艦 これ ss。 艦 これ ss エレファント

そうりゅう型潜水艦

💖 彼女自身から申し出てくれます。 」 提督「いやぁ〜それにしてもあの大井が俺のことをこんなに想ってくれてたなんてな。 戦後から一年。

20
戦艦といえど、たまにはのんびりつかりたいだろ?」 「あ、ありがとうございます提督! それではお言葉に甘えて、失礼します」 そう言って、長門たちは執務室を後にしていった。

【響SS】提督「駆逐艦は可愛いなぁ・・・」【艦これ】

📲 前年度計画の本型10番艦「しょうりゅう」の建造費は約517億円だったのに対し、同艦の建造費は約643億円と、100億円以上の価格上昇となっているが、その大部分がリチウムイオン蓄電池の費用とみられている。

14
同艦はそうりゅう型に属するとはいえ、単に鉛蓄電池をリチウムイオン蓄電池に変更するだけでなく、同型の目玉装備だったはずのスターリングAIPシステムも廃止して、その分の容積・重量もリチウムイオン蓄電池の搭載に振り向けており、機関部の設計は大きく変化した。

艦 これ Ss 戦後

🍀 またフィレットの設置も、水中抵抗の低減とともに、乱流による雑音発生の低減による水中放射雑音削減に益しているとされている。

」 大井「ふふ、ありがとうございます。

提督「ドッキリ…ですか?」

🐲 ではよく姉たちの事を気にしているほか、輸送任務で縁があるからか食べ物に関する話題が多い。 IIIはで化されている。 海上自衛隊の潜水艦では、より(05SSでは潜水艦情報処理装置)を導入したものの、これは基本的におよび魚雷発射指揮システムであり、情報処理は各センサーが独自に保有するデータベースによって個々に行われていた。

5
退役をし、故郷へと帰り、実家の農場を継ぐという未来だ。

[B!] 【艦これ安価】大淀「提督、艦娘たちがグレました」 : あやめ速報

👏 当初はナトリウムアマルガム燃料電池が検討されていたが、の質量が過大であったため、度より酸素-水素型に転換した。 」 提督「そして、後ろを見てみてくれ。

19
62 ID:tduglJJ10 戦闘機妖精L「イワン共め!また新型を作りおったか!!」ウウーン 大和「きゃあ!?急降下してきて・・・直撃!?」チュドーン 戦闘機妖精A「ただ感じるままに・・・俺は、飛ぶ!!」バババババッ 金剛「シット!?テートクに貰った大切な装備が!?」チュドーン 戦闘機妖精K「終わりだ。

そうりゅう型潜水艦

😒 そんな中、かつて重雷装艦として活躍した大井は悩んでいた。 その深海棲艦に唯一対抗できたのが艦娘。

D20 ちとせ /• 魚雷発射指揮装置としては潜水艦発射管制装置ZYQ-51が搭載されているが、これはSLIに連接されてサブシステムとなっている。 提督「叢雲! 結婚してくれ!」 叢雲「もっと他にいうことあるんじゃないの?」 提督「昨日卯月のプリン食べたの俺!」 叢雲「泣きながら探してたから後で謝っておきなさい。

そうりゅう型潜水艦

🤗 42 提督「普段からコミュニケーションは十分取ってるけれど」 提督「きっと、相談したいことの一つや二つ、あるはずだ! 2ちゃんねる等のSS(ショートストーリー:サイドストーリー)を紹介するまとめブログです。

」 元帥「艦娘達からどう思われてるか知りたくない?」 提督「…気にならないと言えば嘘になりますね。 音響魚雷による攻撃を受け、一時的にが機能しなくなるも、の剣埼で包囲に成功する。

長編まとめ

🖖 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,. たいげい型潜水艦 それ以降遊撃隊の春雨がボクカワウソを目の敵にしてるかのような行動が見られるようになった。 これはおやしお型後期型から装備化されたものであるが、同型はネットワーク化されていないために、C2Tで得た情報はその端末上でしか表示できなかったのに対し、本型ではC2TとTDSが連接されたことから、TDSの画面にその情報を重畳表示できるほか、SLIを介して各コンソールでも見られるようになった。

『中国完全包囲作戦』(文庫名:『中国軍壊滅大作戦』) 「かいりゅう」がの潜水艦「」に対してを発射する。

[B!] 【艦これ安価】大淀「提督、艦娘たちがグレました」 : あやめ速報

🤞 ただしスターリングAIPシステムは出力が低い低速機(4~5ノット程度)であるため、高速力を発揮する際には、従来通りのもしくは浮上してが用いられる。 [ ]• これらの経緯も踏まえて、技術研究本部は、燃料電池よりものほうが潜水艦用AIPシステムとしては実現性が高いと判断し、度より基礎研究を開始した。 艦娘達も人間へと戻り、それぞれ平和に暮らしていた。

最低限鎮守府として機能しているか確かめるためだ。