コロナ 空気 感染。 2021年5月2日(日)「コロナは空気感染する」~米国からの不都合な真実

2021年5月2日(日)「コロナは空気感染する」~米国からの不都合な真実

🚀 2020年2月10日 2月の段階とは言え、事実誤認があります。 日本政府の情報は果たして正しいのか、専門家会議を信頼してもよいのか…一向に改善されないPCR検査体制、繰り返される緊急事態宣言、変異株の特徴やワクチンの有効性への疑問。

9
「…特に、感染者がいる可能性が排除できない屋内の場所で、長時間にわたって混み合い、かつ換気が不十分な場合などには、近距離でのエアロゾル感染が起きる可能性を排除できない」 ハーバード公衆衛生大学院のビル・ヘネージ准教授(疫学)はこのWHOの見解について、次のように解釈できると説明している。

新型コロナ空気感染の可能性、WHOが認める ウェブサイトに記載

👋 ワクチンの有効性については2回打った場合、従来株と英国株には有効(再感染は5%程度)、ブラジル株はある程度有効(再感染は25%から40%程度)、南ア株の場合はファイザーワクチンを2回打っても従来株より再感染率が8倍、つまり有効性はかなり低いのです。 決定権がIOCにあるとしても、日本は交渉にあたるべきだと私は思います。 冬はともかくウイルスというのは夏に弱いはず…という常識は2度目のゴールデンウィークを迎え、暖かくても流行が止まらない現状を目の当たりにして疑わしく思えます。

飛沫感染だけではなかったのである。

新型コロナ空気感染の可能性、WHOも認める-科学者の主張受け入れ

🖕 飛沫核とは、感染者が発した飛沫から水分が蒸発し、より細かい粒子になった状態をいいます。 このように飛沫とエアロゾル、飛沫感染と空気感染は何らかのカットオフ値によって明確に区分されているわけではないので、連続するスケールの上にある現象としてとらえる必要があります。 感染経路は大きく、 接触感染、飛沫感染、空気感染の3つに分けられます。

ここにきて、次々と見つかる変異株。 ふわふわと浮かぶ微粒子のことで医学用語ではありません。

コロナ空気感染、10の根拠…「換気の方が距離より大切」(ハンギョレ新聞)

❤ 感染を抑え、自由な経済活動を行うためには、今東京にいる、あるいは東京に来る方全員でルールを守って生活していくことが必要です。

1
また英国株は子供の感染率も20%から25%増です。

【集合知】新型コロナウイルスは空気感染する 米CDCが確認 ネットの反応は? Update2

🤭 顔には目・鼻・口などの粘膜があり、これらを手で触れることによって手に付着したウイルスが粘膜に入り、接触感染が成立してしまう可能性があります。

注2 人と人との間の距離を少なくとも1メートル空ける感染対策 注3 大量のエアロゾルを産生する気管挿管などの医療的処置 以上を踏まえて専門家らは、空気感染のリスクを低減するために以下を提案しています。

bftgu.solarbotics.net : 新型コロナウイルスは空気を介して感染しうる 米CDCが確認

🐝 たとえば食事をする場所ではマスクを外す必要があるため、食べ物を食べたり、お酒を飲んだりしながら近い距離で会話をしていれば、当然感染のリスクは高くなってしまうでしょう。

密閉されたドラムの中にジェットネブライザーで新型コロナウイルスを注入した実験では、3~16時間後にもウイルスの遺伝子が空気中から検出されているが、人間が咳をした状況とは異なるので現実世界で同じことが起こるとは言えない。

新型コロナウイルス:やっぱり空気感染するの?(坂本史衣)

🤫 感染者からかなり遠いところにいる人も感染する例が相次いだことで、空気感染の可能性が大きく浮上しているが、従来の飛沫感染を前提とした指針はそのままとなっている。 CDCはこれまで同ページの中で、新型コロナウイルスは主に至近距離(6フィート=約1.8メートル)での人と人との接触や、感染者のせき、くしゃみ、発話によって飛び散る飛沫を通じて感染すると説明していた。

2
そこを勘違いしている。