ゾム 裏切り 小説。 【wrwrd!】脅威に彼女がいるとか聞いてない!【zm】

我々だ短編集!!

🖐 恋というものが分からない。 2日目以降の夜に1度だけ1人だけ襲える。

どうでしたかね? トンゾムほのぼのは結構すきなんすよ。

zmさん総受けの吸血鬼パロ

😁 別に何か悪さをしに来た訳じゃないんですから」 おおよその検討を付けギロリと睨むグルッペンに、向けられたDr.クラレは腰が引けてしまう。 「え…いいって! かわいすぎるやろ! 」 「俺の気がすまんねん!」 「…分かったって… じゃあそうだなぁ…」 やべぇ…凄くゲスいことを思いついてしまった… 言うべきなのか?…いや。

19
「まあな。 自覚ありの束縛をしてる。

最果ての末路(シリーズ系統)

😄 貴様はここで死んでもらう。

3
なァひとらんらん……? 妖狐を知ることが出来るが但し妖狐側からは把握出来ない。 「何のようですかね?こちらは反乱を鎮圧すべく、忙しいのですが。

最果ての末路(シリーズ系統)

🤜 聖職者として育てられた。 苦手な方はバックしましょう。 でも襲える人数は人狼と同じ。

16
」 そう呟いたゾムの姿が一瞬見えなくなった。

我々だ短編集!!

🤜 占い師として育てられた。 オーソドックス *設定. 「貴様らに教えといてやろう。 ゾムに一目惚れした。

8
コネシマと同様にそういう家系で何があってもゾムを守っていた。 」 「冷徹なる総統、グルッペン。

WT/我々詰め

🤟 ゾムが両親に捨てられ当時仲間だった人狼達にも裏切られこれ以上ゾムが傷つかないように少し束縛してる。

8
」 そう。

我々だ短編集!!

💙 占い師に占われても「村人」と出る。 屑イケメン。

9
ちょっとだけ簡単に書くけど。 ロボロとは一緒によくいる。