年季 が 入る。 【年季が入るの意味をわかりやすく解説】例文・類語もご紹介します!

【年季】と【年期】の意味の違いと使い方の例文

😄 ) That building is very old. rei : chichi no syosai ni aru nenki wo kanjiru tsukue. 上記のように、「年季が入る」は、 人よりも物に使う場合が多いという印象ですね。 また、辞書の説明にはありませんが、 「 年季が入る」は「 使い込まれた・古びた」という 意味で使うこともあります。

15
場合によっては、 5年や6年など中途半端な職人もいるでしょう。

「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い

💖 年期という言葉の「期」とは、区切られた一定の時間や決められた日時を表します。 その他にも、年季奉公の略の意味も持っています。

4
ippou 「 nenki ga hairu 」 ha , nani ka ga nagai tositsuki wo heru koto desu. 日常生活を振り返ると、 使い込まれたものというのは意外とあふれています。 年季と年期の使い分け方 年季と年期という言葉は、どちらも「ねんき」と読み、ある事柄において定まっている期間を表しますが、厳密な意味や使い方は異なります。

「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い

😉 「年季が入る」の2つ目の意味である「道具などが長く使い込まれているさま」は英語で「well-used」と表現できるでしょう。 その他にも、「先祖代々の土地を年期売することにした」「年期が定められているお仕事です」「我が社は年期で区切って人事評価している」「賃貸契約の年期契約延長を申し出る」「曾祖父は年期婿だったらしい」などがあります。 「年季が入る」は英語だと次のような言い方があります。

17
どちらの言葉を使うか迷った場合、奉公する約束の年限や長い年月を表現したい時は「年季」を、1年を単位として定めた期間を表現したい時は「年期」を使うようにしましょう。 かんな を かける しょくにん の てぎわ の よ さ に ねんき を かんじる。

「年季が入る」の使われ方

🖕 年季が入った車( 使い込まれた車)• 「年季が入った」という表現は、「ものが長い間、よく使い込まれている」という意味で使われます。

入るとは、「外から中に入る」という意味がある わかりやすい言葉で表現をするならば、「夏休み突入!」「夏休みスタート!」と言い換えることもできます。 いっぽう 「 ねんき が はいる 」 は 、 なに か が ながい としつき を へる こと です。

「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い

🖐 「入る」の意味は「一定の時間が経過し、ある期間の内になる」 「入る」には様々な意味がありますが、「年季が入る」の「入る」は「」という意味です。 年期とは、一年を単位とする期間を意味し、ある事をするように義務づけられた期間という意味でも使われる言葉です。

10
「used」は「使われた」を意味していますね。 多くの辞書にはこの用例は載っていませんが、 実際の文章ではこの意味で使われることが非常に多いです。

「年季が入る」の使われ方

👍 この言葉がよく使われる場面としては、1年を単位として定めた期間、ある事をするように約束させられている期間を表現したい時などが挙げられます。 年季の入った木製のバットで素振りをする。

20
スポンサーリンク 年季が入るの語源・由来 ところで、「 年季が入る」という言葉は、 どこから来ているのでしょうか? まず、「 年季」の語源は、 「 年季奉公(ねんきぼうこう)」 という四字熟語からきています。 彼はサッカーには、だいぶ 年季を入れていたようだ。

「年季が入る」の使われ方

💖 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。

11
です から いみ は に て いる と いえ ます が 、 こちら は いわば じどうし です ね。 お としより の かお や 、 ふるい どうぐ 、 しょくにん の じゅくれん し た さぎょう など を けいよう する とき に よく つかわ れ ます。