マーク ラインズ。 マークラインズ 自動車産業ポータル

マークラインズ

🤐 ベンチマーキング関連事業 EV、PHVなど電動車両の本格的普及、電子制御やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の採用拡大など技術変化とともに、分解調査への需要は益々高まっている。 会員制サービスを提供している企業は、基本的にそのサービスが廃れない限りは安定して収益を上げることができる。 乗用車販売予測• 日本がメインですが、日本だけでなく、海外にも 出典:同社資料より 業績は右肩上がり 出典:同社 2016年上半期決算説明資料より 当初は赤字だったようですが、そのあとは順調に売り上げ・利益ともに伸ばしてきている。

3
6月 - 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定• このほか、個別調査などに対応するコンサルティング事業、自動車業界に特化した人材紹介事業、英国の調査・コンサルティング会社LMCオートモーティブ社の市場予測情報販売事業、PRメールや製品情報掲載等で顧客の販促を支援するプロモーション広告事業、分解調査や車両・部品調達代行などのベンチマーキング関連事業も手がける。 マークラインズはSBIホールディングス(HD)のグループ会社と共同で、2021年に自動車産業に特化した50億円規模のファンドを立ち上げる。

マークラインズ 自動車産業ポータル

🌏 マークラインズグループは、買い手企業を惹きつける多彩なコンテンツ・サービス提供に向けた新たな提携先の開拓、利用者層拡大に向けた「情報プラットフォーム」利用料金の価格体系変更等の諸施策を実行していく。

コンサルティング事業 コンサルティング事業は、技術・市場の動向調査、サプライチェーンなどの調達状況調査、技術コンサルティング、専門性の高い提携先企業との共同プロジェクト等を、顧客の依頼に個別対応して行う事業だ。 完成車メーカーや一次部品メーカー等の買い手側企業とマークラインズグループのサービスの一翼を担う提携先等の売り手側企業が相互により発展し、相互にWIN-WINの関係が構築できるよう、自動車産業のプラットフォーマーを目指している。

マークラインズ。自動車産業のニッチな会社の強み。

😁 例えば、今回の決算でも好調であった「食べログ」というサービスを提供しているカカクコムや、レシピサイト最強のクックパッドなどが代表。

3
マークラインズはSBIホールディングス(HD)のグループ会社と共同で、2021年に自動車産業に特化した50億円規模のファンドを立ち上げる。

マークラインズ。自動車産業のニッチな会社の強み。

⚡ このような環境の下、マークラインズグループは新たにファイナンス領域に進出し、自動車産業に関わる成長企業に対し、資金面も含めたワンストップの支援体制構築を目指していく。 取締役 鵜池康代• マークラインズはSBIホールディングス(HD)のグループ会社と共同で、2021年に自動車産業に特化した50億円規模のファンドを立ち上げる。

1
PRメール• 加えて、商流オペレーションやワークフローのデジタル化を推進し、競争力向上のためITを駆使して業務のスピードアップを図り、成長力を加速させる取り組みを実行していく方針だ。

マークラインズ(株)【3901】:企業情報・会社概要・決算情報

🐝 ソフトウエア開発などのベンチャー企業や、新規分野の開拓で生き残りを図る既存の部品メーカーなどに出資する。 取締役 雪嶋薫• 4月 - コンサルティング事業を開始 IP契約社数 1,000社達成• 6月 - 人材紹介事業 開始• また出資者にはベンチャー企業の情報なども提供し、自動車産業の発展に貢献する。

16
部品調達 沿革 [ ]• 今まで全然知らない企業でしたが、今回の決算発表を日経記事で読んで(記事にはなっていなく、単に決算情報が載っていただけ)いて、この会社結構いいかもしれない。 また出資者にはベンチャー企業の情報なども提供し、自動車産業の発展に貢献する。

マークラインズ(株)【3901】:企業情報・会社概要・決算情報

🐝 との業務提携により開始した事業だ。

12
すでに、 2,000社を超える企業が同社のサービスを利用している。 特に、中国、インド、インドネシアなど人口ボーナスのある国は車の需要は高い。