タツタ 環境 分析 センター。 タツタ電線

MLAP事業者認定区分一覧表示

♥ 1954年(昭和29年)2月11日 - に上場• 神奈川県環境計量協議会• 1966年(昭和41年)9月 - アルミ線工場完成• 土壌汚染対策法指定調査機関• 絶縁油および廃棄物PCB分析 トランス油、絶縁湯、感圧紙、塗膜、PCB汚染物• 1950年(昭和25年)4月 - タツタバルブ株式会社を設立(現 中国電線工業株式会社)• 1984年(昭和59年)4月1日 - 株式会社と銅荒引線加工委託契約• 1984年(昭和59年)4月 - ケーブルの製造・販売開始• 大阪府知事登録第10204号 騒音• 1984年(昭和59年)3月 - ディプ工場操業休止• 2012年(平成24年)11月 - マレーシアに、TATSUTA ELECTRONIC MATERIALS MALAYSIA SDN. 全国対応で高品質かつ短納期の分析が可能 タツタ環境分析センターは、 1979年創業以来の豊富な経験や実績があり、高品質かつ短納期でアスベストの分析を行うことができます。 神奈川県環境保全協議会• 日商簿記検定2級 3名 加入団体• 1979年(昭和54年)12月1日 - 株式会社タツタ電線特品加工設立• 1952年(昭和27年)7月 - 高井田工場設備を若江工場(現 大阪工場)に移転開始• 1945年(昭和20年)11月 - 鍋、釜、電気器具、バルブ等家庭・民生品の製造開始• 2015年(平成27年)3月 - 株式取得により、常州に常州拓自達恰依納電線有限公司を直接連結子会社化(現 連結子会社)• また、実業団の強豪スポーツチームとしてチームを擁しており、近畿地区実業団としてはトップレベルであり、地区代表として全国大会出場経験がある。 1943年(昭和18年)8月1日 - 大阪府布施市(東大阪市)に豆陽金属工業所として、非鉄金属の溶解加工を開始• 土壌・地下水調査 地歴調査、土壌分析、地下浸透調査• 環境計量士 騒音・振動 3名• 公害防止管理者 27名• 1955年(昭和30年)10月1日 - 通信ケーブルの製造開始• 広島支店 - 大手町2丁目8番1号(大手町スクエア8階)• 作業環境測定士 第二種 9名• 略称:呼び方を教えてください。

4

一般社団法人日本環境測定分析協会

🙄 1956年(昭和31年)8月1日 - 近畿伸銅株式会社、株式会社三宅電線製造所を買収し、商号を株式会社三宅電線製造所に変更• 1979年(昭和54年)12月1日 - 株式会社タツタ電線分析センター設立(現 株式会社タツタ環境分析センター)• 2019年(平成31年)1月 - 立井電線株式会社、商号をタツタ立井電線株式会社に変更 主要事業所 [ ]• ダイオキシン類分析 排ガス、焼却灰その他の燃え殻およびばいじん、水質、土壌、底質、作業環境、環境大気、汚泥・耐火物・炉内付着物• 2007年(平成19年)4月 - 中国電線工業株式会社、丸豊電線株式会社を吸収合併• 2011年5月20日の経営説明会において、電子材料事業を第二の柱として開発・育成を急ぎ、従来からのメタル・光通信ケーブル事業を縮小していく方針を示している。 備考:その他この会社についての歴史やうんちくを教えてください。

13
1970年(昭和45年)11月 - ディプ工場、12. 1948年(昭和23年)7月21日 - 商号を タツタ電線株式会社に変更• 1970年(昭和45年)7月 - 電力ケーブル・竪型連続硫化工場完成• 産業廃棄物分析• 石綿分析 認定分析技術者• 1977年(昭和52年)5月1日 - 技術開発本部に分析センター設置(株式会社タツタ電線分析センターの前身)• 極微量物質研究会• しかし、 偏光顕微鏡や位相差顕微などを使った鏡精度の高い分析結果を基に、どのような対策工事を行えばいいのかアドバイスすることが可能です。

株式会社タツタ環境分析センター(東大阪市)

💅 1949年(昭和24年)10月 - 大阪電線工業株式会社を合併し、熔銅より被覆線に至る一貫生産体制を確立(同社工場を高井田工場と呼称)• 仙台工場 - テクノヒルズ2番1• 部品分野では、光ファイバや等の配線部品の他、電子回路用の材料を製造している。

1973年(昭和48年)1月 - 小坂工場荒引線生産終了• 1975年(昭和50年)3月26日 - 大東資材株式会社設立• 所在地:神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-3-5(神奈川事業所)• さらに、環境関連工事に関して、計画立案から施工までに対応。 東京支店 - 芝2丁目13番4号(住友不動産芝ビル4号館10階)• 大阪府知事登録第10325号• 費用(調査・分析):記載なし タツタ環境分析センターで 保有している資格• 1973年(昭和48年)10月3日 - 福知山工場建設起工式挙工• 地質調査技士 現場技術・管理• 作業環境測定 特定化学物質、有機溶剤、粉じん、金属類など作業場内の環境測定• Copyright C 2000-2021 All Rights Reserved. 環境計量士• 大阪労働局長登録27-39• 大阪工場 - 大阪府東大阪市岩田町2丁目3番1号• 測定分析項目• タツタ ウェルフェアサービス株式会社• 1972年(昭和47年)8月12日 - 小坂工場反射炉閉炉• また、大阪や沖縄など、全国9カ所に営業拠点を構えており、全国を対応エリアとして、ダイオキシンや大気、水質や土壌など、多くの環境問題を迅速に解決できることも大きな魅力。

MLAP事業者認定区分一覧表示

🤟 衛生管理者 第一種• 2011年(平成23年)3月 - 中国江蘇省、常州に常州拓自達恰依納電線有限公司を設立• 1972年(昭和47年)11月21日 - 福知山工場建設用地、京都府と購入売買契約締結• 危険物取扱者 甲種 14名• 1976年(昭和51年)7月14日 - 小坂倉庫用地(小坂工場跡地)売却• 土壌汚染調査技術管理者 土壌地下水汚染• 労働衛生コンサルタント 2名• また、外壁洗浄や煙突内洗浄ならびにダイオキシン類洗浄などの設備メンテナンスも実施。 1946年(昭和21年)12月26日 - 裸銅線の製造開始• 神奈川県知事登録第16号 濃度• 1956年(昭和31年)8月 - 船用電線量産体制確立• 公益社団法人日本分析化学会• アスベストと併せてさまざまな環境対策に取り組む判断材料を提供してくれます。

2007年(平成19年)3月31日 - 大東資材株式会社解散• その他分析 室内空気環境測定、騒音・振動、POPs、農薬、油汚染調査 事業登録• そのため、除去、封じ込め、囲い込みなどの中から、どのような処理をすればよいか事前に把握することができます。

タツタ電線

😜 1962年(昭和37年)1月25日 - 電力ケーブル工場新設に着手(同年9月に完成)• 2009年(平成21年)7月 - 株式会社タツタトレーディングをタツタ物流株式会社に商号変更し営業開始(現、タツタ ウェルフェアサービス株式会社)• 『タウンページ』はの登録商標です。

17
会社名:会社名に誤りがある場合教えてください。 設立:設立組織・組合を教えてください。

株式会社タツタ環境分析センター神奈川事業所|Baseconnect

☏ gooタウンページをご利用していただくために、以下のブラウザでのご利用を推奨します。

5
2003年(平成15年)10月 - 株式交換により、丸豊電線株式会社を完全子会社化• 一般環境大気、公共水域水質、地下水質、土壌、底質、排出ガス、 排出水、焼却灰その他の燃え殻およびばいじん、作業環境• なお、電子材料事業の主力商品である向け シールドフィルムでは、世界シェア8~9割を有している。