地下鉄 桜通 線 路線 図。 地下鉄名古屋駅

名古屋市営桜通線の路線図

☎ を使用した鶴舞線開通30周年記念列車が今池駅 - 鶴舞線赤池駅間で運転される。 同区間は地下にあると並行しており、市内交通最大の大動脈である同線の路線としての役割を担っている。

18
すべての駅で、、や使用者対応トイレ等の化が完了している。 (実際には前日のより随時駅ナンバリング放送に更新されていった)• :車内信号式ATC、ATO• (令和4年)度中 中村区役所駅を太閤通駅に改称予定。

地下鉄名古屋駅

👉 また、名古屋市営地下鉄の開業区間で初めて駅のテーマカラーが設定され、既存の各駅でも可動式ホーム柵の設置とともに設定された。 式が全駅に設置されており、各種運行情報やニュースなどが表示できる。 鳴子北駅 - 徳重駅間にて試乗会開催。

11
平日:朝ラッシュ時4分間隔、昼間7. した検査時のほか、の際も日進工場に回送される。

名古屋市営地下鉄桜通線

⚑ 全駅で列車到着前の接近チャイムに代わりを導入。

7
ただし、終電が中村区役所駅発、徳重駅発のいずれも今池駅までの区間運行であるほか、夜間及び土休日朝に発または桜山駅までの区間運行が設定されている(中村区役所発着、徳重発着各1往復)。 乗換路線 乗換路線はありません• 太閤通駅への駅名変更が予定されている中村区役所駅 路線データ [ ]• 名古屋市営地下鉄の中では名城線・名港線・東山線とともに、路線が名古屋市内に収まっており、営業運転で車両が名古屋市外に出ない路線である。

地下鉄桜通線 路線概要・建設史

☢ (平成19年)• 全駅のを内照式からLED式に更新。 - (2011年1月19日アーカイブ分)• 乗換路線 乗換路線はありません• 複線区間:全線• ホーム形状は全駅とも。

17
開業時は車掌が乗務していたものの、ATO導入が完了した (平成6年)からはワンマン運転を開始した。 名古屋駅 - 今池駅は並行する東山線よりすいているものの、ラッシュ時は混雑する。

路線図ドットコム ■名古屋市内鉄道路線図

👏 開業がの直後となったため、記念イベントを中止し、、などの記念グッズの販売のみ行った。 乗換路線 乗換路線はありません• 徳重 - 豊明北間 … 2008年までに整備の推進を図ることが適当である路線• 開業に伴う試運転は、2011年1月22日から、通常の旅客運行を利用し、野並駅での乗客乗降前後に、開通後の運行を想定して野並駅 - 徳重駅で行った。 桜本町駅の南で再び進路を東に変え、あとは終点のまで東海通()の地下を通る。

3
乗換路線• 改札口を出て右(西)方向です。 (平成16年) 開業に伴い、瑞穂運動場駅を瑞穂運動場西駅に改称。

名古屋市営地下鉄 桜通線 路線図

⚓ 乗換路線• 地下1階(東山線改札)と地下2階(桜通線改札)との中間の深さに位置しています。 11・12番出口のエスカレーター・階段下あたりです。 乗務員は、可動式ホーム柵の最前方のモニターテレビで、ホームに設置されたカメラ等との映像を見て、ホーム前後の安全確認やドアの開閉、発進操作を行う。

車両 [ ] 2011年の徳重開業後は2形式5両編成24本120両の体制になっている。 また、名古屋市営地下鉄で唯一、とを通る路線でもある。