ジェジュン ブログ あちゃ。 ジェジュン

贅婿 その1

🙃 蘇家の長男の娘檀儿が従兄や叔父を差し置いて、蘇家の後を継ぐためには入り婿をとることが必要で、そのためにだけいわばをする相手と決まっていたのがこの寧毅。

11
でも熱が出なくて良かった~。 となんか可愛げw 「慶余年」の「立て板に水」技として范閑の暗唱と並んで范思轍の利益計算というのがありましたが、今回もまた長大な計算をまくしたてています。

「ジェジュン あちゃさん」 ブログ検索 皆声

♨ 劉冠麟は「大秦賦」の郭開とか虚勢を張るけど実力はあまりない腰ぎんちゃくの役が最近多いです。 しかも、小説の主人公江皓辰を演じているのが張若昀、どういうわけか彼を裏切る友人役が張暁晨と豪華w これで、出番終わり?なわけないよね~と言いたくなるw で、やってきた武朝。

7
1~10集 全くの予定外で飛び込んできたコメディ。 それとも病院が慣れたせいかもしれないけど。

「ジェジュン あちゃさん」 ブログ検索 皆声

👐 衣装のみの写真も含む。 蘇檀儿に宋軼。 特に「慶余年」視聴組には特別すぎて、もう大爆笑続きです。

3
これ、すべて小説の中の話になるわけですが、この冒頭場面て「慶余年」の枠組みっぽい。 ・・・予定数に入っているから受けられなかったら、余っちゃうだろうし。

贅婿 その1

🌏 主人公の寧毅が郭。 でも、足りないんでしょ?予約はまだ取れないらしい。 なるほど、そういえば・・・なのですが、それよりもっと関係性が深いと思います。

クックパッド先生には、豆腐とめんつゆとか、塩でなくめんつゆが日本人にはいいかもってあった。

ジェジュン

☝ 中華サイトを見ていたら、「琅琊榜」と「偽装者」の関係と並べているところを見つけました。 なんとか檀儿の結婚を邪魔して、蘇家を自分たちのものにしたい二叔とその息子、彼女に勝手に惚れている別の豪商の息子なんかを相手に、寧毅の活躍が始まります。

18
まず入り婿問題をクリアして、次に新たに始める店を成功させて、一族の実権を握る祖父を納得させる必要があってなかなか大変。 。

「ジェジュン あちゃさん」 ブログ検索 皆声

⚛ はえ~~~~~~ とんぼ返り. しかも、小説の主人公江皓辰を演じているのが張若昀、どういうわけか彼を裏切る友人役が張暁晨と豪華w これで、出番終わり?なわけないよね~と言いたくなるw で、やってきた武朝。 もう帰ったんだって。 地元にいる娘の婿の会社も職域接種があるらしく、家族もあるかなと言ってたけど、足りないんじゃあね~、当分先かな?. うまいからね~ 後、檀儿の父が馮暉。

13
豪商の娘の入り婿になった寧毅の活躍を描いたコメディと言ってしまえば、珍しくもない感じですが、これめっちゃ特別でした。