犬 も 歩け ば 棒 に当たる。 「犬も歩けば棒に当たる」の意味とは?分かりやすい使い方と例文で解説!

「犬も歩けば棒に当たる」の意味と使い方とは?由来と類義語も解説

👉 Nothing will ever change if you do nothing 何もしなければ何も変わらない• 帰宅が遅い娘が心配になり迎えに行ったせいで財布を無くし雨に打たれるなんて、まさに「 犬も歩けば棒に当たる」だ。 宝くじを思い切って百枚買ったら三等が当選したよ!「 犬も歩けば棒に当たる 」とはこのことだね。 (歩きまわる獣はいつも叩かれる) 【例文】 「犬も歩けば棒に当たるというから、片っ端からオーディションを受けてみた」. 犬も歩けば棒に当たるの由来 犬も歩けば棒に当たるの由来は、江戸いろはがるただと言われています。

20
犬も歩けば棒に当たるとはこの事だね。

犬も歩けば棒に当たるの意味・使い方|ことわざ|趣味時間

📲 つまり、とりあえず動き出すことで、幸運という運命に 「ぶつかることができる」といった語感で広まったと言えますね。 「歩く足には泥がつく」というでしょう。 Nothing ventured, nothing gained 危険を冒さなければ何も得られない• どうしても人間は、じっとしていればよい状況で、出しゃばったり、余計なことをしてしまうことがあります。

煮詰まったときには犬も歩けば棒に当たると思って、行動してみましょう。

【犬も歩けば棒に当たる】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

☘ 「待て」をするまでもなく、ごちそうに飛びついたりします。 犬に関することで悩みやご質問がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。 また、「犬も歩けば棒に当たる」は職場なら積極的な行動が必須である「営業」や、時として奇抜なアイデアを必要とする「販売促進」などで意味を成す言葉として使えるかもしれません。

7
【出典】 - 【注意】 - 【類義】 歩く足には泥がつく/歩く足には棒あたる/歩く犬が棒にあたる 【対義】 - 【英語】 The dog that trots about finds a bone. また、物事を積極的に行う者は、それだけに遭うことも多いというたとえ。 何かをすれば、災難に会う、と幸運に会う、では全く逆ですよね。

犬も歩けば棒に当たるとは

⚠ また、物事を積極的に行う者は、それだけに遭うことも多いというたとえ。 【語源・由来】 犬がウロウロ歩いていると、棒を持った人間に殴られるという事が由来になっています。

11
つまり「幸運に巡り合うためにも、行動を起こそう」というプラスの意味に転換しているのです。 犬も歩けば棒に当たるの意味 それでは早速、「犬も歩けば棒に当たる」の意味を見ていきましょう。

「犬も歩けば棒に当たる」の意味は2つある!ことわざの類義語や定義語をチェック|docdog(ドックドッグ)

👆 昇給のためにプロジェクトに立候補してみたら、メンバーが散々で続きの毎日だ。 積極的に行動していこう。

11
ここまでくれば、もう理性はギリギリです。 それでは2つの意味について詳しく見ていきましょう。

犬も歩けば棒に当たるとは

☝ 反対の二つの意味を持つ、非常に珍しいことわざということもあり、類義語や対義語は特に複雑な関係にあります。 何か行動を起こせば思いもよらない幸運に巡り合うこともある。 今日は会社が休みだったが、街に出歩いてみたら、ファンの歌手に会うことができた。

ということで、ここまでの内容を踏まえて最後に結論をまとめれば、「犬も歩けば棒に当たる」ということわざは、 どちら意味で使っても誤用ではないものの、基本的には 二つ目の前向きな意味で使った方が間違いないと言えそうです。 こんなイメージで「犬も歩けば棒に当たる」を「歩いたり走ったりが得意な犬ですら気を抜くと何かにぶつかることがある」という意味だと解釈している方も多いのではないでしょうか? ・・・実は違うんです。

犬も歩けば棒に当たるの意味・使い方|ことわざ|趣味時間

💙 「犬も歩けば棒に会う」とも。

13
積極的な意味で使用する場合は 「The dog that trots about finds a bone. 私も勘違いしていたうちの1人ですが、 「当たる」というのは、古くは「叩かれる」という意味がありました。