大統領 選 予想。 米大統領選2020 世論調査を読む トランプかバイデンか:日本経済新聞

【特集】米大統領選の最新動向を総まとめ!日本の投資家はトランプ氏の勝利を予想!?|ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

😜 具体的には、今年の選挙の場合、ウィスコンシン(中西部)、ノースカロライナ(南東部)、フロリダ(南東部)、アリゾナ(南西部)、ペンシルベニア(東部)、ミシガン(中西部)あたりで、オハイオ(中西部)、テキサス(南部)、アイオワ(中西部)、ジョージア(南東部)、ネバダ(西部)などでも両者がしのぎを削っている。

2
本当に「バイデン大統領で決まり」なのか 実は、各種調査を総合した「大統領選挙の州別予想地図」(選定前日である10日付けに発表)では、していた。 コロナに対して慎重姿勢の有権者が多い民主党とは違う強みがある。

【米国:大統領選予測】予測を外さない教授はバイデン氏が11月の投票でトランプ氏に勝つと予想

♨ 4ポイントリード 市場関係者の多くが注目している政治ニュースサイトの「RealClearPolitics (リアルクリアポリティクス)」が、メディアや民間調査会社などが行う 各種世論調査の結果を集計した平均支持率では、選挙期間中は常に民主党のバイデン氏が共和党のトランプ氏をリードしてきた。 他の激戦州の世論調査は軒並みバイデン前副大統領がリードしている。 。

9
(出所:Iowa Electronic Markets) この金額を 倍率(オッズ)にすると、バイデン氏勝利が約1. 大恐慌の時、ルーズベルト大統領が行ったような行動を取るだろう。

9回連続予想を的中させた“大統領選のノストラダムス”が断言「トランプは…」

😉 2016年の選挙でトランプ氏は得票数で対立候補のヒラリー・クリントン()氏を300万票近く下回っており、バイデン氏に対しても得票率で敗北する可能性は高い。

4
だが、元判事が孫に残したとされる言葉を聞き入れることなく、9月26日には後任判事に保守派の女性、エイミー・バレット連邦高裁判事を指名した。

米大統領選の勝敗予測は? 米サイトの分析を見る:日本経済新聞

🤙 選挙人の数は6名であるが、「アイオワを制する者が大統領選挙を制する」と言われている。 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」によると、バイデン氏が優勢(10月12日時点、74ページ表)で推移している。 過去のパターンが繰り返されるとすれば、2020年はトランプ大統領が再選を果たすことになる。

今年、2020年の米大統領選は、新型コロナウイルスの影響から例外的なスケジュールで選挙戦が進んできたが、事実上の最終決戦となる 有権者による一般投票が、2020年11月3日(火)に実施される。

米大統領選2020 世論調査を読む トランプかバイデンか:日本経済新聞

😁 ビッグイベントの結果が自らの収益に直結するトレーダーは、そういった記憶が世間一般の人々よりも、より鮮明に残っているのかもしれない。 全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)にはそれぞれ、下院議員の数に上院議員2人を足した数の選挙人が割り当てられている。

3
よって答えはノー。 当たると1米ドルが収益となるこのマーケットでは、バイデン氏の勝利に掛けるために必要な金額の平均は81. (出所:RealClearPolitics) このように、米大統領選の結果を収益化できるマーケットでも、現状では参加者の多くがバイデン氏の勝利を見込んでいることがわかる。

【米国:大統領選予測】予測を外さない教授はバイデン氏が11月の投票でトランプ氏に勝つと予想

⚠ 前回2016年の大統領選では、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私用メールを使っていたことに絡み、連邦捜査局(FBI)が捜査を再開すると10月末に公表。

12
最高裁判事は任期や定年がない終身制で、人工妊娠中絶といった米国の世論を二分するような社会問題に判断を下す役割を担う。 それだけ、黒人の死亡事件後の同国社会での「言論抑制」は激しいということだ。

米大統領選後起こりうる驚愕の4つのシナリオ

💙 2016年の米大統領選のみならず、同年に行われたEU (欧州連合)からの独立の是非を問う英国の国民投票でも、事前の大方の予想に反して離脱支持が残留支持を上回ってブレグジット (英国のEU離脱)が決まったということがあった。

1
テキサスやフロリダなど大票田がどちらに傾くかで結果は大きく変わる。

【解説】米大統領選、トランプ氏に残された勝利への道 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

👊 激戦州でもバイデン氏 ただ、バイデン氏もまだ270人以上の選挙人を確実に獲得するほどの勢いはなく、両候補の支持が拮抗 きっこう する激戦州の動向が選挙戦の帰趨 きすう を決めそうだ。 米ドル全体の動きを表すドルインデックスの動きをここ30年ほど見てみると、民主党政権下では米ドル高、共和党政権下では米ドル安の傾向が確認できている。 本当に有権者は何を考え、何を選択しようとしているのか、十分に理解できない。

3
一方のバイデン氏。 どういうことか。

【図解・国際】米大統領選・州別勝敗地図:時事ドットコム

💖 前回、2016年の米大統領選では、有権者の得票数ではヒラリー・クリントン氏が上回ったものの、過半数の選挙人を獲得したトランプ氏が勝利したことは、冒頭でも紹介したとおり。 米大統領は538人いる「選挙人」の獲得数によって決まる仕組みとなっており、トランプ氏は勝利に必要な選挙人を集められる可能性がある。 共和党のブッシュ(息子)候補と、民主党のゴア候補が争い、大統領を選出する最終的な選挙人の数を左右したフロリダ州での開票を巡って、両陣営の法廷闘争となった。

3
We introduce foreign news and opinions that are relevant to Japan from various viewpoints to promote reading and thinking about world news. また、選挙戦を続けるにしても、人種差別への抗議行動という背景を踏まえ、民主党のように「黒人もしくは女性」の副大統領候補を立てることの方が有利、となればトランプ氏はあっさりとペンス氏を切り捨てるだろう、という予測もある。 Gallupが行った選挙に対する関心度合いを示すものである(U. (海外ニュース翻訳情報局 樺島万里子) 《引用記事 》 1984年以来、米国のすべての大統領選挙の結果を正しく予測してきた歴史学の教授が、民主党のジョー・バイデン氏が次期米国大統領になるだろうと述べている。