朝日 新聞 リストラ。 朝日新聞「希望退職100人募集」のリストラ事情【社外秘の労組アンケート結果付き】(2021年3月27日)|BIGLOBEニュース

朝日新聞、平均年収160万円減少へ 大盤振る舞いの早期退職制度を復活

👈 賃金とは会社からではなく、社会から与えられるものであると捉えれば、これまでのと親和性を生かし、これからの社会に求められる領域に進出するのは自然の流れだ。 これにより、村山長挙社長以下幹部が辞任後、村山長挙と上野精一が公職追放となる。 そして21年1月、希望退職者の募集を開始。

7
日頃のニュースは新聞ではなくテレビやスマホを見れば十分ということなのだろう。

朝日新聞が創業以来の大赤字に 人員削減不可避(篠原勲氏のOSI会員向け記事転載)

😅 起業の仕組みは整ってきているし、によるをビジネスとしていく道も広がっている。

18
引用元 売上高は、企業の目的たる商品・製品などを販売またはサービスによって得た代金のことを言い、経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のことを言う。

朝日新聞の売上高と経常利益がどんどん右肩下がり!!その対策はリストラという焼畑農業!!日経新聞は頭を使って利益を増やしているのに…新聞労連の南彰さん、今度こそ朝日新聞に対し、デモをやってください!!

🙂 これも含めて23年度までに計300人規模で募るようだ。 朝日新聞もウェブメディアなども確かにあるが、弱い感がある… すでにニュースは基本的には紙やテレビではなくウェブ中心、購読単位も新聞社ごとではなく記事ごとになっていると思う。

1
今春の人事は45歳以上の社員で露骨な左遷ではないかという異動が散見され「嫌なら希望退職者募集に応じて、辞めてもらっていいんだよ」的な、会社の意図を感じます。 特定社名を挙げているタイトルではあるが、報道産業全体が直面する課題だ。

朝日新聞、平均年収160万円減少へ 大盤振る舞いの早期退職制度を復活

✌ 売り上げで見ても朝日のようにはなっていない。 少子高齢化等を背景に購読者数が減少し、それが経営を直撃しているのだ。 「これだけの格差があるのに、受益者負担でまかなえというのは理不尽だ」と、久田教授。

20
社内でも来春闘について「賃上げが厳しいならば、手当を要求すべきだ」といった慎重論が出始めている。 本誌7月号でお伝えしたように、徳島新聞は県内シェアの8割を押さえるガリバーゆえだ。

【リストラ】朝日新聞社、300人の希望退職検討

☝ 朝日新聞は無策!?売上高等の減少が止まらない 新聞業界が苦境に立たされている。 第一に、人口減少社会に入り、日本語の新聞を読むマーケット自体が縮み続けている。

朝日新聞社が2023年度までに社員計300人規模の希望退職の実施を検討していることが2日、分かった。 2020年9月中間期の売上は1,390億円(前年同期比22. そこに対してお金を払う人はいないだろう。

朝日新聞「希望退職100人募集」のリストラ事情【社外秘の労組アンケート結果付き】(2021年3月27日)|BIGLOBEニュース

🎇 47 神奈川新聞 41歳 353,842 1,100,000 921,000 13,300 2. 71 日刊スポーツ新聞 35歳 1,314,821 1,301,229 -13,557 化学工業日報 35歳 304,400 864,750 648,505 35,075 2. 30歳で88万、40歳で192万ということだから、50歳以上なら相当な額となってくるだろう。 また、「社員OBの無料購読廃止」についてもに掲載された。 ただ、額面1200万円の同社の平均給与からすれば、45歳以上であれば単純計算でも年におよそ500万円の退職金の先取りができるため、月に30万円程度の手取り収入を10年間確保できる計算になる。

19
若者よ、もはや正規雇用されることが安定した人生ではないことに早く気付こう。

朝日新聞「希望退職100人募集」のリストラ事情

🌭 23 岩手日報 35歳 356,667 1,229,550 1,064,494 -25,616 2. だって情報は人に宿るのですから。

16
さらにデジタル化が進んだことに、朝日は、間違って対応している。 「産経新聞」「毎日新聞」、共同通信などでも人員整理が加速しています。