さて ある べき に て あら ざれ ば 意味。 さてしもあるべきことならず【然てしも有るべき事ならず】〔連語〕

かざしの姫君(校註日本文學大系)

☘ ) [連用] 此の一つにておしはかる べし。 「文脈」という言葉を、「なんとなく雰囲気的に」という言葉の言い換えにしてはならない。 (冨倉徳次郎『平家物語全注釈(角川書店 1966)』による) この書の底本は市立米沢図書館蔵の『平家物語』なので、原本の表記を確認してみました。

19
ホストからの要求に応じて、HTMLファイルや画像ファイルを送り返す。

「ずんばあらず」という読みの意味は?

😃 【18】欲望と信心 仏法の方に、施入物の多少にしたがつて、大小仏に成るべしといふこと。

するは一時名は末代 するはいっときなはまつだい 意味 つらい嫌な事でも一時我慢してやれば済むことであり、するべき事をしないでいれば、不名誉は後々まで残るの意で、するべきことは、苦痛であってもしなければいけないという教え。

かざしの姫君(校註日本文學大系)

🤲 たとひ自余の教法すぐれたりとも、みづからがためには器量およばざれば、つとめがたし。 【8】念仏は非行・非善なり 念仏は行者のために、非行・非善なり。 【9】同じこころ 念仏申し候へども、踊躍歓喜のこころおろそかに候ふこと、またいそぎ浄土へまゐりたきこころの候はぬは、いかにと候ふべきことにて候ふやらんと、申しいれて候ひしかば、親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。

6
これを訓讀する際、否定語は下から反讀しなければならないし、又「敢」「堪」「如」「曾」などの字の訓法にも、本來のその和語の意味からずれたものもあつて、この類の熟語の訓讀には、訓讀特有の語法を形成するものが多いのである。 さればとて、身にそなへざらん悪業は、よもつくられ候はじものを。

3 Minutes Networking No.45

😍 実際にみることができるんですか? うむ。 悪事のおもはれせらるるも、悪業のはからふゆゑなり。 」とこま\〃/と 囁 さゝやきければ、 姫君思召しけるやうは、とても忍びはつべき〔隱しおほせる〕事ならねば、語らばやと思召し、恥かしながら、 始終 はじめをはりの事どもを、殘りなくきこえければ、乳母あさましく思ひけり。

5
【4】慈悲のかわりめ 慈悲に聖道・浄土のかはりめあり。

【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】

🤝 ] [釈蓮如](花押). 」(「向陵誌」明治23年2月24日木下校長訓辞) 自ら治むる精神の 凝りかたまれる團結は 山なす濤もうち碎く 巌に似たる力あり 3番歌詞 (城も櫓も、剣も楯も、そんなものは要らないのだ。 」(「一高自治寮60年史」) 「苟も此惡風に染まざらん事を欲せば宜しく此の風俗に遠ざかり、此書生との交際を絶たざるべからず。 当持五戒自帰於三。

」と読みます。 0は、 そのマシンが持つすべてのインタフェースでという意味。

旧制第一高等学校寮歌解説ー全寮寮歌

👐 若し人、戒を持てば、多く諸天威光を増足す。 」と読んでおられるわけですが、これまでの資料を踏まえると、あるいは次のように読む方が適切なのかもしれません。 しかるに、平安中期以後の漢文訓読文では、下に助動詞が接続する場合に「ざる」が用いられるのは勿論であるが、初期では「ぬ」が使われていた連体修飾、準体言、係り結び、連体終止の用法にも、「ざる」が使用されるようになり、結局、漢文脈ではあらゆる用法「ざる」を使用するようになったのである。

人、戒を持(たも)たざれば、諸天減少し、阿修羅(あしゅら)盛(さかり)なり。

自戒 │ ことわざ辞典

😚 信ぜざれども、辺地懈慢・疑城胎宮にも往生して、果遂の願(第二十願)のゆゑに、つひに報土に生ずるは、名号不思議のちからなり。 ただ自力をすてて、いそぎ浄土のさとりをひらきなば、六道四生のあひだ、いづれの業苦にしづめりとも、神通方便をもつて、まづ有縁を度すべきなりと[云々]。

1
疾疫行ぜざるなり。

古典についての質問です。「さてあるべきにあらず」

🤫 例のごとく樹上に巣をつくっている 和尚を見上げて、 「何と危険なことではございませんか」 と声をかけました。

9
つまり、親鸞は「末法無戒」という立場からこの文を引用したのであり、それゆえに、本来の「五戒十善」の注という文脈から外そうとしたと考えられよう。 野の末山の奧までも、 誘 いざなひ給へかし。