ジャン コクトー。 912夜『白書』ジャン・コクトー

ジャン・コクトーとジャン・マレー、私生活でできた「距離」

📲 いや、タイトルにある「詩人」というのが彼のことである。 第2話「壁に耳あり」。

12
私がコクトーを「編集者」と呼ぶ所以がここにある。

ジャン・コクトー 知られざる男の自画像|MOVIE WALKER PRESS

♻ 偉大な芸術家ジャン・コクトーと世界に認められたブランドカルティエだからこそ生まれ、語り継がれた都市伝説なのかもしれません。

彼の手には例の口がついているわけであるから、何ともエロティック。

カルティエのジャン・コクトーとトリニティ

🤛 他ならぬ彼自身が「自分がこの本と化すことを願う」とまで語ったこのエッセー集は、いかなる解説書よりもジャン・コクトーという人物を知る上で最適な書物と言えるでしょう。

13
既存版が1995年まででおわっていたのが、2020年までのクロニクルがずらり出揃った。

ジャン・コクトーの家

👊 そこがまったく異なる。 こうした映画的技巧(メチエ)を、映画素人のコクトーは手探りで生み出したのだから、まったく驚かされる。 先頭を切った九天玄気組の中野組長チームと名古屋曼名伽組の小島組長の展示が先行モデルとして効いた。

『詩集 I 』、堀口大學・佐藤朔監修、編• 1909年、20歳のコクトーは自費で最初の詩集を発表。

ジャン・コクトー:映画の解説と批評

🤘 とくに多くの映画作品を通じて、フランスを代表するスター俳優としての地位を築いた。

17
ただ読書は(最近は読相術という言い方もするのだが)、勝負を争わない。 詩集としては、ルネサンス風な『平調曲』(1922)、絶妙な言語遊戯の『オペラ』(1937)などの中期の名作を経て、第二次世界大戦後の『幽明集』以後しだいに内観的となり、大患の病床でつづった長詩『鎮魂歌』(1959)で、ついに頂点に達した。

大人にならない友のために ジャン・コクトー「恐るべき子供たち」|好書好日

👐 アメリカからはテネシー・ウィリアムズとトルーマン・カポーティとゴア・ヴィダルが、日本からは三島由紀夫がやってきた。

『用語集』 Vocabulaire, 1922年• だから、オルフェの手の、鏡の中に没した部分は鏡に映らず、それ以外の部分だけが映る。 『ポトマックの最後』 La Fin du Potomak, 1940年 河出文庫版の『ポトマック』に併収。

南仏、コクトーの教会がある町 ヴィルフランシュ=シュル=メール みゅうパリブログ|オプショナルツアー・現地ツアーの[みゅう]

⌛ この、息を吸いながらオラルな言葉を喋ることができないということ、息を吐くときだけ言葉が出るという片方性は、われわれに意外な言葉のアビリティの制限をもたらしました。

3
もちろん「ヨーロッパ」のことである。 自分に起こったことが奇跡であることを納得する。

恐るべき詩人~ジャン・コクトー「詩人の血」~

🖐 「六人組」が結成された当初、 1920 年にいちはやくコクトーの詩に作曲した作品である。 ジュネは一旦謝罪するが、ふたりの間柄は険悪になっていく。 私の引越しは出発という雰囲気ではなかった」(『ジャン・マレー自伝 美しき野獣』石沢秀二訳 新潮社) この「援助しようと手厚くもてなしていた」友人というのが、エドゥアール・デルミットだ。

14
その作風は、シュルレアリズムを思わせるもので、自分自身の詩や小説作品をそのままイメージ化したものも多いようである。