はぐくみ プラス。 北の達人/はぐくみプラスを提訴、損害賠償1億円を請求

北の達人/はぐくみプラスを提訴、損害賠償1億円を請求

😛 また、千葉文学賞等の小説、エッセイでも数々の受賞暦を持つ。

13
今後も通販業界における成長阻害要因を断ち切るため、その引き金となる不正競争行為に対しては、必要に応じて法的措置も含む適切な対応を行っていく方針だ。

EC事業者は知っておくべき「不正競争防止法」とは? 北の達人の訴訟事案から学ぶ商売のルール

📱 東京地方裁判所による第一審判決では、はぐくみプラスが販売する「はぐくみオリゴ」のオリゴ糖が53. 訴えを起こしたのは東京証券取引所1部市場と札幌証券取引所に上場している北の達人コーポレーション(本社・札幌市北区)。 経産省が推奨している偽装表示に対する対応(経済産業省が公表している資料からキャプチャ)。 ちなみに、今回の訴訟に関する記事を執筆する上で、はぐくみプラス側に対して弊社からメールにて取材を申し込んだのだが、期日までに返事を頂くことはできなかった。

12
そんな商品を販売している【はぐくみプラス】ですが、 悪質でひどい口コミがあるか調べてみました。

【はぐくみプラス】悪質でひどい口コミがあるか調査しました!

🤘 記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。 本件は、当社商品「カイテキオリゴ」の競合品であるはぐくみプラス社商品「はぐくみオリゴ」に関するSNS広告において「身体の中から免疫力アップで、コロナウイルス対策!」等と表示する行為が品質誤認表示に該当し、これによって当社の営業上の利益が侵害され、または侵害されるおそれがあるとして、不正競争防止法に基づいて、同表示行為の差止めを求めるものです。 また、今後については、判決内容を精査し、訴訟代理人とも協議・検討のうえ決定いたします」とコメントしている。

それだけ評価が高いという事なんですね。

『北の達人コーポレーション』競合品に関する訴訟において「勝訴」。はぐくみプラス社に1,835万7,803円の損害賠償支払い命令|株式会社 北の達人コーポレーションのプレスリリース

⚡ 同社は、今回の件の訴状において、はぐくみプラス社が販売している「はぐくみオリゴ」のオリゴ糖純度を100%と表示する行為が品質誤認表示に該当するとしている。 北の達人の主張を受け入れ、はぐくみプラスが謝罪した。 仮に請求が認容されるとしたら、被告となったはぐくみプラス側も、「このくらいの表現なら大丈夫だろう」という脇の甘さがあったのかもしれない。

3
和解は、はぐくみプラスが自社サイトに謝罪文を掲載 6月5日~11日 する内容。

北の達人コーポレーション/請求金額11億円強/はぐくみプラスへの損害賠償

😜 訴状の内容が正しいとした前提で、大きな問題点は以下の2つである。

今回は、同対策室設置後の第一弾の活動となる。 自社商品「カイテキオリゴ」の営業上の利益が侵害されるとして表示の差し止めを求めていた。

北の達人コーポレーション/請求金額11億円強/はぐくみプラスへの損害賠償

💢 当社は、業界の健全化、消費者保護の観点からこのような状態を改善する必要があると感じております。 新型コロナウイルス感染症の状況を受けて、訴訟結果を消費者庁、厚生労働省、都道府県の薬務課に報告するとしている。

自社が不正競争防止法に抵触する被害を受けていたらどうすればいい? EC事業者の場合、他社と比較されやすい市場環境にあるために、 不正競争防止法に抵触するような売り方をしているケースが目につく。 しかし 悪質的な口コミは、1件たりともありませんでした。

はぐくみプラスのはぐくみ定期便の解約方法【かんたん】

🚀 当社は、広告媒体やアフィリエイトサービスプロバイダにも協力を求め、悪質な会社の動向に注視し、広告の掲載を停止する等の対策を強く求めるつもりです。 竹内 謙礼(たけうち・けんれい) 1970年生まれ。 不正競争防止法の表示規則の概要(経済産業省が公表している資料からキャプチャ) 北の達人が問題視した「品質誤認表示」とは ここまでの文章を読むと「それだけのことで訴えられるの?」と思った人もいるかもしれない。

8
引き続き競合他社による不正競争行為を野放しにせず、このような行為が二度となされないようにしっかり監視してまいります。 ビタミンC誘導体をはじめ、25種のエイジング素材が肌サビをリセットし、3種のヒアルロン酸がクレンジング後もプルプルの潤い肌に。

通販新聞社 / 北の達人「不競法差止訴訟」 LINE広告は和解、はぐくみプラスが謝罪し消費者庁に報告

🤲 29%であるにもかかわらず「純度100%」等と商品の品質を誤認させるような表示をしてこれを販売しておりました。

12
通信販売業界がこのような状態にある理由の一つとして、社名・商品名の変更や法人格の濫用によるいわゆる「ネームロンダリング」によって、問題が表面化しにくい傾向にあるということが挙げられます。