散布 図 色分け。 グラフ内の同じ系列のデータマーカーの色を変更する

層別散布図の作成 with Excel

🔥 グラフの座標軸の値を決める グラフのそれぞれの座標軸を決めていきます。 要素の間隔を0にします。

17
マーカーサイズの調整 まずは、各データの位置を示す「マーカー」のサイズを調整する方法を紹介する。

グループ別の散布図

🤫 散布図パターン1:正の相関 正の相関とは、一方の要因の数値が大きくなると、他方の要因の数値も大きくなる相関関係のことです。

20
今回の例題の場合は、従業員の作業時間(原因)で製品の生産量(結果)が変化していますので、作業時間を横軸に生産量を縦軸に入力しています。 それぞれの型によって、相関関係があるのかどうかを判断することが可能ですので、以下の例から解説していきます。

散布図とは?作る目的や書き方を紹介!パターンや層別についても解説します

😄 「データラベルの書式設定」の表示 以下の図のような設定画面が表示されるので、「セルの値」にチェックを入れる。

16
相関関係が見出せない場合はデータ数量を再検討してみるのも良いでしょう。 また、上記の例題では、作業時間が9時間45分ごろから10時間に近づくにつれて、製品の生産量が横ばいになっていることもわかります。

エクセル散布図を作るときの基本と応用-マル秘テクで見やすいグラフを作成してみよう

😎 とはいえ、バブルが重なって配置されているなど、まだまだ改善の余地は残されている。 このように、相関関係は万能ではありません。 具体例としては、残業時間が増えれば生産性は落ちてしまうといった場合に見られます。

データに影響を与えている要因を特定する材料にする• 散布図においては、上記の表のように層別した要素で色分けする方法を使います。 塗りつぶしをなしにします。

エクセル 散布図グラフの作り方

👏 例えば、気温が低くなると暖かい飲み物を飲む人が増えるというような場合に見られます。

12
これで完成です。 経営者にとってはありがたい話であるが、その反面、店舗で働くスタッフは忙しすぎて疲れ切っている可能性もある。

エクセル散布図を作るときの基本と応用-マル秘テクで見やすいグラフを作成してみよう

⚠ たとえば、以下のようにセル範囲を選択した状態で「バブルチャートの作成コマンド」をクリックすると、意図していた通りにバブルチャートを作成することができる。 とはいえ、散布図を作成すると色々な角度からデータを再検証できる、というのは事実である。 重要: これらの手順を正常に完了するには、既存のグラフが必要です。

4
[ 書式] タブで、[ 図形の塗りつぶし] をクリックします。

散布図とは?見方やExcelを使用した作成方法をわかりやすく解説

⚐ セル範囲の選択• 気になる方は試してみるとよいだろう。 残りの図形に関して,これを残りの群の数だけ ここでは2つ 繰り返して完了です。

同じようにして,旧第2変数の中から3グループ目にあたる要素を選び出し,ドラッグ&ドロップでデータを2列右の同行へ移します。

【Excelグラフ】プロットエリア(背景)の一部分だけ色をつける方法

👏 それ以外は積み上げ縦棒グラフです。 要素の間隔を0にします。

相関関係が明確な散布図も層別してみよう 散布図を層別することでメリットがあるのは、相関関係が曖昧な散布図だけではありません。