フラット 35 不正。 住宅金融支援機構がフラット35の不正利用の調査を本格化させています|エイミックス

朝日一面トップ「フラット35不正」・・・スクープ記者が告発する不動産業界のウラのウラ 『やってはいけない不動産投資』

👋 不動産セミナーで客を見つけて中古一棟マンションを売っていた。 このご相談者様はフラット35の不正利用をしているという認識はまったくありませんでした。 実務的には、貸方が定期借家契約であれば、戻る気があると見えますし、普通借家契約であれば戻る気はなく、住宅ローンの利用目的が、転勤による引っ越しを境に不動産投資に変更になったと見ることができます。

8
不動産投資用ローンは2%、3%台が中心だが、フラット35は1%前後で利用できる。

朝日一面トップ「フラット35不正」・・・スクープ記者が告発する不動産業界のウラのウラ 『やってはいけない不動産投資』

😃 (以下、記事引用) 2009年に施行された、「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」(返済猶予法)後に、返済が苦しくなったときには賃貸住宅に回して、賃料で返済することを認める措置が実施されたことがある。 こんな利益が薄い物件を買う必要なんて、全くありません。

9
大切なことはまずはそういった不正利用の片棒を担がされないよう注意すること、そしてもしこのような事態で困ったときは少しでも早くご相談されることです。 このフラット35を利用した投資を持ち掛け、詐欺まがいに買わせる悪徳業者が多数、横行していたようです。

『借りた人も犯罪です』フラット35を悪用した不動産投資のしくみ

🤟 スルガ銀行の私的取引の事件よりもさらにステージが上がっている。 審査を通りやすくするため、票などを改ざんして収入を水増ししていた事例もあった。 転勤等による一時的な賃貸は認められるが 以上のように、賃貸目的でのフラット35の利用は禁止されているが、 フラット35によって取得した住宅を一時的に賃貸住宅にできる例外的なケースもある。

13
まず、不動産会社は家を売らなければ仕事になりませんが、最初から投資目的でマイホーム取得を提案する人たちが一定数おり、制度の抜け穴を利用して、住宅ローンを活用して不動産を購入していたということです。

「フラット35」不正利用で借金地獄にハメられた男性の末路(藤田 知也)

☺ 記事が出た後、同社は営業停止になったが、主要メンバーは同業他社に移り、不動産ビジネスを続けているという。

15
投資目的での申し込みと、住宅購入価格の水増しの不正利用 明らかになった不適正利用の内容は、大きくは本来あってはならない 投資目的での利用と、申込み時の 住宅価格を不正に水増しして、多額の融資を受けるという2点で、その両方ともに行ったケースが大半を占めている。

住宅金融支援機構がフラット35の不正利用の調査を本格化させています|エイミックス

😒 そして立ち退きがうまくいかず、賃貸借を解消できない(契約の履行ができない)場合に、金融機関は「一括返済」を求めることになります。 例えば、住宅ローンを立てるとき、返済計画に無理が生じないよう総返済負担率に基づいて審査が行われるのですが、もし「賃貸予定や賃貸中の住宅の借入金」がある場合はこちらの返済額も加算して審査が行われるということです。

14
ただ、過去の融資案件で不正な申請が持ち込まれ、意図せずに実行した可能性について住宅金融支援機構と調査を実施中とした。

フラット35不正「なんちゃって」不動産投資に悪用113件と判明

😍 確認された融資は162件に及び、融資額は33億円に昇ったとされています。 ネットバンキングの預金残高を表示画面で「必ず確認する」という金融機関は1割前後、「一切確認しない」が銀行で3割、信金・信組で6割超。

3
横浜市内にある築古マンションの一室。