東京都 死亡数 コロナ。 新型コロナウイルス感染症に関連した死亡者の情報 東京都福祉保健局

新型コロナ死亡者数急増の謎と不安をあおる不透明な情報:日経ビジネス電子版

📞 結局、どういうことなのか。

10
今後、人口動態統計の死因別死亡者数が集計・公表されれば、この時期に肺炎など呼吸器疾患による死亡が特に多かったのか、それとも、全般的に死亡が多かったのかで、超過死亡の要因ももう少し明らかになるだろう。

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(1622報)|東京都

😄 つまり、インフルエンザ迅速把握システムで公表されている死者の異常値は、新型コロナでの死者である可能性が高いということです。 時系列のデータというのは、被害状況の変化そのものであり、今回の場合は、注視しなければならない指数関数的変化そのものであり、懸念されているオーバーシュートを測る指標そのものだからです。 志村けんさん、岡江久美子さんは、お二人とも「国民的」と冠せられるほどの超有名人です。

20
そこで今回は、例年より死亡者数がどれぐらい多いかを示す「超過死亡」から実態を検証してみたい。 海外向けには突合作業中を除く死亡者数を報告 全都道府県分からの集計から、突合作業中の30名を除く人数が厚労省の公式見解であり、されています。

新型コロナウイルス感染症に関連した死亡者の情報 東京都福祉保健局

🤗 コロナ関連のニュースをまとめたVTRに、予算委員会で「19人から171人問題」が取り上げられている映像が混じっていたのだ。 そして、この異常さの割に日本全体の死者は少なすぎると思いませんか? 5月16日現在、新型コロナでの日本の死者は、700人ちょっとです。

7
一方、あなたの家族に、新型コロナウイルスで重症化しやすい人がいたら、その人にうつさないように対策を行ないましょう。

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。6月21日、新規死亡者1人。

😍が、この世界的な歴史的な災厄に際し、その処し方において明らかに台湾、韓国に劣っていたことは間違いないことです。 つまり、陽性患者はPCR検査をすればするだけ増えるわけで、陽性患者を分析することは全体の中の一部を抽出して分析することになってしまい、正確さに欠けます。 現場のワークフローは知らないのでこれは推測ですが、たとえば国政選挙の結果は総務省のサイトに掲載されています。

逆に言えば、日本は世界標準の感染症対策を行っていないということです。

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。6月22日、新規死亡者5人。

✆ 今回のそのデタラメだらけのデータの中でも、特に「死者数」をターゲットにして、ご説明したいと思います。

その少ない人数で、コロナ感染の電話相談に加え、検体運搬、感染疑いのある人の経過観察、感染経路や濃厚接触者の調査などの業務を行っているのだ。 その頃は「オーバーシュート」だの「感染爆発」だのと、感染者数に日本中が注目していた時期だ。

#東京都コロナ死亡者数 直近7日間年齢階級別、月別。7月7日、新規死亡者3人。

☎ この1週間の死亡日から発表日までの平均所要日数は14.8日です。 閾値と呼ばれる「通常値の上限」を30〜40人も超える週が、5週間も続いているのです。

だいたい感染状況の把握は誰の責任のもとで行われているのか? 情報の不透明さが招いた混乱 メディアには発表されたものをただ横流しするだけではなく、社会に混乱が生じている根本原因を突きつける報道を最初から徹底してやってほしかった。

「統計上はコロナではないが…」東京の4月死亡者数は例年より1000人以上多い 累計のコロナ死者は120人なのに…

♥ 今回修正された厚労省が毎日発表する感染状況の資料にも、「症状有無確認中が続発している」という情報はいっさい書かれていない。 欧米に比べ、日本における新型コロナウイルスによる感染症の死者数の圧倒的な少なさが各国で驚きを持って伝えられています。

過去5年の「4月」の東京都の死亡者数は平均9049人、2020年は1万107人 公表されている新型コロナ感染症による死亡者数は、PCR検査が十分に行われていないために、過少となっており、実際にはもっと多いという疑惑がなかなか消えない。 そのことは日本人として謙虚に受け止めないと、日本に未来はないと思われます。

元官僚が見抜いた、東京の新型コロナ本当の死者数が数倍の可能性(MAG2 NEWS)

🤣 この1週間に発表のあった10人中、6月が7人(70%)、7月が3人(30%)です。 退院者数は8日正午時点では5889人と公表していたが、9日午前0時時点で8110人と急増• 一方、「19人から171人問題」が誤報だったという報道もないし、仮に事実を隠しているのだとしたらもっと大問題になっているはずだがそれもない。 日経新聞と同様の記事は他のメディアにもあったが、どこをどう探しても「19人から171人」というのはなく、感染者数の増加を報じるだけで、死亡者の桁が違うとはどこにもない。

8
今年は新型コロナの影響により、マスクなどの感染症対策を施す人が多く、その影響でインフルエンザにかかる人が激減しているのです。