åĨĨæ­¯ į—›ã„。 åĨĨ歯がį—›ã„ときãĢč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹åŽŸå› ã¯?č‡Ē厅でできる寞å‡Ļæŗ•ã‚‚į´šäģ‹

åĨĨ歯がį—›ã„īŧã¤ã‚‰ã„į—›ãŋぎ原因とæ˛ģį™‚æŗ•

😇 受č¨ēぎį›ŽåŽ‰ã¨ãƒã‚¤ãƒŗト åĨĨæ­¯ãĢæŋ€ã—いį—›ãŋがある場合やį—›ãŋぎį¨‹åēĻがåŧąããĻã‚‚é•ˇãįļšã„ãĻã„ã‚‹å ´åˆã€æ­¯č‚‰ãŽč…Ģれやå‡ēčĄ€ãŒã‚ã‚‹å ´åˆã€ã‚„į™ēį†ąã¨ã„ãŖたäŊ“ぎį—‡įŠļがäŧ´ã†å ´åˆãĢは旊めãĢæ­¯į§‘åŒģé™ĸを受č¨ēしたãģうがよいでしょう。 それくらいぎį—›ã•ã§į—‡įŠļがでるぎが怖いですね。

19
銀歯ぎ下ぎč™Ģæ­¯ 銀歯を取り外し、į™ēį”Ÿã—ãĻいるč™Ģ歯ぎæ˛ģį™‚をおこãĒいぞす。 ã˛ã¨ã¤į›Žã¯ã€ŒįŸĨčĻšéŽæ•ã€ã§ã™ã€‚

åĨĨ歯がį—›ã„īŧč™Ģ歯じゃãĒい気がするīŧŸåŽŸå› ã¯äŊ•ã ã‚ã†īŧŸ

⚒ īŧˆįŦ‘īŧ‰ ãĒぎで、あくぞでもこれはį§ãŽã‚¯ã‚ģということでčĒ­ãŋé€˛ã‚“ã§ãã ã•ã„ã€‚

1
そぎため、 į—›ãŋãĢ気äģ˜ãé ƒãĢは、かãĒりč†ŋぎčĸ‹ãŒå¤§ãããĒãŖãĻいる恐れがありぞす。 ややį—›ãŋを感じる。

歯がグナつく,噛むとį—›ã„,īŧ—つぎ原因とæ˛ģį™‚æŗ•

✔ さすがãĢæ—ĨæœŦはここぞでãĢはãĒãŖãĻいぞせんが、そんãĒæœĒæĨがくるかもです。

15
į‰šåž´ã¨ã—ãĻは、 åŖč‡­ã‚’äŧ´ã†ã“とが多いそうです。

åĨĨ歯がį—›ã„â€Ļ歯がį—›ã‚€åŽŸå› ã¯æ­¯äģĨ外ãĢã‚‚å•éĄŒãŒã‚ã‚‹ã‚ąãƒŧã‚šã‚‚

🖕 äēē間ぎäŊ“はとãĻもデãƒĒã‚ąãƒŧトãĢできãĻいぞす。

13
マã‚Ļ゚ピãƒŧã‚šã¯å¸‚č˛ŠãŽã‚‚ãŽã‚‚č˛ŠåŖ˛ã•ã‚ŒãĻいぞすが、歯ä¸Ļãŗはそぎäēēå›ē有ぎもぎãĒぎで、į´°ã‹ãčĒŋ整されãĻおらず劚果を感じられãĒい可čƒŊ性がありぞす。

噛むとåĨĨ歯がį—›ã„場合はおうしたらいいぎīŧŸīŧŸ 噛合į—›ãŽåŽŸå› ã¨č§Ŗæąēį­–

💅 もしかしたら、こぎせいかもしれぞせん。 そんãĒį—›ãŋです。 回į­” īŧ‘īŧŽãžãšã€ã—ãŋるぎはおぎようãĒときでしょうかīŧŸ īŧ‘īŧ‰å†ˇãŸã„もぎをéŖ˛ã‚“だりéŖŸãšãŸã¨ãã ã‘しãŋる。

2-3. そぎぞぞãĢしãĻãŠãã¨ã€æ­¯čŒŽãŽå†…å´ãĢæ­¯įŸŗがæēœãžãŖãĻしぞい、歯周į—…ãŒé€˛čĄŒã—ãŸįĩæžœã€æœ€įĩ‚įš„ãĢは歯を支えるéĒ¨ã‚’æēļかしãĻしぞいぞす。

歯ぎしりが原因ぎåĨĨ歯ぎįĨžįĩŒãŽį—›ãŋīŧįĄįœ æ™‚ãŽæ”šå–„ã¨čž›ã„ãŽã‚’įˇŠå’Œã™ã‚‹æ–šæŗ•

👋 īŧ’īŧ‰ã€īŧ“īŧ‰ã€īŧ”īŧ‰ã¯ãœã˛ã¯ã‚„く歯į§‘でč¨ē察をお受けください。

3
æ­¯åŒģč€…ã•ã‚“ã‚’å—č¨ēし、遊切ãĒæ˛ģį™‚を受けãĻください。 ここでは、噛むとį—›ã„時ぎ原因やそぎåŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽã€æŽ§ãˆãŸãģうがいいことãĒおをごį´šäģ‹ã—ぞす īŧ‘īŧŽæ­¯ãŽæ šãŖこが原因 歯ぎįĨžįĩŒãŒį‚Žį—‡ã‚’čĩˇã“しãĻいる時īŧˆæ­¯éĢ„į‚Žīŧ‰ã‚„いつぎ間ãĢか歯ぎįĨžįĩŒãŒæ­ģã‚“ã§č…ãŖãĻしぞãŖた場合、過åŽģãĢįĨžįĩŒãŽæ˛ģį™‚をした歯ぎ栚ãŖこぎ先ãĢį‚Žį—‡ãŒčĩˇã“ãŖãĻいる場合。