サニゴーンv デッキ。 一見、火力が高いポケモンはいませんが、非常に高い攻撃性能が意外なデッキとなっています!ドラパルトの特性【すりぬけ】も非常に強いです!

【ポケカ大会優勝】ガラルサニゴーンVのデッキレシピまとめ

🍀 場持ちがよくなり、特殊アタッカーはもちろん物理アタッカーに対しても行動回数が増やせる可能性が高まります。 1戦目は、いい感じにデッキが回ったことと、相手のドローソースが チラチーノだったため、そこを 三鳥のGXワザ「 スカイレジェンドGX」でうまくつぶせたことが良かったかなという感じでした。 名前の由来はこの特徴から、英語で「死んだ」や「消えた」を意味する「gone」に加え、「」からと思われる。

11
隠密フードを付けたで倒せば、特性の効果は受けないので気絶する心配がありません。

【ポケカ】クワガノンV(グッズロック)優勝デッキレシピ

🙂 しかし、 バタフリーは進化ポケモンであるため、 タチフサグマに対してダメージを通すことができます。 。

1
「あくのはき」で相手を逃げれなくするクワガノンデッキのキーカード グッズロック+エネルギー破壊、遅延 特性「ふわふわまくら」を使用し相手をねむり状態にすることができ、相手はグッズを使用できないため逃げれず、ワザを使うこともできない状態を作りやすくなります。 デッキレシピについて 現在、使用しているデッキレシピは以下のようになっています。

ポケカ四天王直伝のデッキレシピを公開!

👇 ) このカードを扱う上で課題となるのは、やはりワザに必要なエネルギーの重さです。 げんしのちからを使ってくるから岩ゴーストだと思った人も結構いるかもしれない。 まず、このデッキの主戦力となるポケモンは「 三鳥」ですね。

バトル場にいなければ、関係ありませんから。 それでは、また次回!. 守りを固めるルカリオ&メルメタルGXのGXワザ「フルメタルウォールGX」か、対戦相手が炎タイプ中心のデッキだったときは、攻めに転じるアルセウス&ディアルガ&パルキアGXのGXワザ「オルタージェネシスGX」がオススメです。

ガラルサニゴーンを救いたい~サニゴーン超バレット~|きさらぎ|note

🤐 ギーマを使えば、戒めの祠がある場合、ダメカンをGXポケモンののこりHPが10のこるようにして、バトル場のニャスパーの【イヤーキネシス】で別のポケモンをきぜつさせれば、一気にサイドカードをとることもできるので、決まれば気持ち良いです!! このデッキは、一見ドラパルトの特性【すりぬけ】によって勝ち筋を永遠に残していくデッキに見えますが、実は 複雑ではあるものの、勝ち筋を非常に多く作れるデッキでもあると思います。 。 新弾が出るごとに、新しいデッキを考えて新弾バトルに挑戦しているのですが、今回の記事の様に、新弾のカードを採用したデッキを紹介してほしいという方がいらっしゃいましたら、コメントをいただけるとうれしいです。

9
また、「 博士の研究」や「 デデチェンジ」を多めに採用することにより、 バタフリーへ進化できる可能性を高めています。

一見、火力が高いポケモンはいませんが、非常に高い攻撃性能が意外なデッキとなっています!ドラパルトの特性【すりぬけ】も非常に強いです!

💓 確かに、 三鳥はたねポケモンであるため、もしブロッキングをされてしまった場合ワザのダメージを通せなくなってしまいます。

【ムゲンゾーン】ヤミラミV/ガラルサニゴーンVデッキレシピ 【ポケカ】

😇 どんな動きをするかは相手依存になるためここでは記載できません。

1.超エネのみの構成にでき、デッキ全体の安定感を上げる オロヨノ除 2. 逃げエネが2である点 3. 1ターンで動けなくても逆転の可能性を残せる点 特に、2番目と3番目の理由を重視しました。 (笑)) そして決勝、ベンチに キャタピーを出すことを惜しんでしまったため、相手の フィオネの特性「 ひきよせのうず」によって デデンネGX引き出されて刈り倒されて負けてしまいました。

ガラルサニゴーンを救いたい~サニゴーン超バレット~|きさらぎ|note

☎ ただし、ベンチバリアのミュウだけは、どうしようもないのがベンチ狙撃の宿命なので、そこは諦めてください。 ジージーエンドではSRが当たりまくり、ある意味思い出のカード。 (笑) デッキの回りも少し良くなかったので、立て直すのに苦労しました。

2
2.新弾バトルの戦績と反省点 それでは、新弾バトルの戦績についてどうだったかというと、準優勝でした。 相手が大量にエネルギーをつけるデッキとは限らないため、あくまでサブのポケモンとして使うのが良いだろう。

一見、火力が高いポケモンはいませんが、非常に高い攻撃性能が意外なデッキとなっています!ドラパルトの特性【すりぬけ】も非常に強いです!

🤜 基本的な立ち回り 「ガラルサニゴーン」で 相手の タッグチームや VMAXポケモンを道連れにすることでサイド差を稼ぎたいので、序盤は「クラッシュハンマー」や「リーリエのピッピ人形」で時間を稼いで、ベンチに「ガラルサニゴーン」を複数育てます。 」 2位【シロムさん】 デッキ名:新世代セキタンザン コメント「マナフィ忘れた」 レシピはこちら — カードショップ札屋四日市店 fudayaTCGshop 【大会結果】 本日15時より開催のポケカ(ジムバトル) 優勝デッキは「クロバット・サニゴーン2」でした。

前述の2匹が撒いたダメージをベースに後ろの小型ポケモンを倒し、後続のポケモンでサイドを取り切れるように調整するのが主な役割です。 ただし、相手のガラルサニゴーンが2体以上揃ってしまうと意味がなくなるので、注意してください。