肺がん ステージ 4 ブログ。 肺がん(上)「人間ドック受けていたのに」「レントゲンに写らなかった」……いきなり「ステージ4」、検診の限界

【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

⚡ 「5年生存率75%」 あるタイプの肺がんでは、ステージ4の患者さんの5年生存率が75%というのだ。

16
転移がわかったら、まずは治療を行うことになるでしょう。

【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

😗 5年半を過ぎたくらいから少しずつがんが大きくなってきたので、6年目を前に効かなくなったと判断されました。 現在は、2016年に承認されたタグリッソ(オシメルチニブ)が主役だ。

しかし、最近は、そのようなことは、減りました。

肺がん(上)「人間ドック受けていたのに」「レントゲンに写らなかった」……いきなり「ステージ4」、検診の限界

🤞 初回投与時にまず驚いたのは投与時間の短さ、抗がん剤治療はまだ一度しか経験(シスプラチンとドセタキセル)はありませんがその時は朝10時から夜10時前までかかりましたがなんと30分、前回は投与後暫くする喉の奥から違和感が広がってきましたが今回はそういった自覚症状はまったくなし。

また、その 1年後の検査でも がんは縮小していおり、PET検査では リンパ節や副腎の集積も著明に低下しており、 全身性に癌が自然退縮したと考えられました(下図)。 オプジーボなど、いろいろな薬を試していますが、今年1月の検査でもあまり効いていないということで、また薬を変えることになりましたが、抗がん剤治療がつらいのと、体調がすごく良かったこともあり、今はちょっと休薬して今後の治療を考えているところです。

【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

🙄 EGFR遺伝子の変異あり 30ヶ月 そして、工夫をすることにより、さらに、生存期間を伸ばせることは、様々な医学データから判明しています。 Dr:この時期はちょうど遺伝子解析技術が進んでいたため、に続けと肺がんの遺伝子解析が一気に進みました。

17
腹部造影でしたが、肺も気になって撮ってもらい、肺がんが見つかりました。

肺がん 人気ブログランキングとブログ検索

🤝 私の場合、 キイトルーダどちらでも使用可能で投与の が前者が2週間ごと後者は3週間ごとなので長いサイクルのキイトルーダを選択、昨年6月から初回だけは入院して投与、その後は通院で2年間の投与を続けています。 もちろん従来のよりは効率も治療成績もよくなっています。

9
当然副作用もあり、毎回投与45日目には強い吐き気があり制吐薬を飲んでいましたが、自覚症状のある副作用は吐き気と脱毛だけでおさまりました。 幸いなことに、最近は副作用を、かなり取り除けるようになっていますよ。

肺がんステージ4の余命と生きるために必要な情報と治療は?

😘 そして、効き目が強い抗がん剤と、そうでない抗がん剤があります。 事実に反した情報を公開している場合• その10年ほど前に胃がんで胃を半分切っていますが、胆のうは残していたので「胆のう炎かな」と思い、胃がんの手術をした病院に問い合わせました。 それは、過剰な量の抗がん剤になり、強い副作用がでることになります。

19
重い副作用が出ることもあるが、概して、副作用の負担は抗がん剤より軽い。 また、効果のあるなしがはっきり出るようで投与4回目ごとに効果を確認するためCTの検査を受けていますが現在のところ腫瘍の縮小は明らかで効果ありの判定をいただいています。

【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

😭 PD-L1が50%以上あれば、キートルーダ(もしくはテセントリク)による効果を、かなり期待できます。 当然副作用もあり、毎回投与45日目には強い吐き気があり制吐薬を飲んでいましたが、自覚症状のある副作用は吐き気と脱毛だけでおさまりました。 C:すごいですね。

6
さらに、肺がんは 分子標的薬(一般的なこれまでの抗がん剤ではなく、がんの増殖を引き起こす特定の分子を標的とする薬)が相対的に発展しているがん種であり、分子標的薬はしばしば転移があっても大きな効果を示します。

肺がん(上)「人間ドック受けていたのに」「レントゲンに写らなかった」……いきなり「ステージ4」、検診の限界

🐾 病院から自宅までも車で20分ほどでしたので抗がん剤投与の2日後には外出または外泊、外泊した翌日からは副作用が始まるパターンを繰り返していました。

2
肺がん 早期はほとんど無症状で、進行すると、 咳 せき 、 痰 たん 、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの症状が出る。

【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

👇 それなので、希望を捨てないで大丈夫です。

16
その原因として、耐性ができた肺がんの半数以上にT790Mという遺伝子に新しく異常ができるということが分かりました。