に じ もえ にゅーす。 押切もえ、ショートパンツ姿にファン脱帽「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」(ENCOUNT)

若葉竜也×穂志もえか×古川琴音×萩原みのり×中田青渚が語り合う 映画『街の上で』座談会|Real Sound|リアルサウンド 映画部

😆 若葉:穂志さんはすっげえ堂々としてると思っていたんですけど、意外と緊張しいで、めちゃくちゃ緊張してるなっていうのが第一印象でしたね(笑)。 穂志:私は、若葉さんはもともとすごく尊敬している俳優さんの1人だったので、実際に現場でご一緒したときに「すご! 若葉竜也が前にいる」と思って(笑)。

16
萩原みのり(以下、萩原):私も今泉さんの作品に出演したかったので、「やっと今泉組だ!」って思いました。 なので、僕は自分から何か一石を投じる芝居が今回ひとつもないんです。

押切もえ、ショートパンツ姿にファン脱帽「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」(ENCOUNT)

🙄 ) <穂志もえか>、岡本純子<古川琴音>、阪上秀平<萩原みのり>、ヘアメイク=寺沢ルミ<若葉竜也、中田青渚>、宮田靖士(THYMON Inc. 年金が少なくて、いつまでも働き続けなければならないような国です。 私は、私たちが暮らしているこの社会を、身がすりへるほどがんばらなくても、ふつうに生きていける社会にしたい。

8
5人が作品や今泉監督への思いを語ったインタビューを、約1年越しの公開となったこのタイミングでお届けする。 穂志もえか(以下、穂志):実は監督本人から「今度、若葉竜也くんで映画を撮るんだけど、どう思う?」という話をされていたんですよ。

押切もえ、ショートパンツ姿にファン脱帽「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」(ENCOUNT)

💖。 ーーそれは大変ですね(笑)。

7
日本は今、生きることそのものが本当に大変な社会になっています。

若葉竜也×穂志もえか×古川琴音×萩原みのり×中田青渚が語り合う 映画『街の上で』座談会|Real Sound|リアルサウンド 映画部

🤙 ショートパンツコーデを披露し、「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」と反響を呼んでいる。

1
当初、2020年5月1日に公開されるはずだった本作。 モデルの押切もえが17日、自身のインスタグラムを更新。

山口もえに関するトピックス:朝日新聞デジタル

🤭 私が演じた冬子は恋人が亡くなった設定なんですけど、亡くなり方によって気持ちの流れが変わってくるだろうなと思ったので、本読みのときに今泉さんに相談したんです。

2
若い人が夢をもって、学んだり、働くことがとても難しい国です。

押切もえ、ショートパンツ姿にファン脱帽「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」(ENCOUNT)

✇ 穂志:お芝居で負けないようにしようと思いました。 美しく、愛らしいフレンチシックなブランド」と記し、2枚の写真を添えた。

12
なので、そこそこあるセリフ量をおしゃべりに見えないようにやらなきゃいけないところが、個人的にはなかなか大変でした。 ENCOUNT編集部. その日、マネージャーから「今泉監督から映画の話が来てる」という話を聞いて、プロットを読ませてもらって。

山口もえに関するトピックス:朝日新聞デジタル

🙏 【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】 ーー若葉竜也さんは『愛がなんだ』に続いての今泉力哉監督作出演となります。 新型コロナウイルス感染症の影響で約1年後に公開を迎えることになったが、リアルサウンド映画部ではメインキャスト5人へのインタビューを2020年2月に行っていた。

19
若葉:そうですね。

押切もえ、ショートパンツ姿にファン脱帽「妊婦さんに見えない」「スタイル良すぎ」(ENCOUNT)

💋 相談したときには真摯に考えてくださるし、カメラの前ではとても自由に演じさせていただけたので、楽しかったです。 ミーハーみたいな感じで、撮影のたびに「私いま今泉組にいる!」と思っていました(笑)。 ーー事務所を通してではなく最初は個人的にそういう話があったんですね。

14
穂志:そうなんです。

もえのあずき

💕 でも臆病であることは僕はいいことだと思っているので、その空気感が冒頭の青と雪のシーンにちゃんと表れているといいなと思いながら演じていました。 ーー『愛がなんだ』には若葉さんと穂志さんの共演シーンがありませんでしたよね。 それで台本をいただいて、「めっちゃ面白いと思います!」とお答えしたら、「実は雪役をお願いしようと思ってるんだけど」と言っていただいて、ビックリしました。

20
どのような経緯で出演することになったんですか? 若葉竜也(以下、若葉):一番最初に話を聞いたのは、ちょうど『愛がなんだ』のトークイベントがあった日でした。 くらしに希望がもてる新しい政治を、力をあわせ、ご一緒につくりましょう。