コロナ 手遅れ。 「日本は手遅れ」生物兵器の世界的権威が断じる理由 日本は急げ、「対外情報収集力向上」と「隔離船病院の導入」(2/4)

民医連の広報・調査資料

😩 しかし政府が1月31日に決定した入国の禁止は、発症者が多い湖北省のみでした。

相場の動きは読まない。

コロナ禍で「手遅れ」が増加…失明につながる本当に怖い「目の老化現象」とは――2020 BEST5(文春オンライン)

👀 そして次の事実が私たちを心底驚かせた。

20
一方、スポーツもケンカもしていないのに網膜剥離になることがある。

【新型コロナウイルス】コロナ変異種は驚異の感染力…緊急事態宣言すでに手遅れ|日刊ゲンダイDIGITAL

✔ 武漢市長が1月26日の記者会見で、「既に500万人が武漢を出た」と発言しているからです。 コロナ感染による死亡数は累計1万4000人近い。

7
危険が高まる前に未然に防ごうという、予防措置への強い「意志」の表れの表明でもあるからです。 東京都江戸川区にある二本松眼科病院副院長の平松類医師に解説してもらう。

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

♻ もし相手が新型コロナウイルスの感染者であれば、もはや「100%の確率で感染してしまう」と言っても過言ではない。 「被害局限」が重視されます。

この状態が後部硝子体剥離です」. 政府は1月の段階で大量の中国人を阻止しないで国内に入れてしまったので、今になって日本国内のあちこちで感染者が出てきている。 【関連書籍】 大川隆法著 幸福の科学出版 【関連記事】 2020年2月13日付本欄 毛沢東に仕えた中国・周恩来元首相 コロナウィルス蔓延、「罠にはまった」と告白 2020年2月10日付本欄新型コロナウイルスの真実を「霊査」 感染拡大の背景と「対策」は? 日本の梅毒感染者は20代の女性と30代から50代の男性の間で大量発生しているのだが、梅毒は2年連続で6,000人超えなのである。

コロナウィルス対策はすでに手遅れか:「予防」的観点が欠如する日本の危機管理 【HSU河田成治氏インタビュー】

😋 月刊「文藝春秋」2021年3月号および「文藝春秋digital」に 3人の医師のインタビュー記事 が掲載されている。

17
新型コロナウイルスに感染した風俗嬢が、仮に14日間フルで風俗の仕事をして1日4人の客と関わったとしたら、彼女は14日で56人の客に感染させることになる。

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

💢 何しろ風俗嬢の仕事は、表社会の人たちが言うところの「近隣の座席に座ったりした人」どころではないのだ。 しかし、すでに他の場所に広まっているのだとしたら、あらゆる場所でこの変異種との闘いを進めなければならない」 クレムスナー氏は、変異種については科学的にわかっていないことが多く、危険性も未知数だとしたうえで、こう指摘した。

8
その結果、硝子体は小さくなっていき、網膜から剥がれたり、硝子体の中に空洞ができたりしていく。

過度な自粛で「手遅れ」になることも…コロナ禍の“受診控え”で急増するかもしれない病気(文春オンライン)

💕 うつ(Depression)、認知症(Dementia)、せん妄(Delirium)の「3D」は関連しており、重なって発症することが少なくない。 4%で、久保田氏が「氷山の一角」と言うのも当然。

3
ねずみの件は初耳ですが ここは都合よく事実が捻じ曲げられているかもしれません。