シュメール 人。 江戸川乱歩も驚いた!? シュメール語訳『古事記』の謎

シュメール人の目が大きい理由!古代シュメール文明の謎/日本との共通点

⚐ 一方、宗教は「信じる」で始まり、「信じる」で終わる。 もしかしたら、宇宙人が、文明形成に深く関わっていたかもしれませんよね。 台車は、一つの織られた籠と頑丈な三片設計の車輪から構成されていた。

12
人を殺して回って、祈っている間に、不具合は確実に拡大する。

シュメールとは?シュメール人の歴史の謎をまとめてみた!

✔ ヨーロッパのイルミナティー であれば、同じく偽ユダヤ人の「ロスチャイルド」が有名ですね。

9
古代シュメール文明において、医療は呪術、宗教と共存しており、医者だけでなく悪魔祓いを専門とした神官も治療を行っていました。 さらに遡ると「李」という姓は、明代に 皇帝がユダヤ人のレビ族に授けたものだったのです。

シュメール人|メソポタミア文明を築いた古代人

😄 との国境争いがよく知られている。 * 現代文明はシュメール文明で成り立っている? * シュメール人とはいかなる民族なのか、それも謎に包まれている。 ここに描かれているように、シュメール人は、目が大きく鼻も大きい。

14
軍事力でエジプトを征服した。 なお、著者はここで「『シュメル』の方がアッカド語の原音に近い表記」であると言っている。

シュメール・ユダヤ・日本を結ぶ、驚きの繋がりとは?【古代シュメール国家の行方①】

🤗 戦車は、二人の搭乗員が乗り込んだ四の装置で、4頭のオナガーを牽引に利用していた。 楔形文字は、尖らせた葦や金属を使用して粘土板に文字を刻むことで書かれました。

8
まずは、異常な自然環境。 地上の崑崙族としては、その史蹟は十分ではないがムンダ族がある。

旅行記 ・押戸石の丘 - 熊本県阿蘇郡南小国町

🙂 それは、美術、建築、宗教は言うに及ばず、社会機構、日常の細かな慣習から楔形文字の発明に至るまで、それらは、すべて、彼らシュメール人の成せる画期的偉業であった。

1
それでも科学者かと、知性を疑いたくなりますね。

江戸川乱歩も驚いた!? シュメール語訳『古事記』の謎

😈 このエッセイで紹介しているギルガメシュは、ウルクに立派な城壁を作ったことで有名な王様です。 それを示す面白いデータがある。

シュメール人と日本や日本人の先祖との謎の神話に衝撃 日本と深く関係があると言われているシュメール人をご存知ですか?シュメール人は、メソポタミア文明と言うとても高度な文明を築いた人たちです。

シュメール

🙄 でも、今回は本物かもしれない。

2
大洪水が地を洗い流したのち、王権が天から降り、それはまずキシュにあった。