ヒロ オビ トンボ エダシャク。 ヒロオビトンボエダシャク1

ヒロオビトンボエダシャク

👍 ナス科の植物はこんなに ナス科の植物は熱帯から温帯にかけて生息するとても大きな. 毎年見るのに未だ不明。 【成虫写真2】は福岡県宗像市釣川河口。 ナシモンエダシャク Duliophyle 属 オオトビエダシャク ヒロオビエダシャク ヒロオビエダシャク Xerodes 属 モンシロツマキリ エダシャク モンシロツマキリ エダシャク ミスジツマキリ エダシャク Macaria 属 シャンハイオ エダシャク ギンネムエダシャク Krananda 属 スカシエダシャク ツマジロエダシャク Plesiomorpha 属 モンオビオエダシャク マエキオエダシャク Alcis 属 ナカウスエダシャク シロシタオビ エダシャク Endropiodes属 モミジツマキリ エダシャク ツツジツマキリ エダシャク ツマキリエダシャク 未同定 未同定 Selenia属 ムラサキエダシャク ムラサキエダシャク ハガタムラサキ エダシャク Peratostega属 ヤマトエダシャク ヤマトエダシャク ヤマトエダシャク Ascotis ヨモギエダシャク ヨモギエダシャク 未同定 未同定 Proteostrenia シロモンクロ エダシャク シロモンクロ エダシャク Nothomiza オオマエキ トビエダシャク マエキ トビエダシャク Xyloscia トガリエダシャク トガリエダシャク トガリエダシャク Cepphis アトボシエダシャク アトボシエダシャク Cusiala セブトエダシャク セブトエダシャク Protoboarmia ニセオレクギ エダシャク ニセオレクギ エダシャク フユエダシャクのなかま クロスジフユ エダシャク クロスジフユ エダシャク チャオビフユ エダシャク チャバネフユ エダシャク チャバネフユ エダシャク シロフフユ エダシャク シロフフユ エダシャク 未同定 チャバネフユ エダシャク ウスオビフユ エダシャク オオチャバネ フユエダシャク その他 マツオオ エダシャク ミスジシロ エダシャク キマダラツマキリ エダシャク オオシロエダシャク ゴマダラシロ エダシャク クロフオオシロ ヨツメエダシャク タイワンオオシロ エダシャク クロフシロ エダシャク オオゴマダラ エダシャク オオゴマダラ エダシャク ヒロオビオオ エダシャク トビカギバエダシャク キエダシャク ウスキオエダシャク チャエダシャク ハスオビエダシャク ヒロバトガリ エダシャク ゴマフキエダシャク ウスクモエダシャク ツマキエダシャク ツマキエダシャク カバエダシャク ツマトビシロ エダシャク キマダラツバメ エダシャク フタスジオ エダシャク ウスバシロ エダシャク ハラゲチビ エダシャク ウラキトガリ エダシャク フタマエホシ エダシャク クロフキエダシャク サザナミオビ エダシャク ホシスジシロ エダシャク ホシスジシロ エダシャク コナフキエダシャク ツマキリウスキ エダシャク チャノウンモン クロフヒメ エダシャク ナカキエダシャク リョクモン エダシャク アミメオオ エダシャク ウラベニエダシャク エグリヅマ エダシャク エグリヅマ エダシャク キリバエダシャク ギンスジエダシャク クロクモエダシャク ウスグロナミ エダシャク チャマダラ エダシャク シロズエダシャク オオノコメ エダシャク ヒロバウスアオ フタヤマエダシャク クロモンキリバ リンゴツノ エダシャク ニトベエダシャク ウスアオエダシャク シダエダシャク オカモトトゲエダシャク アトジロエダシャク ウスオビヒメ エダシャク キオビエダシャク ヒメウコンエダシャク スモモエダシャク 未同定 未同定 未同定. 土手に生えたゼンマイの葉の先が不自然に曲がっているのが気になった(写真1)。

19
糸を吐いて「巣」を作っているようだ。 いくつかの蛹を見ると、どれも同じだった。

ヒロオビトンボエダシャク

😔 北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処に. キクイモモドキ(ヘリオプシス)が沢山花を付けました。 【幼虫写真3】は2007年5月8日、埼玉県西部雑木林。

2
こちらはハンモックの中でモゾモゾしている蛹化中の個体。 果たして、この幼虫はどこの木の葉を食べていたのか。

シャクガ図鑑|エダシャク亜科

😋 【成虫写真1】は2002年6月28日、東京八王子にて撮影。 投稿ナビゲーション. 【成虫写真6】は2006年6月2日、長崎市。

頭部は蛹の姿になっているが、そこから下はまだ幼虫の姿で、少しずつ脱皮しているのだろう。 通勤中にふと見ると、柵の下でヒロオビトンボエダシャク 広帯蜻蛉枝尺蛾, Cystidia truncangulata が羽化して翅をふるわせていた。

ヒロオビトンボエダシャク

✇ このイモムシは、模様から判断して、ヒロオビトンボエダシャクというガの幼虫のようだ。 【蛹写真1】は成虫確認済み。

5
初夏の強い陽射しの中、蛾が羽化していたり交尾していたりで何かと忙しい今日この頃。

74.シャクガ科(Geometridae) エダシャク亜科(Ennominae) Cystidia 一覧

☏ キクイモモドキの特徴. 鳥たちとの闘. ここで沢山のヒロオビトンボエダシャクが交尾をしていました! 私の予想では、今年ヒロオビトンボエダシャクが大量発生する予感がします!! 【保存版】生き物図鑑 68. おそらく、尾が右で、背を下、脚を上にしている。 近寄って見ると、長さ4センチほどのイモムシが葉の下の空中に浮いている(写真2)。 日本全国に分布し、平地や山地の樹木でよく見られます。

6
黒地に赤線、おまけにトゲトゲで強烈な模様の終齢幼虫を見つけました。 触れるだけで真っ赤な果汁が. おそらくこの近くの食草からゼンマイの葉裏に移動して、ここで蛹(さなぎ)になろうとしているのだろう。

ヒロオビトンボエダシャク(広帯蜻蛉枝尺蛾)

🤣 【成虫写真10】は2007年5月31日、九州北部。 その成虫はヒョ. 生き物図鑑第68弾になります! 今回の生き物は、チョウに似ている生き物です! それは、ヒロオビトンボエダシャクです!! 関連記事です!よかったら読んで下さい!• こちらはハンモックのように編んだ糸の中に横たわる蛹の姿。

10
みなさんこんにちは! おやじ情報です。 ナスの花とよく似ていると思ったら、ナス科だけどとても厄介なワルナスビ 悪茄子)で. この後どうなるか、観察を続けてみたい。