燃料 ポンプ リコール。 340万台超のメガリコール、「枯れた製品」でなぜデンソーが?

【リコール】スズキ 3車種に燃料ポンプの不具合(Auto Prove)

🤲 最悪の場合、走行中にエンジンが停止する恐れがある。 こうした中で、もしも人命に関わるような事故が起きたらトヨタ車の信頼は地に落ちかねない。

10
2 全車両、当該シールを対策品に交換するとともに、マスターシリンダからのブレーキ液漏れを点検します。 サービスキャンペーン開始日 平成23年1月上旬 平成23年1月中旬 平成23年2月中旬 不具合の内容 燃料ポンプにおいて、樹脂製インペラ(燃料を圧送する羽根車)の成形条件が不適切なため、燃料温度が高い状態で継続使用されるとインペラが変形し、燃料ポンプ内で干渉することがある。

デンソーリコール1013万台に深刻化、ホンダが3度目の無償交換

👌 そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがあるというもの。 例に挙げた2件のリコールでも死者は出ているが、それが原因の死者数は大変多いように伝えられているが、年あたりの死亡者に換算すると大変小さい数字となる。

15
発見の動機 市場からの情報による。

ダイハツ、タント など21車種95万台をリコール…燃料ポンプ不具合でエンスト

✋ 不具合の件数は584件で事故は発生していない。 これはトヨタ自動車が検証漏れをしたのではなく、品質のばらつきを調べた上で、より安全・安心側に振ったリコールと見るべきだろう。 これについて、品質保証の専門家は「同じ品番の部品(同じ部品)であっても、部品メーカーや生産地(生産国)によって製造プロセスや条件が微妙に異なっているケースはある。

18
対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

デンソーリコール745万台に拡大、追加賠償と転注が不可避か

🤛 そのため、燃料吐出量が低下して加速不良や始動不良となり、最悪の場合、走行中にエンストするおそれがある。

7
国内のダイハツ車の年間生産台数は約60万台だから、今回のリコールはその約1. 不具合は、燃料ポンプ内の樹脂製インレットカバーの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されると、使用過程において当該インレットカバーが膨張し、インペラと干渉することがある。

ダイハツ、タント など21車種95万台をリコール…燃料ポンプ不具合でエンスト

💢 要は、『疑わしきは罰する』という判断だ」(同関係者)。

13
にもかかわらず、なぜ自動車メーカーは不具合のある燃料ポンプを搭載したクルマの全てを一度にリコールとして届け出ず、追加していくのか。 元自動車メーカーの設計者は「追加リコールは異例だが、ないわけではない」と言いつつ、その理由をこう説明する。

デンソーリコール1013万台に深刻化、ホンダが3度目の無償交換

💋 「事故につながるような本当にまずい品質不具合であれば、今回対象となった車種は前回のリコールの届け出の中に含まれていたはずだ。 が2018年8月21日~2019年9月13日に製作した「シビック」1車種に燃料ポンプの不具合 不具合は、低圧燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)の成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって燃料により膨潤して変形することがある。 「トヨタ自動車の1年分の販売台数が丸ごとリコールになる量だ。

これも枯れた技術であるために、試行錯誤して設計していた先人の失敗がチェック項目のみになってしまったために発生していたと推定される。 ダイハツ工業がデンソー製燃料ポンプの潜在的な品質不具合リスクを知らなかったはずはない。

ダイハツ、燃料装置不具合で計95万6221台をリコール 「タント」など計21車種

🙌 そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがある。 通常なら、この時に燃料ポンプの内容を精査してリコール対象のクルマを全て洗い出せたはずだ。 トヨタは昨年夏ごろより対応を開始している一方他社では対応の遅れが目立っています。

14
ホンダ、「スーパーカブ」など燃料ポンプの不具合で改善対策とリコールを実施 本田技研工業は9月8日、「スーパーカブ」など計15万5761台の燃料ポンプに不具合があるとして、改善対策とリコールを国土交通省に届け出た。 そのため、当該シール部よりブレーキ液が漏れて警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。

LEXUS > リコール等情報 > リコール・改善対策情報 > LS、RX、NX、GS、LC、IS、IS F、RCのリコール

☢ ただし、枯れた技術である燃料ポンプに対して、そこら辺のチェックが甘かったということである。 事故を起こした事例はないが、市場から109件の品質クレームが報告されている。 1.不具合の状況 1 燃料タンク内の燃料ポンプ用電線が屈曲しにくい材質のため、給油口を開けた際のタンク内圧変化でポンプ取付面が大きく変位した場合に接続端子部が摺動することがあります。

品質が非常(過剰)に高い日本の製品であるが、それは多くの品質チェックの上に成り立っている。