ラグランジュ の 運動 方程式。 道具としてのラグランジュ方程式

台車型倒立振子の運動方程式をラグランジュ方程式で求める(その2)|Tajima Robotics

😝 まとめ 今回の記事では、台車型倒立振子の運動エネルギーと位置エネルギーをラグランジュ方程式に代入することで、運動方程式を求める方法を紹介しました。 と今回で求めた運動方程式を用いることで、台車型倒立振子を制御することが可能になります。

1
しかし通常どの慣性系での運動エネルギーを使うかは、最も式が簡単なものを採用するに決まっているので気にしなくて良い。

台車型倒立振子の運動方程式をラグランジュ方程式で求める(その2)|Tajima Robotics

🤪 よって内力は可能な変位に対して仕事をしない。

拘束条件がある場合は少しややこしい。 だから、ラグランジュ方程式では、2つの質点間の力は一般化力に入れなくてよい。

台車型倒立振子の運動方程式をラグランジュ方程式で求める(その2)|Tajima Robotics

🙂 拘束力というのは未定だから何をもって同値かというのが難しいのである。

6
そのため、運動方程式は非線形な関数になっています。

ラグランジュ方程式-解析力学

😛 まず、ラグラジアンを求める。 先と同様に各質点の運動エネルギー、ポテンシャルエネルギーを考えれば良い。

8
物理的に言えば、直交座標と時間を含まない変換で結ばれた座標系とは、直交座標に固定された座標系とい言うことである。 それを今から述べていく。

ラグランジュの運動方程式

🙂 基本的に求め方は台車の変位 xの場合と同じです。 その後、一般の座標でのラグランジュ方程式を紹介する。 次に、式 4 の両辺に代入する。

11
本文の説明だけで意味がよく分かるなら、例はどんどん飛ばせば良いと思う。 簡単のため1次元とする。

台車型倒立振子の運動方程式をラグランジュ方程式で求める(その2)|Tajima Robotics

☢ それで常識的に考えてみよう。 【例終】 力が、ポテンシャルからの力と仕事をしない力から構成されている場合 今、力が、ポテンシャルからの力と可能な変位に対して仕事をしない力の和で構成されている場合を考えよう。

19
だから剛体の内力は一般化力に入れなくてよい。 だからラグランジアンというものは、どの慣性系の運動エネルギーを採用しているかにも言及しなければならない。

ラグランジュの運動方程式

✌ 拘束力を求めてみよう。 【例終】 拘束力のある運動、半径一定 図2-1 糸の張力によって円上を運動する粒子。

20
例を多く入れたが、それは抽象的な式変形だけでは意味がどこまで伝わるか不安であるし、言葉だけで概念は説明できないという考えからである。 そういうわけで、ラグランジアンというのは慣性系ごとに異なる値を持つ。

極座標におけるニュートンの運動方程式とラグランジュ方程式

😗 だから 慣性系の直交座標では、運動エネルギーとしてどの慣性系での運動エネルギーを採用しようとも時間を含まない。

12
以上です。