万葉集 名前 女の子。 古風・和風な女の子の名前300例一覧!和歌や季語が由来の古き良き言葉たち

万葉集から子供の名前を考えてみませんか?いにしえの思いを込めて|雑記帳

💕 「初春の令月にして、気淑よく風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」 意味:新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装よそおう白粉おしろいのごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりを漂わせている より抜粋 美しい自然や春の訪れの喜びを描写した「梅花の歌」は、令和に生まれた赤ちゃんの名付けにぴったりの和歌と言えます。 以前にも当サイトで書きましたが、万葉集から名前を考えるのはどうでしょう? 新元号の「令和」は万葉集が由来です。 栗原里央子「赤ちゃんのしあわせ名前辞典」327-422(ベネッセコーポレーション,2016)• 名前はフルネームで完成しますので、姓と名の全体のバランスを見て考えるようにしてくださいね。

季語は下記のようなものがあります。 (2)契りを交わす(ちぎりをかわす) 男女の関係になること。

【女の子の名付け】かわいい花の名前126選!季節&文字数ごとに紹介

🤞 そして、ほかにも「見そめる」(ひと目見て恋に落ちる。 赤ちゃんのころからおばあさんになるまで、違和感なく名乗れる素敵な女の子の名前です。

17
「桃の節句」ともいわれるように、ひな祭りで使われる代表的な花です。 。

秋冬の果実にまつわる女の子の名前

🐲 なつめ 秋に旬を迎える「なつめ」は、干して漢方に用いられることもある栄養満点の果実。 私は古典の授業が嫌いでしたが、こんな先生に教えてもらったら好きになれたんじゃないかな?と思います。 「珠々果」すずは 「果」には、成し遂げるという意味があり、最後まで強い意志を持って果たせるようにという思いを込めて名前に使われることのある漢字です。

9
「ひなた」 温かみのあるひびきの名前。 漢字の意味に縛られないので、漢字そのものに意味を持たせたくない場合にもおすすめです。

「子供の名前は万葉集からいただきました」が、令和時代の名付けトレンドになる!?|雑記帳

🎇 伝統、日本らしさを表現できる漢字 伝統、歴史を表す漢字から、女の子の名付けで使いやすいものをまとめました。 外国風の名前も人気の中、逆にこの時期ならではの古風な名前を意識してみるのも良いかもしれません。

「琴」と一文字にしても、和の雰囲気が出るでしょう。

文学をイメージする女の子の名前

😔 【冬の季語】柊乃 しの 冬の季語である柊は、古来より魔よけのアイテムとして世界各地で重宝されてきた植物。

今では結婚式などでも人気の花になっています。

万葉集にちなんだ名前

❤ 巷には名づけの本がたくさんありますし、ネットを検索してもたくさん出てきます。 栗華(くりか)• 花の名前を漢字で書くと「竜胆」と書くのは、根がとても苦いことに由来しているとされています。 寒い冬に美しい花を咲かせることから、忍耐強く育ってほしい場合に用いたい漢字です。

20
かよ(華世、香世、佳世)• なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

【女の子の名付け】かわいい花の名前126選!季節&文字数ごとに紹介

🌏 相手を立てることをいいます。 太陽の「陽」と、花の名前の「葵」の漢字の組み合わせは「ひまわり」を連想させます。

3
「和」という漢字は周囲をなごませ、穏やかな子に育つように、という思いを込めて名付ける人が多いようです。 ひらがなにして「あすか」にするのも、優しさが出て良いと思います。

文学をイメージする女の子の名前

☏ (3)小春日和(こはるびより) 冬の初めごろの、温かく穏やかな気候のこと。 「四季」しき 四季の移り変わりや美しさは、日本独特のものです。 やすよ(泰世、恭代) 止め字が「ね」の名前• 同じ読みだと「茜」をイメージする方が多いかもしれないので、少し珍しさを出したい方にぴったりです。

7
1:大和言葉とは? まずは辞書でその意味を引いてみましょう。

新元号『令和(れいわ)』と万葉集にちなんだ赤ちゃんの名前!

☮ 同じ万葉集の出典から名付ける 「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」 春和(はるかず、はるわ) 「初春の令月にして 気淑く風和ぎ」から 春和(はるかず、はるわ)。 2000年以降の名前ランキングでは常に人気がある漢字です。 読み方には「あん・あんず・きょう」とありますので、いろいろな名前が選べることもポイントです。

18
梅(うめ)、小梅(こうめ)、梅香(うめか)、梅太郎(うめたろう) 「梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」から 梅(うめ)、小梅(こうめ)、梅香(うめか)。 「紅子」べにこ 古風で日本らしい色の呼び名ですね。