ワールド フリッパー パーティー。 【ワーフリ】光パーティ組み方まとめ【ワールドフリッパー】

ワールドフリッパー パーティー構築方法|ナモ|note

😜 アビによる自己強化が豊富で、マナボ2も優秀。 2.テンプレパーティー構築の流れ あまり細かいことを一気に説明しても混乱すると思います、とりあえず既に実績のあるテンプレパーティーや、筆者のオート向けに安全マージンを取った構成を元に構築の説明をしたいと思います。

3
・虚城拳 偽りの人形姫イベントの限定武器です。 フィーバー軸強化のために星5タージェス、星5恒常ネフティム、星5クリスマスイナホが本当は欲しいのですが、いなくてもアニバネフティムが強いのでなんとかなるでしょう。

風属性直接攻撃編成

😜 コッコロと併せて使いたい。

潮老の槍と比べてバフ率は高いですが、渾身発動の条件が厳しく、自身のみのバフとなっています。 ・海淵の殻盾 ヤドリオーの紫コイン交換武器です。

【ワーフリ】光パ(光属性パーティ)のおすすめ編成【ワールドフリッパー】

📱 浮遊状態でギミック対応力が高い フィリア・オロウル・シルティー何れも『浮遊状態』を付与するスキルを持っています フィリアのHP管理も忘れずに フィリアのリーダースキル自体HP60%を割ってしまうと等倍火力になってしまいます。

4
筆者はスキルウェイトが軽く高速でスキルを連打する方がオートは安定すると判断してユナにしています。 スキルゲージUPもついているので、スキルアタッカーかシャススに持たせてスキル回転スピードを上げることができます。

【ワーフリ】光パ(光属性パーティ)のおすすめ編成【ワールドフリッパー】

😅・古王の拳 ルインゴーレムの紫コイン交換武器です。 そんな中、Twitterで「パーティーをどう組めば良いのかわからない」という声をちらほらと見かけるようになりました、残念ながら初心者にはわかりにくいこのゲームその辺りの説明が少ないのです。 コンボが稼げるのでパワフリも撃ちやすく、メインのダメージソースをどこに置くか真面目に考え出すと奥が深いです。

18
攻撃UP効果軸へのです。

【ワーフリ】おすすめパーティ編成【ワールドフリッパー】

🐝 1.パーティーの基本 ・リーダー(左・前)は特別な存在で「リーダー特性」がパーティーに影響していきます、このキャラクターを何にするかでパーティー全体の特徴を決めると言っていいでしょう。 (スキルダメージにパワーフリップのダメージは乗らないのでそういう重ならない効果を組み合わせるのはよくない) ・守備枠、当たり前ですが相手もダメージを与えてくるのでスキルに回復を持つキャラや、「〇〇耐性」や「味方をかばう」アビリティを持つキャラを配置する必要があります。

3
好きなキャラを使いたい!という願望もあるでしょうが組み方に慣れてから手を出した方が近道だと思います。

【ワーフリ】おすすめパーティ編成【ワールドフリッパー】

✍ 浮遊は付与できません。

11
貫通効果も付くのでダメージの伸びも良く、高難易度や周回におすすめです。 アタッカー以外に持たせられるところが優秀な武器です。

【ワーフリ】光パ(光属性パーティ)のおすすめ編成【ワールドフリッパー】

🤣 ダメージを伸ばす方法は奥が深く、スキルダメージ、パワーフリップ、直接攻撃力、コンボ数、強化コンディション数 用語はアプリのヘルプを参照)などの組み合わせになりますが単に同じ効果の強化を重ねるよりも、攻撃力UP+スキルダメージUPみたいな種類が違っていて強化する内容が重なる組み合わせを増やした方が効果は増します。 そこで解決策としてユニゾンの相方にはボスに向かうスキルを持つキャラを選びましょう。 ハナビが出すマルチボールは1度ぶつかったら消えるタイプです。

17
アタッカーに持たせましょう。 低 フィリアがいない場合の回復役として。

風属性直接攻撃編成

💅 詳しくは参照先の動画をご覧ください。 低 浮遊要員。 私もまだ全ては試せていないので、強そうだなと思うキャラから簡単に解説してきます。

13
スキル威力&回転 火のスキルアタッカーは、アニバハナビ、恒常ハナビ、ナシール、あとはロルフもスキルアタッカーとして採用されることがあります。 フィーバーしてもフィーバーパネルが出ないため、直接攻撃をガシガシ当てることができず、フィーバーパは向かい風です。

【ワーフリ】おすすめパーティ編成【ワールドフリッパー】

⚡ ロルフ 少し地味ですがパワフリキャラとしての順当な強化です。 スキルダメージへのバフはパーティ全体にかかります。

14
空き枠はディア、ラウル、カロあたりでフィーバー要素を伸ばしたり、ラーゼルトかジェラールで防御面の強化を図ったり、エクリールやリーラで渾身バフをかけたりできます。 スキルでダメージを与える編成ではないため、スキルダメージアップの優先度は下がります。