600 こちら 情報 部。 600 こちら情報部

600 こちら情報部とは

👈 司会を担当した 鹿野浩四郎さんと 帯淳子さん、 『ひるまえほっと』(関東地域のみの放送)の「発掘!お宝番組」にご出演いただきました! コーナーの冒頭、二人声をそろえてお馴染みだったコール! 「600こちら情報部です。 」 さて、ここでちょっと番外編! 帯さんには内緒で準備した娘さんの手紙なのですが、書いたご本人の菜奈さんは放送当日お母さんの付き添いでスタジオに! ご本人を見てスタッフ一堂ビックリ!お母さんの若い頃にそっくりです! 6年間で1300回以上の放送があった『600こちら情報部』、最初の4年間は合わせて10回分ほどしか保存がありません。 情報バッチ、ポロシャツ、関連本などのグッズ 【アカイさんの一言】 番組の人気コーナーに、「スターインタビュー」というコーナーがあって、そのゲストがとにかくすごい。

14
6年間に送っていただいたイラストは130万枚を超えたといいます。 帯さんは2017年5月25日に出演した『ひるまえほっと』で、「この番組は子ども番組というのはまったく意識せずに、とにかく情報を提供することを第一に考えていました。

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

🐲 ようやく決まった衣装ができたのは一年ほど後だった。

お宝番組」にて当番組が紹介され、スタジオに鹿野と帯が生出演した。

600こちら情報部

🖕 リポーターはTシャツ、キャスターはポロシャツ(外に出るときはTシャツ)というふうに変わっていったそうだ。 脚本「600こちら情報部」詳細情報 それだけではない、ワールドワイドな番組だったので、なんとクイーンも出演したから、すごい!「女王様の国イギリスから、ロックグループ『クイーン』がやって来ました~~!」というナレーションから番組が始まった(1979年4月19日放送)。

8
「洋服代が大変でした。

600 こちら情報部とは

🌏 ビートたけしさんはツービートで「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というネタをはやらせ、漫才ブームをけん引していた。 また、毎週金曜日は、各ジャンルの専門家がゲストで出演し、子どもたちの質問に答える「なんでも相談」が人気だった。

お宝番組」にて当番組が紹介され、スタジオに鹿野と帯が生出演した。

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

⚛。 島リポ「田端さんは80歳を超えて今もお元気でいらっしゃいます。

19
鹿野「頭の回転がめちゃくちゃ速いんですよ。 橋本美砂子(元「」のキャプテン)• それだけではない、ワールドワイドな番組だったので、なんとクイーンも出演したから、すごい!「女王様の国イギリスから、ロックグループ『クイーン』がやって来ました~~!」というナレーションから番組が始まった(1979年4月19日放送)。

600こちら情報部

☝ 」と帯さん。

脚本「600こちら情報部」詳細情報 「番組自体が子供番組でなく、見ているあなたと私と双方向で話をしようね。

600こちら情報部

📞 それもそのはず。

11
人形劇の放送枠は土曜18時台(『』)に移され 、番組はそれから2年後の1984年3月に終了したが、同時間帯ではその後も様々な子供向け番組が放送された。

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

💕 この改編以前のNHKは「国営放送」的体質が強く、総合テレビの児童向け番組も娯楽性に欠けるとされがちだった。 番組枠のその後 [編集 ] しかし、第2次による放送時間の短縮が当番組終了とともに終わったことに加え、NHKが衛星放送をスタートさせ、全体の編成に余裕が生じるようになったことから、総合テレビでの子供向け番組は1986年に17時台と教育テレビに移された。

この人はすごい人だなと思っていましたが、本当にそのあと、どんどんすごい人になっていきましたね」 このようにお笑い芸人のゲストもいれば、大平正芳総理大臣といった政治家、マラドーナなどのスポーツ選手など、今では考えられないほど幅広い人たちが出演した。 麻里もも子• - 歴史・社会風俗担当• また、民放が大型報道番組を次々とスタートさせたことなどもあり、この枠は一般向け情報番組『』に変更された。