フランツ ボアズ。 フランツ・ボアズ『プリミティヴアート』

はじめて学ぶ文化人類学(4)ーフランツ・ボアズ

😝 タイラーは、「人間の歴史は自然の歴史の一部であって、われわれの思考や意志や行動が一致する法則は、波動や酸と塩基の結合や植物と動物の成長を支配する法則と同じくらい決定的だ」と断言する。 アメリカ先住民は、逆に、文化は普遍的なものであり、 自然が多様なかたちで現われるという(「 多自然主義 」)。

Historians and social theorists in the 18th and 19th centuries had speculated as to the causes of this differentiation, but Boas dismissed these theories, especially the dominant theories of and as speculative. ・同化主義——ボアズとハースコヴィッツ ボアズの同化主義への容認の立場と、ハースコヴィッツによる「黒人文化の残存」の探究のための調査 ・積極的関与の両価性 ボアズの同化主義やアメリカにおける黒人文化に独自性を認めない立場は、文化相対主義の立場と矛盾するように今の我々には見える。

フランツ・ボアズ『プリミティヴアート』

😚 All cultural forms rather appear in a constant state of flux. He became the editor of the Journal of American Folklore in 1908, regularly wrote and published articles on folklore often in the Journal of American Folklore. Boas was also critical of one nation imposing its power over others. 敬虔な家庭で育ち、しかも一神父として護教的義務感も強かったシュミットがこの説を学問的に実証しようとしたのは、ある意味自然な成り行きであった。 Boas found that average measures of the cranial size of immigrants were significantly different from members of these groups who were born in the United States. i Not that definitions are lacking which include more than ideas Thus in one of the ablest and most interesting of modern iinguistic studies, that of E Sapir, Chief of the Anthropological Section, Geological Survey of Canada, an ethnologist closely connected with the American school, language is defined as "a purely human and non-instincti',e method of communicating ideas, emotions and desires by means of a system of voluntarily produced symbols" Language, 1922, p 7 " from Ogden and Richards, The Meaning of meaning, 1923. ポトラッチ(potlatch) カナダ北西海岸地域の先住民による。

5
そのころ学界では文化の差異は何に由来するかという問題で風土、環境が主因であるとする立場と移住による概念の伝播が重要であるとする立場とに分かれて論争が行われていた。 除此以外的施密特的学识都来自自学。

文化相対主義とは

🚒 蔬菜做的面而不是普通的意面• 1865年に『人類の初期の歴史と文明発展に関する研究』を出版した彼は、1871年に全2巻、計1000ページに達する主著『原始文化』を出版した。

1
中にも、もっとも有名な人物はジョージ・ハントである。

文化相対主義とは

✌ フランツ・ボアズ 19世紀の進化主義の隆盛に対して、文化相対主義を提唱したのは、フランツ・ボアズ(1858-1942)である。

17
近郊のフロワドヴィルで研究を再開し、大学正教授としてを講じた。 迁徙中的动物偏爱那些可以一路走一路吃的热量较低的食物,比如水果和蔬菜。

はじめて学ぶ文化人類学(4)ーフランツ・ボアズ

☮ Now, however, he argued against translating the Kwakiutl principle of kin groups into an English word. -- Instituttet for sammenlignende kulturforskning ; Ser. 施密特所构想的文化圈理论,包含经济形态、社会组织和语族这三项主要组成部分。 Fischer, 1932• The very essence of his life is the service of truth. また、1906年 W. 受冈正雄的推荐,于 1937 ~ 39 年留学维也纳。 彼によれば文化とは、生成・発展・変容・衰退といったプロセスを的に経ながら形態を転々としてゆくような実体であり、個々の人間はそうした文化の遂げる運命の中で生きる存在に過ぎない。

泰勒活跃于 19 世纪后半,这么算来,文化人类学已经有将近 150 年的历史。 For some, this distinction between two different kinds of societies explained the difference between history, sociology, economics and other disciplines that focus on people with writing, and anthropology, which was supposed to focus on people without writing. タイラーはこれを宗教のもっとも原初な形態と考えた。

【社会学】文化相対主義とは?具体例や反対意見と共にわかりやすく簡単に解説

✆ This view resonated with Boas's experiences on Baffin Island and drew him towards anthropology. /ここで、すべての美的な評価の究極の根源について議論をはじめるつもりはない。

14
Boas n. Stocking singles out the early 1889 paper "On. ドイツ語圏ではこれらの他、ヘルマン・バウマンらの「世俗的」な文化史研究、リヒャルト・トゥルンヴァルトらの機能主義といった別個の潮流も存在したが、シュミットらの文化圏説とフロべニウスらの文化形態学とが、第二次大戦前における二大学派をなしていた。 Andamanese,1875 ブロニスワフ・マリノフスキ(1884-1942)は、ポーランド生まれで、父は貴族でスラブ語の教授であった(幼いうちに死んでいる)。

【社会学】文化相対主義とは?具体例や反対意見と共にわかりやすく簡単に解説

🙃 厌食症觉得吃能一边走一边吃的东西才能救你的小命。 その媒介という考え方 が、文化を研究対象にするアメリカ人類学の特徴なのである、と。 タイラーのメキシコ旅行からは、最初の著作である『アナワクーー古代と現代のメキシコとメキシコ人』(1861)が生まれている。

3
このため世界各地に似たような文化圏を見いだすことができるとされ、この文化圏を時間軸で把握したものが文化層と呼ばれる。 1924 年,施密特受聘于维也纳大学的员外教授。