勘案 する。 「思料」の意味とは?「思慮」との違いと使い方の例文も解説

「勘案」の意味と使い方、「考慮・斟酌・鑑みる」との違い

😁 今回の結論はたくさんの人の考えを勘案した結果となります。 勘案という言葉は、日常会話ではあまり使われず、ビジネスシーンや改まった場面で使われる表現です。

20
「承知」や「了承」などの引き受けることを意味する言葉はビジネスシーンでも良く使用します。

「勘案」の意味と使い方、「考慮・斟酌・鑑みる」との違い

🙃 振り合い• あることを注意深く考える過程 の意• (そのことをよく考えること)• メンバーそれぞれの意見を勘案し、チームとしての最終的な決定を下す。

19
解決できない事件の原因をひとつずつ考察してみる。

「勘案(かんあん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

👍 第三者の意見を参酌して、適切な対策を行う。 「思料」は弁護士や裁判官などの法曹関係者の間で使われる特別な表現で「あれこれと思いを巡らす」「深く考えを思い回す」という意味で使われます。 一見、どちらも同じような意味合いのような感じですが このように使い分けが必要なんですね。

「勘案」と「鑑みる」の違い 「鑑みる」は <かんがみる>と読みます。 「結果」はそもそも働きかける対象ではなく、事実として受け入れる対象です。

「勘案」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

🤩 使う機会が少ないので、いざ「勘案」を使おうというときに躊躇しないためにも、ここで意味をしっかり押さえておきましょう。 勘案の例文 10.日本では何かと外国の研究が引用されることが多いのだが、外国と日本との差異を考慮にいれないと本当に有用なものにはならないと思う。 「検討」は「勘案」と同じように使うこともできますが、より「一つのものをじっくり考える」というニュアンスが強い言葉です。

」というと、第三者の意見を聞いて良い部分を取り入れながら策を練るという意味になるのです。

【勘案】と【考慮】の意味の違いと使い方の例文

😅 読み方は「かんあん」。

7
よく調べてから考えること」 「斟酌」は「相手の事情や心情を十分に配慮して、程よく取り計らうこと」 「斟酌」には「相手の心情を推し量って. 勘案の使い方は、いろんな条件で判断しよく考えるという場合に使います。

「勘案」の意味とは?

😜 「勘案」には「さまざまな事情を考慮する」という意味があり、「総合的に」は、「偏りのないように、平等に」という意味があります。 」「検討させていただいてもよろしいでしょうか?」といえば丁寧に伝えることができます。

20
また、 「考慮に入れる」「考慮の余地がない」といった表現がありますが、「勘案」ではそのような言い方をしません。

「勘案」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

☏ シチュエーションに適している対策をとることで、トラブルに備えることが可能になります。 世界経済について考察する• 「勘案」については、前提としていくつかの事案について重ね合わせながら考えるニュアンスがありますので、当然「よく考える」というニュアンスが含まれていますが、「熟考」についてはまさにそのド真ん中の意味合いになります。 勘案した上で• ただし「配慮」という言葉自体にはあまり「物事に思案を巡らせる」という意味合いは含まれていないので注意が必要です。

7
参酌 他を参考にして、長所などをとり入れることです。

【勘案】と【考慮】の意味の違いと使い方の例文

🐾 「考慮」は「深く考えること」なので、「相手の都合を考慮して. ご勘案くださいますよう、宜しくお願い致します• (子供や無力な人々に対して)特に注意を払うこと の意• 「勘案」はもともとはお役所言葉でしたが、今では一般的に使われるようになりました。 そして、どちらかというと一つの物事をじっくり考えるというよりは、総合的に考えるという意味合いが含まれている言葉になります。 慎重に見る; 精神的に勉強する の意• [名] スル 物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること。

7
考慮 いろいろな要素を考え合わせ、思いめぐらすことです。 また、「考慮」や「鑑みる」などと似たような言葉がたくさんありますが、違いをきちんと区別できているでしょうか。

「勘案」の意味と使い方、「考慮・斟酌・鑑みる」との違い

🎇 使い方としては、たとえば 「総合的に勘案すると〜」など、複数のことをよく考える状況があり、その後に考えた結論や判断が続きます。 複数の事柄を踏まえたうえでよく考え、判断したり結論を導く時に用いられています。

4
日常会話で使うことはめったにないです。