雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・原文

🎇 定子様はそれを尋ねているんだわ。 現代で「なお」という接続詞には、「ちなみに」と同じ「補足」の意味があるので、混乱しやすいかもしれません。

」とおっしゃるので、 御格子あげさせて、御簾(みす)を高くあげたれば、笑はせたまふ。 なほ、この宮の人にはさべきなめり。

『枕草子』の現代語訳:143

✌ 人々も、「さることは知り、歌などにさへうたへど、思ひこそよらざりつれ。 まず中宮定子に清少納言はお仕えしている、という事は理解できていますか? 中宮ですから、簡単に言えば天皇の妻ということになりますね。

5
「今日来む」というあの歌の筋を踏まえた言葉であるらしい。 その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・原文

☏ 御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。 明暮のほどに帰るとて、「雪、何の山に満てり」と誦(ず)じたるは、いとをかしきものなり。 『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」の用言と助動詞の品詞と活用形! 「雪のいと高う降りたるを」の用言と助動詞は、以下の赤字部分です。

13
ポイントとするならば、やはり「何で清少納言はすだれを上げたの?」という問題は外せませんね。

雪のいと高う降りたるを

😇 」と、帝はおっしゃられた。 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子(みかうし)まゐりて、 雪がたいそう高く降り積もっているに、いつもとは違って、御格子をおろして 炭櫃(すびつ)に火おこして、物語などして集まりさぶらふに、 炭櫃(囲炉裏)に火をおこして、(女房達が)話などして(中宮定子のそばに)集まってお仕えしていたところ、 「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪、いかならむ」と仰せらるれば、 「少納言よ、香炉峰の雪はどのようだろう。 そのため、彼らはそばに仕える 女房として優秀な女性を送り込み、定子・彰子をバックアップさせました。

19
(私(作者)が女房に)御格子を上げさせて、御簾を高く上げたところ、(中宮定子が)お笑いになる。 その頃、また、同じ物忌のために、そうした所に退出すると、二日目のお昼頃、とても退屈な気持ちが強くなってしまって、今すぐにも参上したい気持ちになっていたその時、中宮様からのお手紙がきたので、とても嬉しい気持ちで読んだ。

雪のいと高う降りたるを・枕草子 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

😝 「今日の大雪を、どうしておられるかとご心配申し上げながら、何ということもない用事の障りがあって、どこそこで一日を過ごしていました。 香炉峰の雪いかならむ。

5

「枕草子:雪のいと高う降りたるを」の現代語訳(口語訳)

🐝 (第二百八十段) 脚注• 285段 陰陽師(おんみょうじ)の所で使われている小さな子供は、とてもよく物事を知っている。 [ 現代語訳 ] 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って御格子をお下げして、角火鉢に火をおこして、話などして、集まってお仕えしていると、「少納言よ、香炉峰の雪は、どんなふうですか。

8
このように、その時にぴったりと合っている事は、なかなか言えないものだぞ。

【原文・現代語訳】東下り(『伊勢物語』より)

🤭 ポイント! ちなみにこの一文は、中宮定子が言った言葉「少納言よ。 このお話は、白居易の漢詩の一節「香炉峰の雪は簾をかかげてみる」を下敷きにしたもので、中宮様が「香炉峰の雪はいかならむ」とお尋ねになった真意は、「簾をあげて外の雪を見たい」ということなのです。

円座(ざぶとん)を差し出したけれど、一方の足を地面に下ろしたままで、鐘の音などが聞こえる頃まで、部屋の中でも外でも、こうして話し合っている事には、飽きるということがないように思われた。