デジタル ツイン。 Digital Twin(デジタルツイン)

デジタルツインとは何?

🤜 またGoogle Mapには写真から合成された風景を見渡したり道の上を歩き回ったりできる機能があります。

17
モニタリングに特化したデジタルツインであれば、データのインプットを収集・集約する機能、データの蓄積・加工を行う機能、それらのデータを表現する機能だけで完結するだろう。 またシミュレーションの場合、リアルな街のデータまで進んでしまうと「怖すぎる」という声が出てくる問題もありそうですよね。

製造業の最新活用事例にみる「デジタルツイン」とは? : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

🤛 こうした形で収集されるデータは、恐らく投稿者により内容や粒度、その質に差があり、かつエリアに応じてデータの投稿数などにも差があるであろうが、大事なのは利用者の目的の用途次第でそれらのパッチワークのデータが十分に機能することだ。 全体的なペーパーレス化はまだまだそれほど進んではいないものの、たとえば、会議の資料は事前に出席者にパーワーポイントやワードファイルを配布、議事録は直接PC打ち込んで後日メールで共有するといったスタイルが一般的になりつつあります。 現実空間と仮想空間で同じものができて双子のように見えるので、デジタルツインと言われています。

参考: 膨大なデータを収集・分析し、仮想空間でモニタリングするデジタルツインは、製造の現場のDXの切り札として、また、データ活用の新たなステージとして、重要な意味を持つ技術だと言えよう。

デジタルツインとは?仕組み、事例、導入法を分かりやすく解説

✊ 出荷後の状態をデジタルツインによって確認することで、製品の使用によるバッテリーの消耗具合や摩擦状況を把握し、部品交換やバッテリー交換などのアフターサービスを適切なタイミングで行うことができる。 たとえばGEでは、自社で製造するジェットエンジンに200ものセンサーを設置して、稼働中の(もちろん飛行中も含まれる)エンジンの状態を逐一把握している。 世界を見たときに、都市のデジタルツインの取組に先行しているのはシンガポールだ。

1
また、風力発電所から送られてくるデータを基に、バーチャル上に構築されたそれぞれの風力発電所を模した仮想発電所(デジタル・ツイン)において、発電機が最も効率良く稼働するようタービンを個別にカスタマイズし、発電所全体を最適な状態に維持するということも行っています。

Digital Twin(デジタルツイン)

🌏 デジタルツインの直訳は「デジタルの双子」。 それらDX推進のキーワードが「デジタルツイン」です。

製品自体にIoTセンサが組み込まれていれば、従来はアンケートやヒアリング、受けたクレームなどで地道に収集していたユーザの使用感に関するデータが、自動的かつ低コストでビッグデータとして蓄積されるため、製品の改善のハードルがぐっと下がるだろう。

注目の次世代技術「デジタルツイン」で都市が丸々バーチャル化する日(小林 啓倫)

👌 今まではトラブルが起きた後、製造部門からのレポートや顧客からのフィードバックをもとに検証をして設計を見直していく必要があったが、リアルタイムに収集されたデータを活用できるデジタルツインでは、素早く原因を特定し、試作を行い、改善することができる。 その普及とともに注目を集める技術が「デジタルツイン」です。

14
デジタルツインとは デジタルツインとは、そのまま「デジタルの双子」を意味します。 日本でも最近、この言葉を耳にするようになってきました。

注目の次世代技術「デジタルツイン」で都市が丸々バーチャル化する日(小林 啓倫)

🤑 通常、新製品の開発には膨大なコストがかかるが、デジタルツインでは物理空間を忠実に再現した仮想空間で試作から製造ラインを動かしたときの予測までを行えるため、物理空間で実際に製品の開発を行うよりも、低リスクで新製品の開発が行える。 第3段階は、「ものづくりのサービス化」の流れに応じて、「サービス」提供時におけるデジタルツインの活用です。

1
しかし、IoTにより、データを自動的にリアルタイムで取得し続けることが可能となりました。

都市の「デジタルツイン」実現のアプローチ|アクセンチュア

✔ 本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を含めて分かりやすく解説する。 世界に目を向けてみると、シンガポールでは、「バーチャルシンガポール」構想 4として、早くから都市のデジタルツインプラットフォームの開発へ7,300万シンガポールドル(約60億円)を投資することを表明し、開発を進めている。

このように自動運転の研究開発にバーチャル空間を活用する動きは、BMW、トヨタなどのOEMメーカー、Amazonなどのテクノロジー企業にも広がっている 9。

国と地方、双方で作る「デジタルツイン」 ニューノーマルの時代にデータが本当の意味でオープンになった

😃 とりわけ「設備保全」に対する期待は高い。 内山:はい、そこはお互い得意な分野で進めていけばいいと感じます。

18
私たちの世界は変容して、急速にデジタル化しています。