さくら ちる。 さくらちる麻子🌸(@iris_de_sakura)のプロフィール

【禅語】 散る桜 残る桜も 散る桜 ~良寛禅師 辞世の句~

😒 私は二杯目のコーヒーを入れようと、お湯を沸かしていた時です。 文学での言及 実証的見解 参考文献 花散りてまた閑かなり園城寺 鬼貫 「高砂子」 四方より花吹き入れて鳰の海 芭蕉 「卯辰集」 いざ落花眼裏のほこりはらはせん 芭蕉 「旨原百歌仙」 まづ知るや宜竹(ぎちく)が竹に花の雪 -- 芭蕉 「江戸広小路」 ちるはなや鳥も驚く琴の塵 芭蕉 「真蹟画讃」 阿古久曽のさしぬきふるふ落花哉 蕪村 「蕪村句集」 花散るや伽藍の枢おとし行く 凡兆 「猿蓑」 花の塵酒の琥珀に吸せけり 几董 「晋明集二稿」 人恋し灯ともしごろをさくらちる -- 白雄 「白雄句集」 一筋の落花の風の長かりし 松本たかし 「たかし句集」 しきりなる落花の中に幹はあり 長谷川素逝 「素逝句集」 花屑のしづかにとぢぬ鯉のみち 田中王城 「改造文学全集」 蹴ちらして落花とあがる雀かな 川端茅舎 「川端茅舍句集」 荒々と花びらを田に鋤き込んで 長谷川櫂 「天球」 吹きのぼり来し花びらの漂へり 高田正子 「花実」 桜散るときメビウスの環のひかり 五島高資 「海馬」. ミキのは断りました。 今はただ、心穏やかに、心を整理して今後の事を考えたいと思います。

お笑い番組を垂れ流すテレビのみ。

散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛和尚)

😀 「助けて…」 そんな弱気な事も言っており、この二三日で急速に状況が悪くなっている事を感じました。

14
しかし、下半身は正直でした、悲しいかな。 すこしだけ頭にピリッとするものを感じたが、気を取り直してセンター模試の問題をやらせることにした。

季語・落花

✋ 私はケンヤに連絡したり、職場に会いに行ったり、ケンヤを説得しましたが、暖簾に腕押し… 私はあまり他人を巻き込みたくなかったのですが…ケンヤの会社に訴えました。 要するに限られた「いのち」です。

襲うったら語弊あるか…ちょっと誘ってみるくらい。 二人のセックスを見た後は、ミキに対する気持ちがすっかり萎えていましたが… 彼女とのこれまでの数年間の歴史は重かった…やはり、大きな存在ですね。

季語・落花

♨ しかし現実は…。 ミキは絶句していました。

3
強くなれ。 「散る桜 残る桜も 散る桜」 桜は散る。

『桜/さくら』の俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか編

☎ 皆さん笑って下さい。

7
「嘆くでない。

散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛和尚)

💅 私は語気を強めて言いました。

9
この言葉を聞いて、チュンダは一層涙を流したに違いない。 タクちゃんを笑いながらなんて、そんなはずが無い」 「あっ、じゃあエッチだけはやっぱしてんだ」 「……」 「毎晩抱いてるんでしょ?新婚みたいに」 「…ああ、抱いてるよ。