アダムス ミス 道徳 感情 論。 人間経済科学研究所 研究論文:「国富論」と「道徳感情論」に還る【経済学ルネサンス】<第3回>(全3回) «

アダム・スミスの道徳哲学と人間本性の合目的性

♨ だが、もし彼が競争相手の誰かを押したり、投げ倒したりしたら、観察者の寛恕は完全に尽きるだろう。 米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。

1
つまり「見えざる手」の機能も発展には重要ですが 全てその自動作用に任せればよいのではなく その前提条件として「賢人」としての一般的諸規則や義務の感覚を 備えてなくてはならないと考えられます。 他方、他人からはその人の意図は見えずに、行為の結果だけで評価することになるのだが、結果は意図だけでなく偶然の要素の影響も受ける。

人間経済科学研究所 研究論文:「国富論」と「道徳感情論」に還る【経済学ルネサンス】<第3回>(全3回) «

🚒 またフランスをはじめとするヨーロッパ各国ではキリスト教中心の世界観が崩壊。

この本に続く国富論は、人間は利己的に動いているのに、どうして社会では最適な資源分配がされるのであろう?というより経済に近いテーマを扱っています。 みんな「利己心」に任せて行動すれば「見えざる手」が調整してくれるから「自由放任」が一番。

5分でわかるアダム・スミスの「道徳感情論」要約。国富論へとつながる考え方

⚛ スミスは正義と慈悲をあわせて 一般的諸規則(general rules)と呼んでいます。

14
アダム・スミス『道徳感情論』をめぐって、多くの研究者を困惑させてきたのは、神学的・目的論的言説をどう位置付けるかという問題だった。 2-2 公平なる観察者の共感 スミスは、公平なる観察者という概念を用いました。

5分でわかるアダム・スミスの「道徳感情論」要約。国富論へとつながる考え方

😭 たしかに、私たちは悲惨な目に遭った人たちの話をニュースで聞いただけで即、疑似体験して、胸が締め付けられる思いをするものです。 したがってこのような人の素養は、並外れてすぐれているとは言えないにしても、例外なく本物である。

20
以上の概観をふまえ、各章の内容をより具体的に以下に記す。 いかに利己的であるように見えようと、人間本性のなかには、他人の運命に関心をもち、他人の幸福をかけがえのないものにするいくつかの推進力が含まれている。

人間経済科学研究所 研究論文:「国富論」と「道徳感情論」に還る【経済学ルネサンス】<第3回>(全3回) «

😆 したがって、社会全体の幸福の最大化を目標として掲げたときにより優先されるべきことは、最低水準以上の富の格差を是正することではなく、貧困の人々を減らすこととなります。 そのために時として悪行以上に恐るべきものとなる。 単純な道徳主義者は、(1)と(2)だけで世界を考えてしまいがちですが、もちろん間違っています。

そして、仮にスミスがこの規約説的立場を採っていたならば、人間本性の合目的性から徳の実在性を説明することはできない。

5分でわかるアダム・スミスの「道徳的感情論」要約。国富論へとつながる考え方

♥ 1773年にロンドン王立学会のフェローに選出され、1787年にはグラスゴー大学の名誉学長に就任しました。

10
参考文献: 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(、を利用しています。 特に岩波文庫版は1973年の筑摩書房版が下敷きとなっているので、翻訳の調子がやや古めかしいのと厳密な研究者が事細かに訳注を挿入していて文脈が汲み取りづらく、かなり難解であった。

人間経済科学研究所 研究論文:「国富論」と「道徳感情論」に還る【経済学ルネサンス】<第3回>(全3回) «

🤟 例えば『道徳感情論』における「見えざる手」の理論では、富者が利己的に振る舞うことで、大地が全住民に平等に分配されていた場合とほぼ同一の生活必需品の分配がなされるとスミスは考えています。

正義は人が避けるべき行為を規定しており、正義に反する行為は人に憤慨の感情を与えます。 「墨俣一夜城」や「中国大返し」などの逸話は、秀吉が巧みに「共感」をあやつった実例である。

アダム・スミスの道徳哲学と人間本性の合目的性

✆ アダム・スミスがここでしようとしたことは、「共感」という感情によってを基礎付ける試みです。

1
それを戦後の経済学者が好んで使用したことから「神の見えざる手」という和訳が一般的になっています。 アダム・スミスの道徳感情論と経済的思想 1. 本レポートでは、まず、アダム・スミスの『道徳感情論』の「同感」という考え方につ いて考察する。

5分でわかるアダム・スミスの「道徳的感情論」要約。国富論へとつながる考え方

🤞 逆に上流階級(当時でいうと王侯・貴族)は 徳への道がなくても権力である程度周囲を黙らせることができるため 富への道のみを歩む堕落がみられるとしています。 431) 思慮深い人は、自分が修得すると明言したことは何であれ、単に自分の知識をひけらかすためではなく、つねに真剣かつ熱心に学ぶ。

13
死の数日前には痛みで著作を完成できなくなったことを悔やみ、自分の死後に未完成原稿をすべて焼却処分するようにと知人に遺言を託したと伝えられています。