メガリザードンy 育成論。 【ポケモン育成論まとめ】メガリザードンYの調整と対策と考察 USUM

【ポケモンUSUM】メガリザードンYの育成論【シングル】

😘 「きあいだま」「じしん」はバンギラスやヒードランへの牽制技です。 手厚い対応策もなく、メガシンカ先を読み間違えると負けが決定してしまうほどだ。 「カバリザッキュ」の場合は、ミミッキュの流し性能で積みアタッカーの動きを止めたり、メガリザードンYで削ってから控えのミミッキュのやカバルドンのでとどめを刺しつつそうしてできた1ターンの猶予を使って補助技を打ったりという、結構に器用なプレイングが可能である。

24さん 挑発レヒレと組ませたらステロ展開にも厚くなれそうですね。 育成例 ここからは、主な型についての育成例を紹介していきます。

めざ岩メガリザードンY育成論

😆 前回のと同じS値です。 Yは積み技無しでかなりの火力は出るものの、特殊受けに弱くメインウエポンの炎技のオーバーヒートは特攻ダウンが痛く、は命中不安、は火力不足でいずれも使いづらい。

9
「ソーラービーム」は通常1ターン溜めてから2ターン目に発射する技ですが、晴れ状態では溜めなしで毎ターン撃つことができます。

【ポケモン育成論まとめ】メガリザードンYの調整と対策と考察 USUM

👣 氷の場合、ガブリアスやボーマンダに対する読み合いで一気に負荷をかけることができます。 特攻種族値159からの晴れ状態タイプ一致の炎技• 当時はもも登場前でありと()だけでは攻撃技が不足したため、ラティオスへの打点となるも搭載した型が一般的であった。 【悪いところ】• 6対6戦で使用するなら特に「こうそくスピン」サポートのポケモンをパーティに入れましょう。

2
5% バンギドランピンポ。 激流みがわり水Zか岩技持ちで有利。

めざ岩メガリザードンY育成論

🔥 やのないこの世代におけるリザードンの火力アイテムとしては、もさることながらの人気も高い。 特化:55. コメント 27 みんなの評価 :• 投稿者:エルフィア• ダブルバトルではが解禁されると、ほのお最強の座を明け渡す形となった。

ご意見、ご感想はコメントもしくはTwitterにぜひお願いいたします。 本日はxyで全く違う進化をするリザードンの型を考察します。

身代わり封じメガリザードンy

☎ 特に、攻撃的なサイクル同士での対戦ではその崩し性能がより一層輝きます。 ソード・シールド対応版。 このは全抜きをメインにしたものでないため、全抜き性能を確保できるのは嬉しい。

5
リザで破壊してテテフでスイープ。 崩しきれない相手には手も足も出ない 技選択 攻撃技 ・かえんほうしゃ メインウエポン。

メガリザードンY育成論

👉 ランドロス こちらもガブリアスやカバルドンと同様に相性がよく、特に特性いかくでのサポートととんぼがえりによる繰り出し補助からリザードンを出しやすい状況を作ってあげやすいところが他の地面枠との差です。 一応60振ればゲッコウガ 122族 、108振ればメガゲンガー 130族 抜きです。

また、今回の記事に関してはあくまでシングルバトル向けのものとなります。

リザードン/対戦

♨ コメント 14 みんなの評価 :• 成立前はのも60程度で妥協する場合が多かったため、ドラゴンクローの方がめざめるパワー(こおり)よりもラティオスにダメージを入れやすいということは十分あった。 の強み• もちろん身代わりを張ってからが動きだしのため読みができなければ使えない。

3
ここまでご覧くださり、ありがとうございました。 ガブリアスと比べた際の性質上、スカーフよりもゴツメやチョッキでクッションにしながらリザードンをエースとして運用してあげるほうがうまくいくと思います。

めざ岩メガリザードンY育成論

⌛ タスキや水Z、スカーフなどで運用し、先発性能を存分に活かすべきでしょう。 ただし、キョダイマックスかつサンパワーの個体はの難しさに配慮してかレギュレーション外となっている。 よりは低いもののに優れ、も109と高水準のためであり、隠れとくせいのによりさらにとくこうを上げることが可能であるため、特殊型としての適正が強い。

13
を気にするなら汎用性はないが風船が最安定。 分岐 採用理由としては弱めだが、メザはXとYの2種類の先があり、双方への対策を用意する必要がある。

リザードン/対戦

🙄 ポケモンBW2までは天気が永続的に晴れになる効果の特性でしたが、XYで弱体化して晴れが5ターンで終了するようになりました。 はじめに 今回は、ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンにおける、メガリザードンYの育成論を紹介する記事となります。

3
自分より遅い相手に対してめっぽう強く、高火力で受けを許しにくいため負荷をかけていきやすい。 追記しておきます。