ビルゲイツ ワクチン。 コロナワクチンを接種したゲイツ氏「気分がいい」 : 東亜日報

コロナワクチンを接種したゲイツ氏「気分がいい」 : 東亜日報

☝ ゲイツ氏は、妻メリンダ氏と設立した「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を通じて、世界保健機関(WHO)が主導する「コバックス・ファシリティ」を支援してきた。

1
貧困から抜け出して経済を発展させるためには、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、つまり 国民全員の健康を目指した予防、治療、機能回復に関する医療サービスを支払い可能な費用で受けられるという経済活動の基盤が欠かせません。 ジェニファーさんは、「新型コロナワクチンの接種を受けた」と書かれた小さなメモと注射器を持った写真も投稿した。

コロナワクチンを接種したゲイツ氏「気分がいい」 : 東亜日報

😗 我々も人口がどれだけ増加したとしても持続可能な生活をするために協力をしましょう。

3
ゲイツ財団のお金の使い方としては、他の組織ができない、又はやりたがらないリスクを取り、最先端の研究や貧困層のためのイノベーションに資金提供することはできます。 ロシア共産党党首のゲンナジー・ジュガーノフ氏は、ビル・ゲイツ氏の名前こそ出さないものの、いわゆる「グローバリスト」が「コロナウイルスに対する強制的ワクチン接種を口実に秘密のチップの大量移植」を支持したのだと言及している。

ゲイツ財団 新型コロナワクチン生産契約を製薬会社16社と締結

👎 その時の発言がこちらです。 すべてを紹介することはできませんが共通している考え方は 「持続可能な開発(Sustainable Development:SD)」です。

19
「新型コロナウイルスは実は5G拡大の影響だ」という虚偽の主張がSNSで拡散しており、英国では4月4日、複数の携帯基地局が放火された。

陰謀説否定のビル・ゲイツ、ワクチン解説記事に学ぶ「黄金の4カ条」

😙 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 2019年にはG20の議長国、2020年には東京オリンピックと、日本は今後数年間、世界のスポットライトを浴び続けることになります。 ゲイツが生きていたら、彼が弁護士と広報エージェントの軍隊を使ってこれと戦っていたに違いありません。

18
ゲイツ財団はすでに日本とは長く良好なパートナーシップを築いてきました。

ビル・ゲイツが語る“コロナ後の世界”「ワクチンなしに日常は戻らない」

💓 日本からさらに多くを学び、連携を深めながら、ODAから持続可能な形で卒業する国を増やしていくことを目指していきたいと考えています。

6
結果を重視するプロジェクト 2017年4月、スイス・ジュネーブで開催された「顧みられない熱帯病サミット」に出席したビル・ゲイツ氏。 先が見えづらい世界情勢の中、地球社会全体が信頼できるリーダーを求めているように感じます。

bftgu.solarbotics.net : ビル・ゲイツ氏娘がワクチン接種、陰謀説にやんわり反論

📞 ゲイツ氏は、妻メリンダ氏と設立した「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を通じて、世界保健機関(WHO)が主導する「コバックス・ファシリティ」を支援してきた。 政治的分裂、暴力、天災など、世の中にはひどい見出しのニュースばかりが飛び込んでくると、両氏は述べる。

10
ただ、この陰謀論に関しては、ビルゲイツ氏が下記の質問に対して示した見解が曲解されたもののようです。 ブログの記事のリーダビリティスコア(読みやすさ)は11。

コロナワクチンを接種したゲイツ氏「気分がいい」 : 東亜日報

✍ つまり、ビルゲイツ氏が提唱する人口削減計画とは、 乳幼児死亡率を押し上げている病気をワクチンを用いることで予防し、女性への教育レベルを上げることで無理な人口増加を抑制・緩和させることだったのです。 ここでは「人口削減」というキーワードがとても強い言葉であり、世界中の人々の頭にこの単語が刷り込まれたと考えて頂ければ結構です。

ビルゲイツ氏はこれまでにも 世界の貧しい国で積極的にワクチン支援を行っているので、これも陰謀の一部だとしたら恐ろしいですね! そこで今回は、『 ビルゲイツワクチン陰謀論って何?人口削減計画の噂を調査!』と題して、ビルゲイツ氏の陰謀論を詳しくご紹介します! ワクチン、医療、出産システムが改善されれば人口ってむしろ増えると思うんだけど、どういうことなんだろう また、ビルゲイツ氏に関する陰謀論はこれだけではありません。