沖縄 タイムス。 沖縄の「今」が始まった1972年5月15日 “沖縄の一番長い日”ドキュメント【WEB限定】(沖縄タイムス)

沖縄タイムス社員、生活困窮者対象の80万円も不正受給:朝日新聞デジタル

🤙 (敬称略、肩書は当時) 1972年5月14日午後10時半すぎ 復帰前夜 事故米兵 身柄で騒然 復帰前夜、沖縄はどしゃぶりの雨だった。 この数字は先月の2922人を上回り、月別で最多となった。

18
そのころ琉球政府の屋良朝苗主席は、ランパート高等弁務官夫妻の送別晩餐会の席にいた。

沖縄タイムス社員 新型コロナ持続化給付金を不正受給か

😅 「うちの看護師は一般治療とコロナ治療の二足のわらじを履いている。 しかし、こうした治療を支える看護師が、感染への不安といった精神的ストレスなどから次々に離職した。

10
沖縄タイムスは「社員が不正受給したことを重く受け止め、おわびします。

沖縄で変異株の陽性率が87%に上昇 コロナの新規感染者数、人口比で全国平均の3.6倍

😋 「あと1分」「あと10秒」。 沖縄県内では持続化給付金をめぐって「不正受給を持ちかけられた」といった相談が警察に相次いで寄せられていて、警察が、背後に不正受給を主導しているグループがあるとみて捜査を進めています。 社員は不正受給を認めていて、警察の事情聴取に応じているということです。

4
県に伝えている計画では、コロナ病床は最大31あり、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(エクモ)が必要な重症患者は16人受け入れ可能だ。 だが、福本院長は「実際は逼迫(ひっぱく)している。

沖縄で変異株の陽性率が87%に上昇 コロナの新規感染者数、人口比で全国平均の3.6倍

🌭 事実関係を調べ、厳正に対処します」とコメントしています。

浦添総合病院も「危険手当」を支給。 救急外来を制限した。

沖縄の1病院で看護師77人が大量退職 コロナ感染の不安やストレスで 医療崩壊を危ぶむ

⚓ ぶつけられた車に同乗していた男性が路上に放り出され病院に運ばれた。

間もなく、MP(憲兵)カー3台が赤いライトを点滅させ到着。

沖縄の1病院で看護師77人が大量退職 コロナ感染の不安やストレスで 医療崩壊を危ぶむ

⚡ ドルから円へ、マイルからキロへ、その日を境に人々の生活は大きく変わった。 継続して求人募集を出すなど看護師確保に努めるが、なかなか集まらない。 社員が悪用したのは、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ちた中小法人や個人事業者が対象となっている国の「持続化給付金」の制度です。

12
コロナ病床の利用率は4割未満で、まだ余裕があるように見える。 しかし、人工呼吸器やエクモを使うコロナの重症者は麻酔で意識を落とすため、体位変換などに手間が掛かり、看護師2人で1人の患者を診ることも。

沖縄の1病院で看護師77人が大量退職 コロナ感染の不安やストレスで 医療崩壊を危ぶむ

💔 先週と同じように増えた場合、1日の感染者数が350人程度までになる可能性を示唆した。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、沖縄県内の医療機関で一般診療への影響が出ている。

16
昨年度に辞めた看護師は77人。 社員は同社の聞き取りに対し、住宅ローンなどの返済に充てたと話しているという。

沖縄で変異株の陽性率が87%に上昇 コロナの新規感染者数、人口比で全国平均の3.6倍

🙂 週の後半に向けて増えていく可能性がある」と指摘。 看護師不足を受け、同院は19日、一般病床を210から190に削減。 が、拒み続けた基地は今もなお居座り、穏やかな日々を脅かす。

20
。 人口10万人当たりの新規感染者数(直近1週間)も、全国で最も高い92・88にまで上昇。