吉岡 里帆 グラビア 写真。 「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年……吉岡里帆が“水着再解禁”した理由

「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年……吉岡里帆が“水着再解禁”した理由

⚠ アートチックな女性向けを意識した作品かと思われたが、解禁された表紙や先行カットは完全に「男性ファン大歓喜」といえるようなセクシー度だった。

15
吉岡里帆、渡邊渚アナ、あの100センチグラドルも復活!2020年を彩ったバスト美女は? 2020年12月5日 👆 表紙には吉岡の素肌まぶしいセクシーなカットが起用されており、さらに表紙の文言が「吉岡里帆の新境地」のみというシンプルなデザインなのも印象的。 相変わらずの豊満ぶりで、ボディの完成度に関しては『過去最高』との見方も出ています」 こうしてたちまち、猛反発に転じた吉岡株。

「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年……吉岡里帆が“水着再解禁”した理由

⚒ とりわけ浜辺は『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)のヒロインなど『以前なら吉岡が起用されていたであろう役柄』をことごとくモノにしている印象がある。

14
1%と、3作連続で主演・準主演作品が一桁という汚点を記録してしまった。

吉岡里帆「グラビア封印」から一転して水着写真集の裏事情

🤛 「ナゼ、恵まれたエロボディーを生かさず軽蔑したのか不思議です。 こうした状況に吉岡が焦らないわけがありません」(前出・ドラマ関係者) セクシー水着露出という英断がかつての顧客を呼び戻すだろう。

6
「現在も日清『どん兵衛』などCMでは存在感を維持していますが、本業の女優業では昨年9月公開の映画『見えない目撃者』(東映)以降、主役クラスのオファーが途絶えている。

吉岡里帆「グラビア封印」から一転して水着写真集の裏事情 (2020年11月3日)

🤞 結果的に大きな誤解を生んでしまったわけですが、本人はグラビアの仕事を前向きにとらえているようで、最新写真集ではかつてないほど攻めた内容になっているそうです」(グラビア誌編集者) 11月2日発売の「週刊プレイボーイ」で表紙と巻頭グラビアを飾ったのは女優の吉岡里帆(27)。 気になる写真集の売れ行きもAmazonのタレント写真集部門で2位につけるなど、かなり好調のようです」(芸能関係者) どうやらグラビアへの苦手意識は完全に克服したようだ。

4
今作は、女性を動植物に見立ててアート作品にした「美女採集」シリーズなどで知られる美術家の清川あさみ氏がプロデュースを担当。 「貫さんと撮影していたときに、昔、たぶん沖縄だったと思うんですけど、黄色のワンピースを着て撮影したんですよ。

吉岡里帆“丸出し写真集”がHすぎて炎上。女子総スカンでも男ウケ回帰の理由

😊 どんな風に感じて頂けるか緊張と楽しみでいっぱいです」とファンに告知している。 吉岡里帆もこのあざとかわいいを持ち合わせた女性と言えるだろう。 清川さんとタッグを組んで、今までに見たことのないような写真が撮れているはず。

15
あの時、すごく大自然の中で撮影して、ポージングもどういう風に取ればいいかよくわからないみたいな時期で。 何年もの想いが色々な方に伝わったように感じて心から嬉しかったです」と大きな喜びをつづっており、「本当にありがとうございました」とファンに感謝も伝えています。

吉岡里帆、大胆写真集で原点回帰?“バスト見せ”覚悟の「心境変化」

🙃 一転して水着での撮影に臨んだんです。 グラビアでしかできないことが、今は明確にあるので、そこを今回の写真集で、すごく出せたんじゃないかなと思っています」と出来栄えに自信をのぞかせた。

12
吉岡里帆がグラビアで見せる新境地 「週プレ」表紙で美ボディも披露 クランクイン! あわせて読みたい• エロに徹してくれるのは大歓迎の声しきりだ。

吉岡里帆“丸出し写真集”がHすぎて炎上。女子総スカンでも男ウケ回帰の理由

🖖 当時の記事を読む• 【写真】、グラビアに本気で向き合った「週プレ」表紙! 11月2日、女優の吉岡里帆が自身のインスタグラムを更新した。 そんななか、本人はもう一度原点に帰る方向で意欲満々だといいます。 女性たちから激しいバッシングを受けそうなものだが、むしろ憧れの眼差しで見られている。

5
吉岡は発売中の「週刊プレイボーイ」46号(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。 吉岡里帆にはセカンド写真集のバカ売れで巻き返しに期待したい。

「水着姿なんて絶対出したくなかった」発言から3年……吉岡里帆が“水着再解禁”した理由

😂 2017年から出演している日清食品『どん兵衛』のCMは、かなり好感度が高い人気シリーズ。 アンダーウェア風の衣装で胸元を締め付けているせいか、こんもりと盛り上がった胸の肉がFカップ級の深い渓谷を形成しています」(アイドル誌ライター) 16ページにおよぶグラビアで、特に圧巻だったのは仮装パーティのようなマスクをつけて腰をくねらせているカット。

4
出版関係者が語る。

吉岡 里帆 グラビア 写真

😆 心変わりの背景について「仕事面の焦りが大きいのでは」とドラマ関係者は見ている。

まさに彼女の変わり身でしょう」 グラビア雑誌編集者 吉岡はもともとグラビア出身。 だが、吉岡にとっては本意でない部分もあったようで、2017年にネットメディアの対談記事で「私は水着姿なんて絶対出したくなかった」「両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたから」などと発言。