アンド ワンダー。 new arrivals

アンドワンダーの勢いが止まらない! 今度は丸の内に新たな直営店オープン。

😗 メーカーのデータで素材の性能が出ていても、実際に自分たちで試す。

7
だから発注書を流すときは、本当に手が震えた!!(笑) 池内:色も自分たちで決めて染めているんですよ。 さらに、外側のループを持てば薪運びもOK。

枠にとらわれず成長し続ける、東京発のアウトドアデザイナーズブランド「アンドワンダー」のこれまでと、これから

✍ 登山用のザックはアンドワンダーの『30L backpack』が超オススメ 現在、アウトドアメーカーを始め多くのアパレルブランドがバックパックを出しておりますが、僕が数あるザックの中でも特にオススメしたいのが、アウトドアブランド 「and wander アンドワンダー 」のバックパック、「30L backpack」です。 シューズ• 出典: アイテムの幅は広く、街中やちょっとしたキャンプから、厳しい山の環境まで、それぞれのシーンに適切なものが揃っています。

12,320円 税1,120円• 42,900円 税3,900円• 24,200円 税2,200円• 極限状態を想定したアウトドアウェアには供えられないような機能やデザインが随所に盛り込まれています。

アンドワンダーの勢いが止まらない! 今度は丸の内に新たな直営店オープン。

😋 大きいザックを買っても日帰りではザックそのものが重すぎたり、中身がスカスカで大きすぎたりしてしまう。 デザイナーの池内啓太さん。 小物・アクセサリー• 無機質なボディと、暖かなウッド調の車内とのコントラストは、丸の内の雰囲気に見事にマッチしていた。

5
普段使いでも山っぽさが出ないデザインであること、 外側にポッケがあって飲み物を入れられること、 背面がメッシュ素材であること、 これらを重点において探した結果、この商品の購入となりました。 下の方のものも見えないし取り出しにくいです。

new arrivals

🤐 ライフスタイル• そしてとても便利。 バックパックで30Lという選択 様々な大きさのバックパックがありますが、最初に買うザックは 30L前後の容量がオススメです。 やっと作れたんです! 森:ポーラテック社の素材は、リリースする随分前に発注しなければならないので、作る数の見当がつきにくく、私たちのようにオーダーをもらってから製作するスタイルではなかなか手が出せなかったんです。

8
自分たちの世界観を伝えられるような素敵なお店にしたいです。 オープンしたのは、ハイブランドも軒を連ねる丸の内仲通り。

アングローバルが「アンドワンダー」を買収、ブランドの成長を支援

🤪 使い古した服を原料に、新たなプロダクトを生み出すブリングのポップアップスペース。

たとえば、パタンナーさん。

アングローバルが「アンドワンダー」を買収、ブランドの成長を支援

👍 耐水圧2000mmと優れた防水性能がついてるのもGOODですね。 まずはこのアンドワンダーの30L backpackを手に入れて、快適な登山ライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

13
なので、最初の頃は小売店さんに自分たちでコンタクトをとり、バッグにサンプルを詰め込んで営業まわりをして。 Charmed by nature and enjoying the thrill of the mountains, we combined project design ability refined with the Paris Collection brands and the sensation of the mountain atmosphere to create our own outdoor wear and gear. そんな土地柄に呼応するように、店内も整然としたアーバンな雰囲気がありつつも、随所にあしらわれたウッドの温かみや、ラックの吊り下げに用いられたクライミングロープが醸すアウトドア要素など、ミクスチャーながら洗練された空間に仕上がっています。

new arrivals

💅 ロールトップのバックパックでは、まずバックルを解除して、ロール部分を伸ばしてやっと荷物の出し入れができますが、これが意外と手間。 古着を原料にする生産工程の紹介がされている。 池内:いいアイデアが浮かんだとしても、それがアウトドアの道具として「本当に使えるモノか?」というとことは常に追求していますね。

9
そういう決め事はもちろん、事務作業もすべて2人でやってきたので、やることは本当にたくさんあって(笑)ファーストプロダクトの頃はオフィスもなかったんです。 無機質なボディと、暖かなウッド調の車内とのコントラストは、丸の内の雰囲気に見事にマッチしていた。

Home

☏ 17,710円 税1,610円• そして男性も女性もオシャレに背負える。

10
今後は海外でもしっかりセールスしていきます。

アンドワンダーの勢いが止まらない! 今度は丸の内に新たな直営店オープン。

🐲 自転車でコーヒーを配達するという異色のコーヒーショップ「バイシクルコーヒー」は、アンドワンダーのロゴを落とし込んだスペシャルパッケージのコーヒーも展開していた。 お得意のUL系素材を使ったバッグ類も充実。 裾をレザーで補強し、熱い鍋をつかめる仕様にしている。

7
小物・アクセサリー• 日帰りから一泊二日の登山まで対応できる汎用性の高さがポイントです。 定休日 : 日曜日• 11,550円 税1,050円• 池内:これまでは小売店やオンラインショップでの販売だけだったので、お客さまと直接コミュニケーションを取れるよう、自分たちの直販店を持とうと思っています! 森:じつはすでに物件を探していて。