đŸ¤Ŗハム゚ã‚ŋãƒŧ į™ē情 期 čĄŒå‹•ã€‚ ハム゚ã‚ŋãƒŧ į™ē情期 čĄŒå‹•

ハム゚ã‚ŋãƒŧぎå‡ēį”Ŗīŧã‹ã‹ã‚‹æ™‚間や数、į›´å‰ãŽå…†å€™ã€æē–備することはīŧŸ

😃 ゚プãƒŦãƒŧ行į‚ēīŧˆãŠã—ãŖã“ã‚’å‘¨å›˛ãĢéŖ›ã°ã™īŧ‰ã‚’するâ€ĸ そぎため、į™ē情中ぎハム゚ã‚ŋãƒŧを手ãĢ䚗せると 手ãĢこぎ分æŗŒæļ˛ãŒäģ˜ãã“とがあるとぎこと。 ãƒģドバトぎ場合 čƒ¸ã‚’č†¨ã‚‰ãžã›ãĻäŊ“を大きくčĻ‹ã›ã¤ã¤ã€é›ŒãŽåžŒã‚ã‚’čŋŊã„ã‹ã‘ãŸã‚Šå‘¨å›˛ã‚’å›žãŖたりする。 あるį¨‹åēĻであればハム゚ã‚ŋãƒŧぎ ãƒĒナック゚できるčĻå› ã§ã‚‚あるぎですが、 あぞりãĢも掃除しãĻいãĒいと ハム゚ã‚ŋãƒŧãĢとãŖãĻも不愉åŋĢです。

į”Ŗぞれたら、čĒ°ã‹ãĢåŧ•ãå–ãŖãĻã‚‚ã‚‰ãˆã°č‰¯ã„ã¨ã„ã†ã ã‘ã§ã¯ã€ããŽå­ãŸãĄãĢとãŖãĻč˛ŦäģģあるéŖŧいä¸ģãĢはãĒれぞせん。

ハム゚ã‚ŋãƒŧが手を噛んできたīŧį†į”ąã¯īŧŸå™›ãŋį™–がįļšãã¨ããŽå¯žå‡Ļæŗ•

đŸ¤Ŗ 数がåĸ—えたり減ãŖたりすることは、いろいろãĒことがくãŋあわさãŖãĻčĩˇã“ りぞす。

3
おåŽļãĢæĨãĻからしばらくįĩŒãĄéŖŧいä¸ģさんãĢæ…Ŗれた垌でも、ハム゚ã‚ŋãƒŧぎįŠļ態をよくčĻŗ察しぞしょう。 あとäē¤å°žã‚’したとき、å¤Ēīŧ ã‚ぃãƒŧんさんぎハムはいつもぎようãĢã‚Ēã‚šãƒãƒ ã¯ãƒĄã‚šãƒãƒ ã‚’čŋŊいぞわしãĻãƒĄã‚šãƒãƒ ã¯æ€’ãŖãĻいぞしたかīŧŸæ•™ãˆãĻください。

ハム゚ã‚ŋãƒŧぎéŖŧい斚とį—…æ°—

đŸ‘Ŗ ハム゚ã‚ŋãƒŧぎ゚トãƒŦ゚ぎãĒいį’°åĸƒã‚’į”¨æ„ã—ãĻあげるぎもéŖŧいä¸ģぎč˛Ŧäģģですから、2匚éŖŧいãĢついãĻは慎重ãĢč€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻãŒã‚るでしょう。 į™ē情期がæĨたらãĒるずくįŠã‚„かãĢį™ē情期が過ぎåŽģるよう、うさぎぎį™ē情をčĒ˜į™ēするようãĒčĄŒå‹•ã‚’æŽ§ãˆã‚‹å¯žåŋœã‚’åŋƒãŒã‘ぞしょう。 そぎため、晎æŽĩから夜間ãĢæ´ģ動することが多いです。

č‡Ē分ぎ į”Ÿæ´ģパã‚ŋãƒŧãƒŗとぎå…ŧã­åˆã„ã‚‚č€ƒãˆãĻ 掃除しぞしょう。

ハム゚ã‚ŋãƒŧãĢ子䞛をį”Ŗぞせたい

👐 寞å‡Ļæŗ•æŗ• ã‚ąãƒŧ゚内ぎį’°åĸƒã‚’攚善しãĻあげぞす。

16
そしãĻ、母ハム゚ã‚ŋãƒŧãŽå­č‚˛ãĻã‚ˇãƒŧãƒŗを母ハム゚ã‚ŋãƒŧをč­Ļ戒させることãĒく、『透明ãĒčĻŗ察æŋ』čļŠã—ãĢつãļさãĢčĻŗ察することができぞす。

ハム゚ã‚ŋãƒŧぎ゚トãƒŦã‚ščĄŒå‹•

☭ 母ハム゚ã‚ŋãƒŧぎå‡ēį”Ŗč‚˛å…ã‚’ã€å¤šããŽįš†æ§˜ãĢ是非ともäŊ“験しãĻいただきたいと思ãŖãĻおりぞす。 éŖŧ育į’°åĸƒã‚’čĻ‹į›´ã—ãĻも゚トãƒŦ゚を感じįļšã‘ãĻいるようであれば、č‡Ēåˆ†ãŽčĄŒå‹•ã‚’čĻ‹į›´ã—ãĻください。 ãŸã ã—ã€å¤œé–“ã§ã‚‚éƒ¨åą‹ãŽį…§æ˜ŽãŒæ˜Žã‚‹ã„ようãĒåŽļでは、 やはりハム゚ã‚ŋãƒŧぎ゚トãƒŦã‚šãĢãĒりぞすぎでæŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻã§ã™ã€‚

6
åšŗå’ŒãŽčąĄåž´ã¨ã¯ã„ã†ã‘ã‚ŒãŠâ€ĻéŗŠã¯é›†å›Ŗã§čĄŒå‹•ã—ãžã™ éŗŠã¯ã¨ããĢ「åšŗå’ŒãŽčąĄåž´ã€ã¨å‘ŧばれることもありぞす。

うさぎぎį™ē情期とはīŧŸį™ē情期ぎį‰šåž´ã‚„čĄŒå‹•ã€æŗ¨æ„į‚šã‚’į´šäģ‹

🤑 ぞとめ éŗŠãŽįšæŽ–期、そしãĻéŗŠå¯žį­–ぎ斚æŗ•ãĢついãĻį°Ąå˜ãĢごį´šäģ‹ã—ãĻきぞした。 それでåĨŊ感č§Ļã§ã‚ã‚Œã°ã€ãƒĄã‚šã‚’ã‚Ēã‚šãŽã‚ąãƒŧジぎ中ãĢå…Ĩれぞす。 そぎæŽĩ階ãĢãĒãŖたら、éŖŧいä¸ģã¯ã‚ãžã‚Šã‚ąãƒŧジãĢ手を加えず、 静かãĢčĻ‹åŽˆãŖãĻあげるようãĢしãĻくださいね。

éŖŸãšį‰Šã§ã¯ãĒいとわかãŖたら、äģĨ降は噛んでこãĒくãĒりぞす。

įšæŽ–

😙 同性ぎうさぎでも、č‡Ē分よりåŧąã„と判断したうさぎãĢ寞しãĻは、į™ēæƒ…čĄŒå‹•ã‚’ã¨ã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ į¨Žå­ã‚ŋイプぎ"ペット"æˇˇåˆéŖŸã‚’与えãĻはいけãĒい。 ãƒĄã‚šã¯å­Ŗį¯€é–ĸäŋ‚ãĒく 4,5æ—Ĩおきâ€ĸ äŊ“ぎ小さãĒジãƒŖãƒŗã‚ŦãƒĒã‚ĸãƒŗハム゚ã‚ŋãƒŧãĒおは、 18æ—Ĩから22æ—Ĩį¨‹åēĻぎåĻŠå¨ æœŸé–“とされãĻいぞす。

7
čƒŒä¸­ã‚„č…°ã‚’č§Ļると、ã‚Ē゚を受けå…ĨれるかぎようãĢおå°ģをéĢ˜ãä¸Šã’ã‚‹â€ĸ そぎため、気がäģ˜ã„たらたくさんåĸ—えすぎãĻしぞãŖãĻ困ãŖãŸã¨ã„ã†čŠąã‚‚čžããžã™ã€‚

うさぎぎį™ē情とはīŧŸį™ē情期ぎã‚Ēã‚šãƒģãƒĄã‚šãŽčĄŒå‹•ã€į—‡įŠļ、寞åŋœãŽäģ•æ–šã¯

🙌 『地下型ぎåˇŖįŽąã€å…Ĩ枤äēŒéƒŽãŒã€įš†æ§˜ãĢå‡ēį”Ŗč‚˛å…ãŽäŊ“験を、厉į›´ãĢはお勧めしãĻいãĒいį†į”ąãŒã“こãĢありぞす。 å‡ēį”Ŗぞでぎ期間、雌はæ´ģ動įš„でčŊãĄã¤ã‹ãĒくãĒり、č†Ŗから少量ぎå‡ēčĄ€ãŒčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚ ã“ãŽãƒĄã‚šãŽãƒãƒ ã‚šã‚ŋãƒŧがį™ēする分æŗŒæļ˛ãŽ į‹Ŧį‰šãĒč‡­ã„ã‚’å—…ã„ã§ ã‚Ē゚ぎハム゚ã‚ŋãƒŧはį™ē情しぞす。

3
å‡ēčĄ€ãŒãģとんおãĒい場合やįŠŦがč‡Ēåˆ†ã§čĄ€ã‚’čˆã‚ãĻしぞう場合もあるため、į™ē情ãĢ気ãĨくぎがé›Ŗしいこともありぞす。 į‰šãĢ、č‚Ĩæē€ã—たã‚Ē゚はį™ē情しãĒかãŖãŸã‚ŠãƒĄã‚šãĢ受けå…ĨれられãĒかãŖたりしぞす。