニックに。

2
甲板でデッサンをしていたジャックは、ローズの姿を一目見るなり心を奪われた。

「タイタニック」映画が見せなかった15の真実

☝ 初期段階のエンディングでは、ダイヤを海に投げ込む寸前にロベット達に気づかれ、真の宝とは何なのかを咎(とが)めて海に投げ込むとしていたが、監督のキャメロンが謎めいたラストにしようと変更して現在のエンドに至った。

では、歴代最多の14部門でノミネートされ、を含む歴代最多の11部門で受賞した。 そんな沈まない船タイタニックは、イギリスからアメリカへと出発することとなる。

タイタニック (映画)

🤞 キャメロンが大ヒットを確信したシーン 映画の仕上がりに満足していると語ったキャメロンが、特に手応えを感じたのが、船体が沈みきるシーンだった。

3
しかし劇中のとあるカップルは、実在していました。 それでも傾斜したセットで撮影に臨んだキャストやクルーは、平衡感覚を失い錯覚に悩まされた。

タイタニック (映画)

🖕 ストーリー [ ] プロローグ 1912年に当時最大級の豪華客船タイタニック号が沈没してから、84年後の1996年の洋上から物語は始まる。

20
但し恋愛軸にしている所は類似している。 タイムホールで様々な時代や場所を移動する主人公たちが沈没直前のタイタニック号に遭遇する。

タイタニック(3D版) : 作品情報

💋 企画の段階のうちにタイタニックの出航時と沈没時のミニチュア模型が2種類制作され、船内のどの場所で撮影を行うか綿密な打ち合わせを行った。

14
劇中では触れられていないが、オリンピック号(タイタニック号の姉妹船)の船長時代にイギリス海軍の巡洋艦と衝突事故を起こしている。

1分1億円!映画『タイタニック』の制作費が高額すぎた

♨ その中でももっとも若かったのは、ほんの19ヶ月の赤ちゃんでした。

割り込み、暴力、ピストルの発砲……人間のダークサイドがどんどん露わになって、もはや地獄絵図。