コロナ ウイルス 武漢。 【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

武漢ウイルス研究所は米国の助成金を使った? 流出説の高まりで窮地に陥る2人の米国人

🤜 あわせて読みたい関連本• 中国が故意に流出させたということではなく、アクシデントとして流出した可能性があるという考えだ。

7
(記者) WHOの調査で、新型コロナウイルスの発生源について、これまで何がわかっていて、何がわかっていないんでしょうか? (博士) 新型コロナウイルスは、コウモリの個体群から見つかりました。 同じウイルスではありませんが、私たちが知る限り、最も近い種類のウイルスであり、新型コロナウイルスも、中国国内で発生したことは、論理的に考えられます。

新型コロナウイルス「武漢研究所流出説」、たとえ立証されなくても「中国に不利」だ(現代ビジネス)

😗 NIHが武漢ウイルス研究所に研究助成し、その資金を使って、コロナウィルスに遺伝子操作が行なわれた可能性があるというのだ。 インドの科学者は2019-nCoVウイルスの中にHIVのようなウイルスの挿入物(アミノ酸配列)を発見した。

2
研究員の症状の重症度に関する新たな情報が明るみに出たことで、新型コロナウイルスの発生源に関する論議が再燃する可能性もある。

【新型コロナウイルス】武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性|日刊ゲンダイDIGITAL

🤙 また、広場では路上ライブが行われていて、訪れた人たちが輪になって楽しむ姿も見られました。 「ノーベル賞受賞者の言うことだから正しいだろう」と反射的に飛びつく前に、一般的と思われる言説とズレた特異な言説に対しては、いったん評価を保留し、他の専門家たちの評価も確認してみる手順が大事だ。

15
長年にわたってエイズを研究してきた有名な専門家によると、王廣発氏が言及した薬は抗HIV薬「アルビア(カレトラ)」と呼ばれている。 新型コロナウイルスは動物と人との接触を通じて感染が広がった可能性が最も大きいとする見方は現在も変わっていない。

ノーベル賞博士が断言!コロナは“武漢発”人工ウイルス

👇 ハクビシン、ヒトコブラクダ、センザンコウ、ジャコウネコなどが中間宿主になって人に感染を広げたと考えられます。

2
2014年からオバマ政権は機能獲得実験に対する連邦助成金の提供を中断していたが、2017年に危険なウイルスの研究を監督するP3COを設けることで機能獲得実験に対する連邦助成金の提供を再開した。 米国人は金銭を信じ、マスコミを信じている。

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

⚔ しかし、そこから漏えいしたことを示す具体的な根拠情報は当時まったく出てこなかった。 1月31日、ツイッターユーザーアナンド・ランガナサン(Anand Ranganathan)氏はツイッターで次のように書いた。 その代わり、夜や夜明け、日が暮れる頃、または曇った天気の日に風向きが安定した状態で使用してこそ、エアロゾールを目標地域に向かわせることができるという。

11
中国が2015年からコロナウイルスの軍事的可能性を考慮したというこの最新報告では、新型コロナウイルス感染症の原因に関する新たな懸念を呼び起こし、一部の当局者は新型コロナが中国の研究所から流出した可能性があると疑っているという。

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

🙏 つまり、2019-nCoVウイルスの感染性はHIVと同じであり、その毒性は依然としてコロナウイルスによって決定される。

6
ノーベル賞受賞者として知られるフランスの リュック・モンタニエ博士が、同国のニュース番組「C-NEWS」に出演(4月17日)し、 新型コロナは人工ウイルスだと断言した。