コロナ 5 月 以降。 新型コロナウイルス感染症流行・5月の主な動き

新型コロナウイルス感染症流行・5月の主な動き

😔。 また、人が密集することなどを防ぐため、「入場者の整理等」を行う場合は、入場整理等の実施状況をホームページなどを通じて広く周知してください。 首都圏の4都県と北海道については解除を見送ったが、25日に改めて解除の可否を判断する。

17
東京都の新規感染者42日ぶりに20人を下回る(5月11日) 東京で新たに15人の感染者が確認された。 春夏連続の中止は初めて。

新型コロナウイルス感染症流行・5月の主な動き

😂 外務省が13か国に対し危険情報をレベル3に引き上げ• ただし病床数は2倍となっています。 なお申請時期はまだ未定ですが6月中旬ぐらいから行われるようです。

6
関連記事 目次• 5月の新型コロナ感染者・ニュースを時系列で振り返り 5月の主な新型コロナウイルスに関連するニュース・感染者数などを時系列で振り返ります。 東京の直近1週間の新規感染者78人に(5月20日) 東京で新たに5人の感染が確認され、累計の感染者は5075人となった。

英イングランド、5月以降コロナ感染50%増 インド型拡大で=調査

🎇 安全を見て政府の解除は3月7日の期限ぎりぎりになるかもしれない 2. 北九州市で感染経路ほぼ不明の感染者が、第2波への懸念 5月27日• その他の府県においても、施設の使用制限等の必要な協力の要請等があった場合は、府県の要請に従ってください。 英セントーバンズで昨年6月撮影。 6日間連続で新規感染が100人を下回った。

17
現在の感染状況の見込みでは、5月中にいくつかの制限緩和が実施される予定です。 3%)• 昼カラオケ等でクラスターが多発している状況に鑑み、例えば、昼営業のスナック、カラオケ喫茶など、飲食を主として業としている店舗において、カラオケを行う設備を提供している場合、当面、当該設備の利用は自粛するなど、府県の要請に従ってください。

新型コロナウイルスのニュース時系列まとめ/5月編:緊急事態宣言の解除・社会経済活動を段階的再開・第2波に懸念

👀 経営者は事業に投資をする役割を任された人です。 県民への協力要請等(法第24条第9項) (1)外出について• 第2段階は、商業施設や劇場・映画館、学習塾などの休業要請を緩和。

2
その内容は、「 2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」というものだった。 USJ臨時休業延長• 国内感染者100人を下回る(5月7日) 1日当たりの全国の新規の感染者数が96人(空港検疫含む)となり、4月以降で初めて100人を切った。

5月以降の一時支援金、月次支援金とは

💋 緊急事態宣言以降、最少人数(17日も)で、2週間連続で50人を下回るなど、大型連休明け以降の減少は顕著だ。

8
事業者は、在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進等により、出勤者数の7割削減に努めてください。 催物(イベント等)の開催(法第24条第9項)• 事業者は、業種別ガイドラインを遵守してください。

5月3日以降に外出制限緩和と中旬以降に美術館やテラス席の再開目指す、仏首相が会見【新型コロナ】 フランス/パリ特派員ブログ

👇 20時以降の不要不急の外出自粛を徹底することを踏まえ、事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制してください。

13
良いシナリオの例として「新型コロナが収まった今年の夏に東京オリンピックが無事に開催され世界中から観光客がやってきて経済が急に活気づく」ことを想定する必要があるかもしれません。

5月以降の一時支援金、月次支援金とは

🤲 入院率については、感染拡大に伴い療養者数が増加すると、入院できない自宅療養者数等が増加することとなり、入院者に対する療養者数が増加することから、医療の逼迫状況を把握するための指標として用いるものである。 この調査は国内で行う大規模調査の一つで、今回は10万9000人が対象となった。

5
20時以降の不要不急の外出自粛• 支給(不支給)決定 通知書を添付して申請ください。