夜 に 賭ける 歌詞。 スピッツ 夜を駆ける 歌詞

夜に駆けるの歌詞の意味と解釈を徹底解説!怖いと言われる理由も【YOASOBI】|サウンドワン

😍 希望が絶望に変わった瞬間だと解釈できます。 「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る ここから考察できるのは主人公は屋上で出会った彼女が死に支配されていたとしていましたが、 実は死に支配されていたのは主人公の方で、 主人公にとっての「死神」は彼女だったのではないかと考えても良いのではないでしょうか。 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 〜 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく (歌詞引用元:) ここでまた登場した無数の蝶々。

12
また、クリエイター『 藍にいな』が製作したMVも注目のポイント。 小説タイトルから 「自殺」をテーマに描かれた物語だと考えられます。

夜に駆ける/YOASOBIの歌詞

👍 しかし、コスモスを握り彼女は破り散らします。 蝶々にペンを突き立てる主人公 主人公の前をひらひらと飛ぶ一匹の蝶々。

「変わらない日々」は何度助けようとしても死に支配され続けた彼女。

「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る

👊 原作の展開を踏まえながらも、歌ならではの仕掛けと言葉の音楽性(響き、リズム)を非常に高いレベルで両立させたのが「夜に駆ける」だと言えると思います。 作品名は「夜に溶ける」 夜に駆けるの歌詞の意味・解釈 それでは歌詞の意味と解釈をひもといていきましょう。 歌詞を見てみると彼にも限界がきていることが分かりますよね。

8
その死神は誰にでも見える訳ではなく、 彼女の様に「タナトス 死神 」に支配されている人間が稀に見られるという症状の様です。 彼女の儚げな姿がとても印象てきです。

夜に駆ける/YOASOBIの歌詞

🙃 そして原作の作品名である「タナトスの誘惑」の「タナトス」の意味ですが ギリシア神話の死神であり、精神分析用語では「死への誘惑」とされています。 最後に 恋をした末に命を自ら絶ってしまったYOASOBIの「夜を駆ける」。

6
いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 男性は彼女に明るさを求めます。 恐らくこちらの一文から曲名へと引用したのかと思われます。

「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る

💢 タノトスの誘惑について この曲の歌詞の意味と解釈を理解するためには、まずは小説を読んでみることが一番の近道になります。

9
横たわる主人公の手を握るのは一緒に飛び降りたはずの彼女。 試聽 在 KKBOX 中開啟 夜に駆ける 作詞:Ayase 作曲:Ayase 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく. 色彩の良いイラストに釣られて再生をクリックし、鮮やかな鍵盤と幾田さんの歌声に一撃で魅了された私ですが、ルーツを調査し小説の世界観を歌で表現していると知って更に感激しました。

夜に駆ける 歌詞「YOASOBI」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

🤚 タノトスの誘惑の原作者は? タノトスの誘惑を執筆したのは星野舞夜(ほしのまよ)さんという現役の大学生となります。

3
2サビまで 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 惚れて(惚れる) すっかり心を奪われるまでに、異性に夢中になること。