火 中 の 栗 を 拾う。 ことわざ「火中の栗を拾う」の意味と使い方:例文付き

火中の栗を拾うとは

🌏 」という動物のたとえ話から生まれたことわざのようです。 英語では、"Take the chestnuts out of the fire with the cat's paw. この場合には自分に利益がある場合でも使われます。 よいこと。

1
すると、猫が大やけどを負いながら栗を拾い出しました。 取った栗を二人で食べるつもりで頑張っていた猫ですが、猫が栗をとるや否やパクパクと栗を食べてしまう猿。

火中の栗を拾うの意味とは?例文や使い方・同義語を解説

💓 火中の栗を拾うとは「 自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すこと」という意味です。 自己犠牲による奉仕は続くもんも続かなくなる、余計なお世話なんだ!!と。

猫はひどい火傷を負った上に、火傷をしながら取った栗は猿に食べられてしまったという猫が踏んだり蹴ったりな話。 危険を冒すことも時に必要であるかもしれません。

「火中の栗を拾う」の意味・由来

🐝 結果的に、猫はひどい火傷を負い、栗も食べられないという散々な目に遭った。 366• 結果的に、かわいそうな猫は 「栗も食べられず、ひどいやけども負う」 という散々な目にあってしまったのです。 しかし、このことわざの由来が典型的であるように、他人の利益のために危険を冒した結果、散々な目に遭うこともしばしばです。

5
(他人のために危険を犯す) 【例文】 「今そんな仕事を引き受けるなんて、火中の栗を拾うようなものだ。

「火中の栗を拾う」の意味・由来

🐲 猫は猿におだてられて、危険を冒したものの、 猫にとっては踏んだり蹴ったりといった結果になっていますね。 「 Pull chest nuts out of the fire」 「chest nut」は「栗」、「pull」は「引っ張り出す」「out of」は「~の外へ」 という意味です。

15
「火中の栗を拾う」ようなことはできるだけ避けていきたいところです。 例文としていくつかあげてみます。

火中の栗を拾うの意味とは?例文や使い方・同義語を解説

🌏 ダメもとでも一生懸命信念に基づいて行動したものはアホではない。 解説 他の人から、ほめられて、あぶないことやむずかしいことを無理してやることのたとえのようです。

5
拾う=「ひろう」と読み、ものを手で取りあげる。 ・これはあの人の問題なのだから、 あなたがあえて火中の栗を拾う必要はない。

「火中の栗を拾う」の意味・由来

🔥 そこで、猫は大火傷(やけど)を負いながら栗を拾い出した。

8
破産経験のある彼にお金を貸す? 火中の栗を拾うようなものだ。