ペット 里親 会。 わんにゃんさとおや会 保護犬猫の里親募集・譲渡会開催中

里親さんを待っている犬たち【毎日面会可】

🙂 (457)• 北信越• 動物愛護センター、廃業ブリーダー、多頭飼育者らから飼育放棄された犬や猫たちを年間200〜300頭保護し、新しい飼い主を見つける活動をしています。 毎週末には板橋会場で里親会を開催しています また、適正飼育や犬猫たちの不妊手術の重要性を理解してもらう為の啓蒙活動も行っています 一頭でも多くの犬や猫が新しい家族と終生幸せに暮らせるように、人間とペットが共存できる成熟した社会の実現を目指しています シェルター(保護施設) ペット里親会では埼玉県ふじみ野市で捨てられてしまった犬猫たちのシェルター(保護施設)の運営を行っています。

6
(3)• 不幸な犬や猫たちを一頭でも減らすために、適正飼育と不妊・去勢手術の重要性を理解してください ペット産業とブリーダーの問題 子犬や子猫の可愛さばかりがアピールされ、飼い主の責任や生涯飼育の大変さについてはあまり語られることがありません。 親子でのお手伝いも大歓迎! 開催予定時間の15分前に会場に集合して下さい。

「NPO法人ペット里親会」

🤙 (27)• そのためペットショップで安易にペットを購入して、生活や住環境の変化により手放さざる終えなくなるケースが多くあります また、パピーミルといわれる、劣悪な環境で繁殖をさせる悪徳ブリーダーによる人気犬種の乱繁殖による遺伝的疾患の蔓延にも多くの問題があります。

20
できることだけで構いません、飛び入り大歓迎です! 内容 里親会会場でのお手伝い 条件 小学生以上の方ならどなたでも、 飛び入り大歓迎! 詳細 ゲージの設置・汚れた新聞紙の取り替え・ポスター貼り・受付の準備 里親の申込み受付・簡単な飼い方説明・ご質問への返答・書類の準備など できることだけで構いません。 (121)• ここで、里親さんが決まるまでの犬猫たちのお世話を行い、里親が決まらない子も終生飼育を行っています。

「NPO法人ペット里親会」

💕 (964)• (18)• ペットの里親さんを探したい方は、 のページをお読みになってからお申込みください。

20
岩手県 (0)• 原則室内飼育をお願いしています。 わんにゃんさとおや会では、人と人との繋がりのように暖かい家族の一員として囲まれる生活を願いに わんちゃん、ねこちゃんの新しい出会いの場として、ひとりでも多くの家族を見つけたい思いから譲渡会を開催 することになりました。

里親会|NPO法人 動物たちを守る会ケルビム

😩 (4)• (5)• (6)•。 (4)• (9)• 小型犬や純血種の子犬はいません。

6
面会可能な子犬たちです。 (5)• (12)• 佐賀県 (0)• (5)• (2)• 北海道• 表示されている体高・体長はあくまで目安としてお考えください。

NPO法人ペット里親会のご紹介 【社会貢献をお手伝い:ギブサポ】

☏ 是非、気になる子がいましたら、お問合せフォーム又は電話でお問合わせください。 石川県 (0)• (2)• 犬種や体格について• (7)• (522)• こちらのメールアドレスは里親会参加予定の方の画像送信専用になります。

2
(3)• (4)• 予めご了承いただきますようお願いします。 また、動物虐待、飼育放棄、ネグレクト、地域猫の餌やりによる繁殖増加も社会的な問題になっています。

「NPO法人ペット里親会」

✍ (5)• 運営を行っております、特定非営利活動法人 保護譲渡推進協会は、犬・猫など愛玩動物の殺処分・飼育放棄ゼロを永続的に実現するため、飼育が困難になった個人・団体を対象として、動物保護活動を行うとともに、市民や子どもに対して動物愛護精神・生命尊重精神を周知するため、動物とのふれあいの機会を提供することにより、人と動物を取り巻く地域環境を整備し、生命を尊重し殺処分をなくし、人と動物が共生できる豊かな社会の実現に寄与することを目的として、飼育困難になった犬・猫の保護・飼育事業、保護施設・飼育困難者等から引き取った犬・猫を新しい飼育者へ譲渡する事業を実施いたしております。

常時、猫用フード、猫砂、ペットシーツ、ドッグフードなどが不足している状態です。

わんにゃんさとおや会 保護犬猫の里親募集・譲渡会開催中

🤚 宮崎県 (0)• (251)• 里親会ボランティアさん募集 ケルビムではワンニャン里親会でお手伝いしてくださる方を随時募集しています。 里親会ご参加予定の方で、ケルビムFacebookにて「里親募集ペット」画像の掲載告知をご希望の方は、里親を探しているペットの写真と詳細(性別・年齢・大きさなど)、里親会参加希望日を以下のメールアドレスまで送信してください。

20
秋田県 (0)• この施設での犬猫たちのお世話はほぼ24時間体制が必要なため、お手伝いのスタッフも足りません。 少年犬・成犬にしつけのために名前をつけることがありますが、後から変えることもできますのでご安心ください。