山口組 コロナ。 コロナ禍のヤクザ 親分にうつしたら「指など詰めてもどうにもならない」

【暴力団幹部が告白】コロナでみかじめ料激減、テキヤは花見で大ダメージ、今やマスクもシノギに…

🤛 同組が中心となり、六代目山口組を離脱し、他十数団体と神戸山口組を結成。

4
国が自粛を訴えている中で、何か目立つことをしたら余計に叩かれる材料になりますから」(指定暴力団幹部) 今、マスクなどが不足しており、大手ドラッグストアなどでも購入できないという人も多いが、暴力団は物資不足で困っている人々を助けるようなことをできないのだろうか。 過去多くの災害などで炊き出しなどのボランティアなどを行い、任侠精神を売りにしていた暴力団もお手上げだ。

コロナ禍のヤクザ 親分にうつしたら「指など詰めてもどうにもならない」

🤲 その妨げになっている要因のひとつが、現在のコロナ禍といえるのではないか」(捜査関係者) 確かにこの捜査関係者の指摘は一理あると言えるだろう。 だが、関西を中心に新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加。 明日は我が身だという危機感は募っているよ。

勢力拡大のための抗争もままならない。 同じく社会不在を余儀なくされている五代目山健組のトップである中田浩司組長も健竜会の五代目を務めていました。

山口組分裂抗争…“再コロナ休戦”で浮上する「ヒットマン潜伏」の実態

🤩 全国各地に直系組織を置く六代目山口組では、関東だけでなく西日本の傘下組織からも感染者が出たという。 このため今年に入って、本拠地の兵庫などで意思疎通を図って組織をまとめる場を持てない状況が続いていたが、3月以降はコロナの影響で、警戒区域にかかわらず大半の会合が中止されることとなった。

経済活動の縮小でシノギは激減。 マスク着用、手の消毒、あとは病院にあるような殺菌装置を置いた」(関東の組織関係者) 業界内でも〝リモートワーク〟が導入されているようだが、立場によっては〝出勤〟せざるを得ない状況に直面するという。

山口組分裂抗争…“再コロナ休戦”で浮上する「ヒットマン潜伏」の実態

🤜 感染者が日本国中で増加している中、ヤクザ社会もご多分に漏れず、SNSでは「〇〇組の〇〇組員がコロナに感染した」などという情報が毎日のように飛び交っている。 入口では体温チェックもあり、入念に手をアルコール消毒している。

14
特に今回の第4波は関西圏で猛威を奮っているがゆえ、関西のヤクザにとってはここに来て、コロナがより一層身近な問題になったというわけだ。 統率を図る意味でも全体集合は必要だったとみられる。

六代目山口組 弘道会 新型コロナ感染と最高幹部再々逮捕の衝撃

☭ 末端組員がもしコロナに罹患すれば、上部団体に報告せねばならないだろう。 ただ、昨今の情勢を考えても、神戸山口組側が突然なにかを仕掛けることは考えにくいでしょう。

10
井上組長が神戸山口組組長を兼務するようになると、その後、山健組の五代目を同組で若頭を務めていた五代目健竜会・中田会長に譲り、同時に六代目健竜会会長には、五代目山健組の西川良男若頭が就任したのだった。 『FRIDAY』2020年6月19日号より• 「昨年10月に髙山若頭が出所してから、六代目山口組は神戸山口組に対して攻勢を強めています。

【ヤクザ】山口組も新型コロナウイルスに警戒中!シノギを失った暴力団員にも取材「国の補償を…」!

🤔 感染拡大を食い止めるために、組織内の感染状況を事前に知っておこうということだろう」(前出・6代目山口組系幹部) 「志村けんが暴力団の意識を変えた」 いまや新型コロナウイルスに対して、暴力団員の意識も変化してきている。 しかし六代目山口組をはじめ、事始式を中止した組織もあった。 (文=山口組問題特別取材班). 人望もあり、今後を期待されていた親分だっただけに、業界内でも西川会長の訃報に大きな波紋を呼んでいる」(某組織幹部) 五代目山健組若頭が他界したことで、今後の山健組の動向に業界内では注目が集まっている。

さらに志村けんさんが亡くなったことで潮目が変わりました。