艦これ ss 嫌われ 辞める。 【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル ブロマガ解説

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

🔥 」 キョトンと提督を見つめる青葉 青葉「え。 売らないですけど。

5
用が済んだら、速やかに退室したまえ」 夕張「……」カチ 提督「ハッ!」 夕張「……グスッ、こ、これ予想よりきます……」 提督「す、すまない」 夕張「いえ……これでわかりましたか?」 提督「あぁ、このスイッチの凄さがよくわかった」 夕張「さらにこのスイッチは対象となった人の好感度もわかるんです」ピラ 提督「ほう、私から夕張への好感度は……68か」 夕張「ちなみにこちらが目安ですよ」ペラ 0他人 10見たことはある 20顔見知り 30たまに話す 40同僚、同級生 50友達 60親友 70気になる 80好き! 90だーいすき! 100愛してます キリッ 提督「ふむふむ……しかし先ほど抱いた嫌悪感は他人どころではなかったぞ」 夕張「そりゃこのスイッチは好感度を-250まで下げますからね」 提督「なんと」 夕張「まあこんなところですか」 提督「うむ、だいたいわかった。

5年以上続けてきた『艦これ』を辞めることにしました

😘 この程度で疲れるなんて」 鈴谷「そーだよー提督ー」ニヤニヤ 提督「いや俺はお前ら二人の相手をしてるわけだからな!?」ツッコミ 鈴谷「にっひっひっひ!」 鈴谷「でも今日の提督はずいぶん積極的だったじゃーん?」 提督「はっはっは、そりゃあまぁなwwwww!なんつったって今日で提督を辞めるんだからな!そりゃあテンションも上がるわいwwwww」 鈴谷「え・・・・・・」 熊野「・・・・・・」パリン 提督「・・・・・・」 提督「(・・・し、しまったー!?酔いが回って口がすべった!あばばばば)」 熊野「・・・提督、いまなんとおっしゃって?」ユラッ 鈴谷「・・・」スッ 提督「え、えっと、その・・・(ど、どうしましょうどうしましょうどうしましょう・・・こうなったら!)」 提督「す、すまん今のは冗談だ」アセアセ 提督「こう言ったらお前らがどういう反応をするかと思ってだな・・・」オロオロ 熊野「・・・・・・」 鈴谷「・・・・・・」 熊野「なるほど、そういうことでしたの。

してあげる!」 川内「私が10数えるからその間に逃げてね」 提督「え・・・」 川内「ただし。

提督「裏切られても、信じたかった」

📲 いっつも、罵倒してばっかりで…手伝い、もしないで…」 霞「ううっ……グスッ……うえぇ………」 瑞鶴「うわっ何これ、提督さんの部屋の扉壊れてるし…!霞ちゃん?なんでこんなところに…ってかなんで泣いてるの!?」 霞「私のぜいで…っ司令官がぁ…司令官が…!」 瑞鶴「泣いてたら分かんないから!一旦落ち着いて!」 瑞鶴「ええぇぇぇぇぇぇっ!?提督さんが辞めたぁ!?」 霞「…うん。 ツイてないな)」 霞「なに?黙っちゃって。 普段貴艦らには激務を強いている、大目に見よう……摩耶、今日はもう朝食を取りに行っていいぞ」 摩耶「あ、あぁ……」スタスタ 夕張『提督、どうやら食堂から金剛さんが出たようです、いま正門へ向かってますよ』 提督 ふむ、やはり夕張の指示は助かるな、さて、食堂から正門へ 通じる通路で鉢合わせるには…… 金剛「フンフンフーン……」 提督「む」 金剛「あ」 提督「金剛……その様子からして起きていたようだな、何故朝食にでなかった」 金剛「……」 提督「何か事情があったのか?それなら今からでも報告をしてくれ、体調不良などであれば……」 金剛「Shut up. 「まるゆ」は1隻のみ運改修には使わず出撃させていました。

5
」 提督「なに?」 夕張「先も言った通りこれは妖精さんが異次元から拾い上げたものを私が独自に改造したもので、壊れないことと元どおりスイッチで必ず戻ること以外よくわかっていないんです」 提督「なるほど、まあそんなものか」 夕張「で、押しますか?」 提督「うむ」 夕張「ほう!では誰のことを考えて押しますか?」 提督「もちろん全員だ!」 夕張「素晴らしいです!一片の迷いもありません!」 夕張「でも、本当にいいのでしょうか」 提督「というと?」 夕張「例えば、例えばですけど……」 ーーー ーー ー いや、最近艦これスレってこと艦娘安価で荒れるやん?だから艦娘安価だけは予防線張っておいたの 提督「ふむ、では一人だけ対象から外してみるか……しかしその場合夕張は?」 夕張「あ、私はデータを取るために開発室に引きこもって監視カメラから拝見させていただきます、元からそのつもりでしたし」 提督「ふむ、わかった。

[B!] 提督「提督辞めようとした結果www」 : あやめ速報

😈 偉い人たちが言いたいことは尤もです」 元帥「…本気かい?」 提督「はい、断ったら面倒なことになりそうですし…艦娘の娘達に迷惑はかけられません」 元帥「でも彼女たちは…」 提督「誰かの意思とか、今はそんなことを言ってる暇ではなさそうですしね…元帥が直々に相談してくる時点で、諦めますよ」 元帥「…私は、君が一言いってくれれば」 提督「いいんですよ、そちらも色々大変なようですし、従って事が円滑に進むならその方がいいじゃないですか…」 元帥「…ごめん…本当に、ごめん」ドゲザ 提督「や、やめてくださいよ!そんなに軽い頭じゃないんですから!!」 元帥「…」 提督「…正直、こんな形で辞めることになるのは悲しいですが、仕方がありません」 提督「但し、一つ条件があります」 元帥「…なんだい?」 提督「艦娘の娘達を、よろしくお願いします…彼女達を、守ってください…」 元帥「…分かってる、約束するよ」 提督「それと…」 元帥「…?」 提督「これから私がすることに、一切口出ししないでください」 元帥「…それはどういう…?」 提督「…すぐに分かります。 ) 目を覚ました所は、大浴場だった 外壁は黒曜石で出来ており、蛍光緑の照明が怪しく光っていた 浴槽には氷のように冷たい水が張っていた (でも. なんか後半わけわけめになってるけど」 川内「ふぅん? で、二人にやるの?」 提督「そうだな、とりあえず視界に入ってしまったしな」 川内「私は? どうする?」 提督「んー、手伝ってもらう時はまた呼ぶから帰っていいよ」 川内「うぃ。

艦これを辞めることにしました。

提督「どんな質問にも素直に答えてしまう薬」【艦これSS】

☭ 逆らえば極刑は免れないでしょうね」 少将「だろうな。 さらに2時間後・・・・・・ ヒトハチマルマル 時雨「スヤスヤ」zzz 夕立「スヤスヤ」zzz 提督「・・・・・・」ムクッ 提督「・・・なぜ目覚ましで起きれなかった?」 提督「んな!?俺の腕時計が粉々に!?いったい何が・・・」 提督「いや、そんなことよりいまの時刻は・・・18時過ぎ・・・まあやる事はないから問題ないか」 提督「なんか指がふやけてる気が・・・まあいい、とりあえず行動開始とするか」スタッ ドアガチャ キョロキョロ. 正確には165日ぶりでーす」キャピ 提督「本当かそれ?ずいぶんと正確に覚えてるんだな」 鈴谷「ほんとだよ。

4
島風「・・・・・・」 島風「・・・」グスッ 島風「(どうしてこうなっちゃったんだろ・・・)」 島風「(私は提督が好きで構ってほしかっただけなんだけどな. だった。 」 提督「ちょっと待って後半おかしい」• 荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

🎇 提督「」ポカ-ン 提督「・・・・・・」 提督「・・・」 提督「まさか川内とキスすることになるとは・・・ちょっとドキッとした・・いやかなりドキッとしたな・・・」 提督「だけど・・・すまん川内・・・お前のファーストキスの相手は今日でいなくなるぞ・・・」白目 提督「ちなみに他の艦娘に何度もキスされてるからファーストキスでもない・・・本当にすまん・・・」白目 提督「・・・」 提督「とりあえず飯を食べよう・・・そして少ししたら鈴谷たちの部屋だ・・・」 パクパクモグモグ ゴクゴク. でも、目の前でもくもくと立つ煙がそうはさせてくれない 青葉『流石しっかりしてるだけあって呑み込みが早い』 提督 こいつ キリキリ 天津風「い、いや…やだ…私の…せいで…」 私のせいで提督は死んだ。

17
あちらに着いた後は彼女を頼ってくれ」 少将「. またボクを頼ってよ。

提督「…辞めて欲しい?」

❤️ 私達は隠れるので!」• いけばいいんだろいけば。 なんかその人形引っかかるけど」 佐世保提督「やっぱり最初は秘書艦かな? 」バタム 天津風「……ぁえ?」 提督「ごめんなさぁぁいッ!」スライディングドゲザ 天津風「あ…なた………? さすがに全てを辞めるつもりはありませんけど、時間をもっと削りたい場合は両方とも辞めることになるかもしれません。

13
」 連装砲ちゃん「キュー…」 島風「な、んで…あは、あはははは…」ポロッ 島風「私…のせいだよね…私…普段から提督に速く速くって言ってきたのに…」ポロポロ 島風「こんな事…速くちゃ…ダメ…」ボロボロ 島風「うわあああん! 書類の山「明日までだぞ」 提督「……辞めようかな」 提督「仕事多くてまともに寝れねぇし艦娘に会いたくて提督になったのに嫌われてるし秘書艦やってくれる瑞鶴には感謝するけど給料少ねぇし!」 提督「こんなブラックな仕事辞めてやる!」 提督「ハッハッハッハッハ!そうと決まればさっさとこんなところからはおさらばだぜぇ!」 提督「こんな日のために少ない給料を貯めに貯めたこの資金があれば少なくとも1年は普通に過ごせるぞ!」 提督「いやっほ~う!3年ぶりに家に帰れるぜぇ!ワハハハハハハ!!」 提督「あ、とりあえず手紙書いとこ」 手紙「いいかげん疲れたし嫌われてるっぽいんで辞めます by提督」 提督「こんなもんでいっか!元帥さんにも電話かけたしええやろ!さーて帰ったらなにすっかなぁ!」 霞「クズ司令官!朝よ!起きなさいったら!」 霞「…聞こえてるの!?朝よ!」 霞「……そう!聞こえてないふりね!なら無理やり入るわよ!」ドアハカイ! 薬だったな」 明石「はい。 ちゅうかクリフォとか聞いてないっちゅうねん」 漣「大丈夫大丈夫。

【夕立SS】提督「提督辞めようとした結果www」【加賀・霞】

💓 本当に極々稀にだけど。

3
提督「はあー・・・」スタスタ 提督「しかしなぜこんなに艦娘と出会うんだ・・・わさわざ人通りの少ないところを歩いているというのに」イライラ 曙「提督!」 提督「うん?」クルッ 曙「えへへ」トテトテ 提督「(くっ、次から次へと・・・)」イライラ 曙「私今日ひとりでいろいろな部屋を掃除してるのよ、偉いでしょ?」ニコニコ 曙「提督に褒めてもらいたいから頑張って「うるさい!」 スタスタスタ. 渡っちゃうっぽい」タタタ 提督「ちょ」 そのまま渡りきる夕立と横断歩道に進入出来なかった提督 夕立「てーとくさーん!急いでー! 新規スタート時に、駆逐艦の中から初期艦を選択するのですが、その艦は既にいません……。 」 渡されたのはヲ級のスーツだった 私はその服に着替えた (結構ピチピチなのね) それから私は、港湾棲姫に連れられ、応接室のような所に入った 中には長椅子が対になって置かれており、向かい合うように座った 離島棲鬼「貴女はかつての名前を憶えていますか?」 私の名前. 何言ってんですか。