ダイエー。 サービス/製品一覧

ダイエーの経営戦略失敗

⚔ 3月1日 - 「北海道スーパーマーケットダイエー株式会社」を「株式会社グルメシティ北海道」に、「株式会社セイフー」を「株式会社グルメシティ関東」に、「株式会社サカエ」を「株式会社グルメシティ近畿」に、「九州スーパーマーケットダイエー株式会社」を「株式会社グルメシティ九州」にそれぞれ商号変更。

2
0600 - 0602 旧:ダイナハ 0700 - 0710 旧:ディー・ハイパーマート 0711- [ — ] ダイエー 4000 -? 鳥羽社長が、自身の保有株式の売買に絡む疑惑から引責辞任し、取締役に。

赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる:長浜淳之介のトレンドアンテナ(1/6 ページ)

🤛 しかし2月にも再度の赤字決算となり収益改善が急務となる。

4
大阪・江坂の事務所は江坂オフィスセンター(EOC)、東京・浜松町は浜松町オフィスセンター(HOC)という名称であった。

ダイエー

😗 9月 - プランタン三宮・プランタンなんばをダイエーに吸収し直営化。 ウォルマートによる売却報道が飛び出た西友は、毎日安売りをするEDLP(Everyday Low Price)で苦戦している。 [ — ] 旧:グルメシティ関東・グルメシティ近畿 旧セイフー・旧サカエとして開業した店舗を中心に付与されている。

5
4月 - ()に本社機能の一部を移転。

赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる:長浜淳之介のトレンドアンテナ(1/6 ページ)

♥ 社長の中内はA案とB案を持ち帰り、一週間ほど悩んだ挙句、オレンジのカラーを気に入り、B案を採用することを決めた。 1957年実業家のが大栄薬品工業として。 なお、「」に代替品が存在しない一部商品については、ブランド名が付かない単なる「ダイエー開発商品」として販売が継続されている商品も存在する。

12
- 食品におけるダイエー開発商品の新ブランド「 おいしくたべたい!」の発売開始。

赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる:長浜淳之介のトレンドアンテナ(1/6 ページ)

☢ その含み資産を担保にして、急速に店舗の拡大をしてきたわけですね。

19
のようにし、パッケージによってロゴの地の色を変えている。

ダイエーとは

☣ 1993年の日経ヒット商品番付に選ばれている。

13
[ — ] マルエツ• 10月28日 - ドーナツ専門の「ドーナツアーツ」1号店を古川橋店の店頭に開店。 までの約30年の長期に渡り、ダイエーグループのスーパーマーケットで使用された。

後継に失敗したダイエー中内功、「最後に“人”を残したい」発言の虚しさ

✍ 2006年にがとなる。 ダイエーの歴史に詳しい読者ならピンとくるかもしれない。 当時のインスタントコーヒーは湿気やすい蝋引きのパックであったのに対し、アルミパックで販売したため、常にサラサラの状態が保たれ、飛ぶように売れた。

12
4月18日 - 第1回「お客様重役会」募集(5月16日、13名が決定)。

サービス/製品一覧

👣 11月23日 - 1号店「釧路店」を開店 1990年代 [ ]• 4月1日 - 社員共済会「若葉会」スタート。 この年、家電製品の価格設定をめぐる対立から、松下電器産業(現・)に出荷を拒否され、と呼ばれる対立へとつながった。

11月30日 - 都城ショッパーズプラザ(都城店・現)を開店。 同時に、ダイエーの社内食堂を運営する業者でもあった。